「ユネスコ無形文化遺産 本場結城紬の魅力体験モニターツアー」を実施

地域資源「本場結城紬」を活用した観光誘客調査業務の一環として

栃木県小山市「ユネスコ無形文化遺産 本場結城紬の魅力体験モニターツアー」を実施

 

 

栃木県小山市では、地域資源「本場結城紬(ほんばゆうきつむぎ)」を活用した観光誘客調査業務の一環として、「ユネスコ無形文化遺産 本場結城紬の魅力体験モニターツアー」を、平成29年3月24日(金)に市外から6名の参加者(東京都3名、神奈川県3名)を集めて実施しました。

結城紬とは、小山市の東部、鬼怒川に面した地域などで生産されている高級絹織物です。真綿から指先で糸をつむぎ出し織り上げるまで、すべて手作業によって完成される結城紬は、独特のぬくもりと上品な風合いを漂わせています。平成22年にはユネスコ無形文化遺産に登録されています。

今回の観光誘客調査業務は、小山駅西口のおやま本場結城紬クラフト館を起点に、人の流れを産地に呼び込み、本場結城紬の需要拡大と、地域資源を活用した持続可能な体験型の観光メニューづくりを目的として行われ、モニターツアーは、この体験型メニューのひとつとして企画されたものです。参加者は、おやま本場結城紬クラフト館で結城紬の魅力に関するレクチャーを受け、糸つむぎ、地機織りの実演を見学した後、さっそく結城紬を着付けてもらい、市内散策に出かけました。ランチをとり、印象的な灯篭が並ぶ参道を抜けて須賀神社に行ってお参りし、“開運のまち小山”を象徴する小山評定跡※を訪問してクラフト館に戻るというコースを楽しんでいただきました。
※小山評定:会津征伐に向かうため小山に来た徳川家康が石田三成挙兵の報を受け、諸武将を招集して急遽開いた軍議。武将たちが家康に従うのを確認し関ヶ原の合戦に臨むことを決めた。

来年(平成30年)4月1日~6月30日には、デスティネーションキャンペーン(DC)「本物の出会い 栃木」の開催も予定されており、今年4月からはプレDC期間と位置付けられています。また、4月16日(日)まで「2017年 第53回おやま千本桜まつり」も小山市をあげて大々的に行われており、4月9日には「おやま思川桜グルメまつり」も開催するなど、観光客の集客には特に力を入れています。本場結城紬を始めとした豊富な地域資源は、特に、観光の目玉としての期待が高まっています。

 

 

結城紬をまとったモニターツアーの参加者結城紬をまとったモニターツアーの参加者

 

 

 

地機織りの実演を見学する参加者地機織りの実演を見学する参加者

結城紬を着て市内を散策結城紬を着て市内を散策

須賀神社で宮司さんの話を聞く参加者須賀神社で宮司さんの話を聞く参加者

小山評定跡では甲冑姿の市の職員がお出迎え小山評定跡では甲冑姿の市の職員がお出迎え

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ブランド総合研究所 >
  3. 「ユネスコ無形文化遺産 本場結城紬の魅力体験モニターツアー」を実施