TYFFON Inc.が100万ドルの資金調達を実施

〜最新テクノロジーとエンターテイメントを融合させたコンテンツ創出に加速〜

米ウォルト・ディズニーの出資先でもあるTyffon Inc. (本社:カルフォルニア州ロセンゼルス、CEO:深澤研、以下Tyffon)は、Akatsuki Entertainment Technology Fund (略称:AET Fund ・運用会社:株式会社アカツキ、代表取締役CEO 塩田元規)と、インキュベイトファンド(東京都港区、代表パートナー:赤浦徹、本間真彦、和田圭祐、村田祐介)より、総額100万ドルの資金調達をしたことを、お知らせいたします。

Tyffonは2012年にシリーズ合計3500万DL以上のスマートフォン向けセルフィーアプリ「ゾンビブース2」をリリースしたのち、2014年に米ウォルト・ディズニーのインキュベーションプログラムである「ディズニーアクセレーター」の第1回プログラムに選出され、シード投資を受けている、最新テクノロジーを活用した、新しい形のエンターテイメントを創出する企業です。

本年は赤坂サカスにて毎年夏に開催されているTBS主催の参加型イベント「デリシャカス」において、通常のVRを超えた今までにない”新しい感覚”と”圧倒的没入感”が特徴の複合現実お化け屋敷「Magic-Reality: Corridor(マジックリアリティ・コリドール)」のテスト展開を行い、多くの反響を得ました。

今後は本出資を受け、AR技術とVR技術を融合させたMR(Mixed Reality)技術を使用し、独自の世界観を元にした、次世代テーマパークとしてのMRシアター「TYFFONIUM(ティフォニウム)」を、国内の商業施設などを中心に展開していくほか、海外展開を視野に入れ、世界中の人々に記憶に残る魔法のような体験を提供してまいります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ティフォン株式会社 >
  3. TYFFON Inc.が100万ドルの資金調達を実施