ベントレーベンテイガ(Bentayga):日本初公開

ベントレー モーターズ ジャパン(東京都品川区:代表ティム マッキンレイ)は本日、べントレーで初となる新型SUVモデル、ベンテイガを日本で初めて報道関係者へ公開いたしました。
-    ラグジュアリー性とスポーツ性能、オフロード性能、使いやすさが融合した真のベントレー
-    フライングスパー、コンチネンタルに次ぐベントレーの主力モデル
-    新たな顧客層を獲得することを期待。
-    初年度の販売は約80台を予定
-    2016年第4四半期より順次デリバリー開始
-    メーカー希望小売価格は26,950,000円(税込)

 

ベントレー ベンテイガは、比類なきラグジュアリー性にエフォートレスなパフォーマンスと日々の使いやすさを融合した車です。

新設計のW12パワートレインを搭載したベンテイガは、スピード、パワー、ラグジュアリーで他を凌駕する世界トップクラスのSUVです。ベントレーならではのドライビングエクスペリエンスを実現するとともに、革新的な技術を採用した各種装備を投入しました。

設計、エンジニアリング、手作業による製作をCrewe(クルー)本社で行うベンテイガのスタイリングは、まさに真のベントレーです。彫刻を思わせる、時代を超越した優美な仕上がり、躍動感と風格とが絶妙に調和しています。丸型のLEDヘッドライト4個と大型のマトリックスグリルから特徴的なパワーラインを通って逞しいリアハンチまで、ベントレーのDNAを余すところなく表現しています。

ベントレー ベンテイガは世界屈指の豪華なキャビンを誇り、その精巧さは他の追随を許しません。金属、ウッドパネル、レザーといった素材に施された装飾は、英国モダンラグジュアリーそのもの。ひとつひとつの模様の精巧さにまできめ細かな配慮がなされています。これほどまで完璧に仕上げることができるのは、クルーで働くベントレー従業員の卓越した技があるからこそです。

新型車ベンテイガの心臓部となるのは、新設計の6.0リッターツインターボW12エンジンです。強力な12気筒ユニットは、圧倒的な出力とトルクに効率性と燃費性能も兼ね備えています。最高出力608 PS(447 kW)、最大トルク900 Nmを発生し、0‑100 km/h加速は4.1秒、最高速度は301 km/h。ベンテイガは世界最強・最速レベルのSUVです。
 

ベントレーモーターズ代表のティム マッキンレイは次のように語っています。

「ベントレー初のSUVモデルであるベンテイガを日本の皆様方にもお届けできることを嬉しく思います。ベントレーらしいエレガントなデザイン、徹底したインテリアへのこだわりと高い走破性、そして最先端技術が融合したこの車は、お客様のどのようなライフスタイルをも彩り、どのような使用場面においてもご満足いただけるものと思います。


 

また、ベントレーにとってこのモデルはコンチネンタル、フライングスパーに次ぐ主力モデルになると信じております。初年度のお客様へのデリバリーは約80台となりますが、来年以降、さらに多くのお客様にお届けしたいと思います。」

ベントレーベンテイガのデリバリーは2016年第4四半期以降を予定。

メーカー希望小売価格は26,950,000円となります。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ベントレーモーターズジャパン >
  3. ベントレーベンテイガ(Bentayga):日本初公開