「学校を差別が生まれない社会にしよう!」自由学園の「コロナ禍の私たちの社会を考える会」の生徒が、全校生徒に呼びかけ、意見を集めて活動中。

学校法人自由学園(東京都東久留米市)の男子部・女子部(中等科・高等科)の生徒7名にょる活動です。

自由学園男子部・女子部(中等科・高等科)では、新型コロナウィルスの影響で2020年2月末から今年度1学期の間休校が続き、すべての授業は時間割通りにオンラインで行っていました。このたび8月24日(月)に2学期が始まり、いよいよ生徒がそろって学校や寮での生活が始まったところです。
登校が始まって間もない8月26日(水)に、「コロナ禍の私たちの社会を考える会」のメンバー生徒が、自分たちの学校を差別が生まれない社会にしたいと、在校生全員に向かってZOOMを用いてプレゼンテーションを行いました。
最後にメンバーの提案により全校生徒が数人ずつでこのことについて話し合いをして、生徒一人ひとりの意見や感想が、ネットを通じて集まってきています。今後それらの意見を会の生徒がまとめて次の働きかけを考えていきます。
生徒のプレゼンテーションの動画をどうぞご覧ください。

■「学校を差別の生まれない社会にしよう!」

生徒によるプレゼンテーションの内容 (ZOOMを利用した発表の動画 約10分)

https://youtu.be/X3GtMU92Z8Q

 


■「コロナ禍の私たちの社会を考える会」発足のきっかけと活動について

現状では感染予防に力を入れていたとしても、いつ誰がどのようなきっかけで感染するかわからない状況です。そのような中、学内で感染が確認された人に対して、偏見や差別が生まれるようなことは絶対にあってはならないと自由学園では考えてきました。

 

教師たちは登校が始まる機会にぜひ生徒たちに改めてこのことを考えてほしいと願って提案し、生徒有志による「コロナ禍の私たちの社会を考える会」が発足しました。

現在メンバーは男子部女子部合同の7名(高等科3年生5名、高等科2年生2名)の生徒で構成されています。

教師はオブザーバーとして関わり、校医やスクールソーシャルワーカー、スクールカウンセラーから話を聞く機会を設けました。
その上で、同会の生徒たちはプレゼンテーションの内容を自分たちで考えて全校生徒に呼びかけ、下記のような質問を設定して、生徒からの意見や感想を集めました。

(質問)
・差別と聞いてどう感じますか?
・自分が差別をしてしまったと思う場面を書いてください。(どんなに小さい事でも)
・もし、体温を測って37.3度以上あった時、みんなに伝えられますか?
・自分が感染してしまったら、何をしてもらいたいですか?
・友達が感染してしまったら、自分に何が出来ますか?
・コロナ禍で、生活する上で大切にしたい事

(回答例)
・私は差別が始まると、そこからいじめになったりすると思うし、自分がされたら嫌です。
・全世界の人の意識が共通じゃない限り差別は絶対に無くならないと私は考えます。
・なぜ差別なんかするのか分からない。でも、自分も意識していないところで誰かを差別しているかもしれないと思うと他人事ではない。
・コロナは今では、誰もがかかる病気なので差別する必要はない。
・私も家族に、「コロナじゃない?笑」と言ってしまった。
・クラスのみんななどに伝えるとみんなを不安にさせてしまいそう。
・伝えたいと思う。差別になるかもしれないけど、クラスターになるよりいいじゃないか。
・特に何もしてもらわなくても良いから変に心配されずに、いつも通り接して欲しい。
・隔離して近づかないで欲しい。体もだけど精神の安定を保つのを助けて欲しい。
・治って戻ってきた時にいつも通りに接してもらいたいなと思う。
・正直自分も濃厚接触者だとか不安も感じると思うが、それは出さずに笑顔で笑い飛ばして欲しい。「頑張れよ!」って言って欲しい。
・噂にしないでほしい

 上記は一例で、現在、中等科1年生から高等科3年生までの男女生徒から、各自の考えた意見や感想が沢山集まってきています。
「コロナ禍の私たちの社会を考える会」のメンバー生徒は、それらの意見等をまとめて、次の働きかけを考えていくところです。

■学校法人自由学園 https://www.jiyu.ac.jp

1921年に創立され、来年2021年に創立100周年を迎える。
設置校:幼児生活団幼稚園 初等部(小学校) 男子部・女子部(中等科・高等科)最高学部(大学部)
中等科以上は寮があり、国内各地、また海外から入学している。

8月24日。初めて揃って登校した男子部新入生が歓迎セレモニー会場に向かう。先導は高等科3年生8月24日。初めて揃って登校した男子部新入生が歓迎セレモニー会場に向かう。先導は高等科3年生

8月24日に行われた生徒主催の新入生歓迎セレモニー。新入生はこの日初めて揃って登校し、いよいよ学校と寮での生活が始まった。8月24日に行われた生徒主催の新入生歓迎セレモニー。新入生はこの日初めて揃って登校し、いよいよ学校と寮での生活が始まった。

感染予防のため、食堂の席の配置も工夫して。(女子部中等科・高等科)感染予防のため、食堂の席の配置も工夫して。(女子部中等科・高等科)

 

感染予防のためのアクリルのパーテーションを学内木工所で作成する男子部の生徒感染予防のためのアクリルのパーテーションを学内木工所で作成する男子部の生徒

男子部の生徒が木工をして制作した面談用のパーテーション男子部の生徒が木工をして制作した面談用のパーテーション

1学期は休校し、すべての授業は時間割通りにオンラインで行った。男子部(中等科・高等科)の教室にて。1学期は休校し、すべての授業は時間割通りにオンラインで行った。男子部(中等科・高等科)の教室にて。

■本プレスリリースの問い合わせ先
203-8521 東京都東久留米市学園町1-8-15
自由学園広報本部 
メール kh@jiyu.ac.jp

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 学校法人 自由学園 >
  3. 「学校を差別が生まれない社会にしよう!」自由学園の「コロナ禍の私たちの社会を考える会」の生徒が、全校生徒に呼びかけ、意見を集めて活動中。