大好評すぎてまたまた追加上映決定!トニー賞最多5部門受賞『リーマン・トリロジー』巨匠サム・メンデスが演出

シネ・リーブル池袋/渋谷Bunkamuraル・シネマにて 緊急追加上映

配給会社カルチャヴィルは、現在シネ・リーブル池袋で絶賛上映中のナショナル・シアター・ライブ『リーマン・トリロジー』が大盛況すぎるためご要望の声にお応えして急遽追加の上映がシネ・リーブル池袋/渋谷Bunkamuraル・シネマの2館にて決定されたことをお知らせします。
 

NTLive「リーマン・トリロジー」©️Stephanie BergerNTLive「リーマン・トリロジー」©️Stephanie Berger


第75回トニー賞で最多5部門の演劇作品賞、演劇演出賞(サム・メンデス)、演劇主演男優賞(サイモン・ラッセル・ビール)、演劇照明デザイン賞(ジョン・クラーク)、演劇装置デザイン賞(エス・デヴリン)を賞した『リーマン・トリロジー』のシネ・リーブル池袋での上映が大盛況で、土日は連日満席となりました。当初2週間の上映で7/7終了を予定しておりましたが、急遽延長が決まりました。また、この大好評の状況を受けて渋谷の映画館Bunkamura ル・シネマでの上映も決定しました。現在、許諾されている上映権利が7/27(水)までなので、もう東京での上映は無理かと思っていましたが、嬉しいサプライズとなりました。今度こそ、これが日本最終上映と思って、観たかったけれど諦めていた方々、もう一度観たくなっていた方々、ぜひ渋谷・池袋での上映にお越しください。
なお、関西ではアップリンク京都で7/22(金)〜7/27(水)に上映します。
 

NTLive「リーマン・トリロジー」©️Mark DouetNTLive「リーマン・トリロジー」©️Mark Douet


今回上映するナショナル・シアター・ライブ版はロンドンで上演されたオリジナル版で、NYの舞台に出演しているエイドリアン・レスターの役はベン・マイルズが演じています。本作でトニー賞を受賞した巨匠サム・メンデスによる巧みな演出、NYの変わりゆく姿を透明な箱のセットで表現して同じくトニー賞を受賞したエス・デブリンによるデザイン、トニー賞受賞のジョン・クラークによる照明、そして主演3人の演技と一台のピアノによる舞台進行は、全てが完璧なケミストリーを生み出し、必見としか言いようがない傑作です。ぜひこの貴重な機会に、お見逃しなく。 
 

NTLive「リーマン・トリロジー」©️Mark DouetNTLive「リーマン・トリロジー」©️Mark Douet


<東京・上映情報>
シネ・リーブル池袋
現在上映中〜7/14(木)まで続映決定
●7/4(月)~7/7(木) 18:20~22:10
7/8(金)からの上映時間は劇場HPにて後日発表 
https://ttcg.jp/cinelibre_ikebukuro/

Bunkamura ル・シネマ
7/8(金)~7/14(木) ★トニー賞受賞記念特別上映として緊急上映決定
●連日18:05~21:50
https://www.bunkamura.co.jp/cinema/

<京都・上映情報>
アップリンク京都
7/22(金)〜7/27(水) 
https://kyoto.uplink.co.jp
※上映時間は後日、劇場HPにて発表

作品情報
『リーマン・トリロジー』(原題:THE LEHMAN TRILOGY)
演出:サム・メンデス /作:ステファノ・マッシーニ/翻案:ベン・パワー
主演:アダム・ゴドリー、サイモン・ラッセル・ビール、ベン・マイルズ
上映時間:221分(休憩2回あり)
世界的な投資家リーマン一家が米国に移住した1844 年から2008年のリーマン・ショックが起こるまでの3世代にわたる栄光と衰退を描く舞台で、ナショナル・シアター上演時にはチケット完売を記録した注目作。主演の3人が約3時間にわたり、150 年以上にわたるリーマン家の歴史を演じ切る。
 


NTLive『リーマン・トリロジー』日本劇場予告編


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. カルチャヴィル合同会社 >
  3. 大好評すぎてまたまた追加上映決定!トニー賞最多5部門受賞『リーマン・トリロジー』巨匠サム・メンデスが演出