アダストリアで販売スタッフの声から「LOWRYS FARM」ワンピースカテゴリーNO.1ヒット商品が誕生「STAFF START バイヤーシステム」で販売スタッフとMDを繋ぐ

実店舗の販売スタッフのオムニチャネル化を推進するアプリケーションサービス「STAFF START(スタッフスタート)」を提供する株式会社バニッシュ・スタンダード(本社:東京都港区、代表取締役:小野里 寧晃、以下バニッシュ・スタンダード)が、2019年3月にリリースした「バイヤー機能」。サンプル商品についての店舗の販売スタッフの「売れそう」「売れなさそう」のフィードバックを得る本機能は、株式会社アダストリア(本部:東京都渋谷区、代表取締役会長兼社長:福田 三千男、以下アダストリア)に先行導入され、販売スタッフの声から「LOWRYS FARM」のワンピースカテゴリーにおいて売れ筋No.1商品の誕生にも貢献しました。


※画像はイメージです。

■利益圧迫に環境問題…多くのアパレルメーカーが抱える生産適正化の課題
あらゆるメーカーにとって大きな課題となっている販売計画、生産管理。特にアパレル業界はトレンド(流行)や季節性、さらに昨今は商品サイクルの短縮により需要予測が非常に難しく、適正な生産計画が困難な産業のひとつです。生産量抑制による売り切れに起因する機会損失はもちろん、売れ残り商品の値引き販売(セール)は原価率を引き上げ、利益を圧迫する要因となっています。加えて、2018年英国高級ブランドが売れ残った在庫を焼却しているという事実が明るみなり大きな話題となるなど、資源・環境問題の観点からも過剰在庫抑制の要請が強くなっています。
近年はブランドタグを付け替えるなどでブランド価値を棄損しない形でのリユースなど過剰在庫の二次流通により廃棄をなくす努力や、AIを活用した需要予測でより正確な生産計画作成の取り組みが行われています。

■”顧客の声を一番よく知る”店舗の販売スタッフの声を生産にフィードバック。「STAFF START」のバイヤー機能
「STAFF START」(http://www.staff-start.com/)は販売スタッフが自社ECやSNS上でのデジタル接客を可能とし、投稿したコンテンツを経由する個人売上を算出して販売スタッフや店舗の新たな評価を可能にする次世代オムニチャネルツールです。店舗の販売スタッフがコーディネート投稿などを通じオンライン上で接客できるようにすることでスタッフの活躍の場をオンラインにも拡げてきました。
2019年3月、「STAFF START」の機能に「バイヤー機能」を追加しました。「バイヤー機能」は、バイヤーやMD(マーチャンダイザー)がサンプル商品の情報を「STAFF START」の販売スタッフ向けアプリの上に投稿し共有、その投稿を見て販売スタッフは普段接客しているなかで会得した知識や経験から「売れる」「売れない」の評価をすることができます。そのデータは本社にフィードバックされ、商品の生産数やサイズ、カラーバリエーションの決定に活用されます。「バイヤー機能」を利用することで、顧客の声を一番近くで聞いている店舗に立つスタッフからの顧客の本当に欲しい商品を見つけ出すことができます。


(バイヤー機能イメージ)

「STAFF START」ではこのように、販売スタッフが接客・販売にとどまらず、知識や経験、センスを強みに生産の領域でも活躍できる仕組みを作りました。販売スタッフの協力のもと、売り切れや過剰在庫を回避し、利益を確保することで、ひいては店舗で働く販売スタッフに還元されるような流れを志向しています。

■アダストリアで効果実証。販売スタッフの声から売れ筋No.1商品が生まれる


(販売スタッフの声からカテゴリー売れ筋No.1になった商品と販売スタッフから寄せられたコメント※イメージ)

「LOWRYS FARM」や「GLOBAL WORK」など人気アパレルブランドを展開するアダストリアに、2019年3月バイヤー機能を先行導入いたしました。
アダストリアでは、これまで年に数回販売スタッフにサンプル商品のヒアリングを行っていましたが、「バイヤー機能」を導入することで「STAFF START」アプリ上でリアルタイムに商品へのフィードバックができるようになりました。これにより、実際に顧客と向き合うスタッフの声を効率的に吸い上げることができ、MD計画に活用することが可能になります。実際、人気ブランド「LOWRYS FARM」の主力ワンピースは、9種展開するカラーバリエーションの中から販売スタッフが一番「売れそう」と予想した柄を、当初の計画数より多く生産したところ、一度も値下げすることなくブランドのカテゴリー売上No.1商品になるなど、売上貢献に対する成果も確認されています。「売れそう」な商品はもちろん、「売れなさそう」と予想された商品もMD計画を見直し、より需要にあった企画が行えると期待されます。
このように、実際に店舗に立つスタッフが持つ知見を企画の面でも活用していくことで、メーカーの抱える課題解決に近づけます。
「STAFF START」はスタッフが得意や強みを活かし、いきいきと働く環境づくりに向け今後も改良を続けてまいります。

「STAFF START(スタッフスタート)」とは( http://www.staff-start.com/
2016年リリース、ファッション業界を中心とした店舗のコーディネート投稿を簡易化する業務用アプリケーションサービスからスタート。現状では店舗販売スタッフのオンライン評価やバイヤー機能、商品レビュー投稿、まとめ投稿、店舗取寄(客注)サービスなど続々と店舗とECサイトのオムニチャネル化を推進するサービス提供をしています。最も人気のコーディネート投稿は、販売スタッフが撮影したコーディネート画像に商品情報を紐づけ、ブランドの自社ECサイトやスタッフ自身のSNSに投稿することのできる機能で、販売スタッフは自身の勤務する店舗に関係なく、全国の顧客に対しコーディネート投稿を通じてオンライン上で接客を行うことができます。
「STAFF START」経由の年間流通総額は300億円近くにのぼり、700以上のブランドへの導入実績を達成しています。

株式会社バニッシュ・スタンダード
本社所在地: 東京都港区西麻布3-1-16
代表取締役: 小野里 寧晃
事業内容:「STAFF START」の開発、運用
URL   : http://www.v-standard.com/

株式会社アダストリア
東京本部所在地:東京都渋谷区渋谷2丁目21番1号 渋谷ヒカリエ 27F
代表取締役会長兼社長:福田 三千男
事業内容:衣料品・雑貨等の企画・製造・販売
URL   :https://www.adastria.co.jp/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社バニッシュ・スタンダード >
  3. アダストリアで販売スタッフの声から「LOWRYS FARM」ワンピースカテゴリーNO.1ヒット商品が誕生「STAFF START バイヤーシステム」で販売スタッフとMDを繋ぐ