“今、もっとも熱いお城は?!” 「ニッポン城めぐり」が、『お城ファンが実際に訪れた日本のお城ランキングTOP300(2019年版)』を発表!!

日本のお城をテーマとしたGPSスタンプラリーアプリ「ニッポン城めぐり」は、約5億件のアプリ利用者のGPS(位置情報)データを独自に解析した『お城ファンが実際に訪れた日本のお城ランキングTOP300(2019年版)』を発表しました。
“今、もっとも熱いお城は?!” 「ニッポン城めぐり」が、『お城ファンが実際に訪れた日本のお城ランキングTOP3002019年版)』を発表!
 


日本のお城をテーマとしたGPSスタンプラリーアプリ「ニッポン城めぐり」は、アプリ利用者のGPS(位置情報)データを独自に解析した『お城ファンが実際に訪れた日本のお城ランキングTOP300(2019年版)』を発表しました(ランキングは後述)。

このランキングは、年間5億件以上の位置情報ビッグデータを独自に解析したもので、従来の人気投票や、管理事務所などがあるお城の入場者数ランキングとは異なり、これまで計測することができなかった無人の城跡などを含めたランキングとなっていることが大きな特徴です。

■ランキングについて
対象となるお城:
ランキングは日本100名城・続日本100名城などの一般的に良く知られるお城はもちろん、北は北海道・南は沖縄まで全国に実在したお城3,000城が対象となります。この中には天守等の建物が存在するお城だけでなく、遺構が残っていない城跡も含まれています。

ランキングの元データ:
「ニッポン城めぐり」ではGPS(位置情報)のデータが年間5億件以上蓄積されています。今回のランキングでは、2019年1月1日~2019年11月30日の期間中、同アプリの利用者であるお城ファン20万人超を対象として、実際にお城のエリア内で計測された位置情報データを独自の基準に基づいて解析し訪問者数を集計しています。

■「ニッポン城めぐり」について
スマートフォン向けコンテンツの企画、制作などを行うユーエム・サクシード株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:坂本 昇治)が運営する、全国3,000城の城郭を収録した無料GPSスタンプラリーアプリ(https://cmeg.jp/)です。

サービス開始は2010年4月6日(城の日)。スマートフォンのGPS機能を利用して3,000のお城をめぐるスタンプラリーを軸に、城郭事典やライフログ機能、全国のお城・歴史好きの利用者とのコミュニケーション機能などを用意しています。

また、アプリの特性を活かし、自治体等との連携による地域振興への協力(2019年は高知県・福島県などと連携したキャンペーンを実施)、歴史関連イベント・商品のプロモーションなどお城・歴史をテーマとした様々な活動を行なっています。

■お城ファンが実際に訪れた日本全国のお城ランキングTOP3002019年版)
順位城郭名(*は日本100名城、#は続日本100名城)
1位(↑)松本城(長野県松本市)*
2位(↓)姫路城(兵庫県姫路市)*
3位(↑)松江城(島根県松江市)*
4位(↑)彦根城(滋賀県彦根市)*
5位(―)犬山城(愛知県犬山市)*
6位(↓)高知城(高知県高知市)*
7位(↑)会津若松城(福島県会津若松市)*
8位(↑)小田原城(神奈川県小田原市)*
9位(↓)松山城(愛媛県松山市)*
10位(↑)上田城(長野県上田市)*
11位(↑)躑躅ヶ崎館[武田氏館](山梨県甲府市)*
12位(↓)竹田城(兵庫県朝来市)*
13位(↓)備中松山城(岡山県高梁市)*
14位(―)丸岡城(福井県坂井市)*
15位(↑)甲府城(山梨県甲府市)*
16位(↓)名古屋城(愛知県名古屋市)*
17位(↓)丸亀城(香川県丸亀市)*
18位(↑)大坂城(大阪府大阪市)*
19位(↑)二条城(京都府京都市)*
20位(―)岐阜城(岐阜県岐阜市)*
21位(↑)高取城(奈良県高取町)*
22位(↑)熊本城(熊本県熊本市)*
23位(↑)岩村城(岐阜県恵那市)*
24位(↓)岡山城(岡山県岡山市)*
25位(↓)苗木城(岐阜県中津川市)#
26位(↓)高松城(香川県高松市)*
27位(↑)江戸城(東京都千代田区)*
28位(↓)岡崎城(愛知県岡崎市)*
29位(↑)和歌山城(和歌山県和歌山市)*
30位(↓)浜松城(静岡県浜松市)#
31位(↑)金沢城(石川県金沢市)*
32位(↑)白河小峰城(福島県白河市)*
33位(↓)仙台城(宮城県仙台市)*
34位(↓)大垣城(岐阜県大垣市)#
35位(↑)弘前城(青森県弘前市)*
36位(↑)宇和島城(愛媛県宇和島市)*
37位(↑)広島城(広島県広島市)*
38位(―)今治城(愛媛県今治市)*
39位(↓)駿府城(静岡県静岡市)*
40位(↑)安土城(滋賀県近江八幡市)*
41位(↑)美濃金山城(岐阜県可児市)#
42位(↑)長篠城(愛知県新城市)*
43位(↓)米沢城(山形県米沢市)#
44位(↑)掛川城(静岡県掛川市)*
45位(↓)福知山城(京都府福知山市)#
46位(↑)大洲城(愛媛県大洲市)*
47位(↑)松坂城(三重県松阪市)*
48位(↓)沼田城(群馬県沼田市)#
49位(↑)小牧山城(愛知県小牧市)#
50位(↑)伊賀上野城(三重県伊賀市)*
51位(↓)土浦城(茨城県土浦市)#
52位(↓)福井城(福井県福井市)#
53位(↑)小倉城(福岡県北九州市)#
54位(↓)興国寺城(静岡県沼津市)#
55位(↓)府内城(大分県大分市)*
56位(↓)高島城(長野県諏訪市)#
57位(↑)郡上八幡城(岐阜県郡上市)#
58位(↑)岡豊城(高知県南国市)#
59位(↓)川越城(埼玉県川越市)*
60位(↑)吉田城(愛知県豊橋市)#
61位(↓)名胡桃城(群馬県みなかみ町)#
62位(↑)二本松城(福島県二本松市)*
63位(↓)忍城(埼玉県行田市)#
64位(↑)越前大野城(福井県大野市)#
65位(↑)津山城(岡山県津山市)*
66位(↑)高遠城(長野県伊那市)*
67位(↓)津城(三重県津市)#
68位(↓)大和郡山城(奈良県大和郡山市)#
69位(↑)五稜郭(北海道函館市)*
70位(↓)岸和田城(大阪府岸和田市)#
71位(↑)島原城(長崎県島原市)*
72位(↓)白石城(宮城県白石市)#
73位(↑)高天神城(静岡県掛川市)#
74位(↑)小諸城(長野県小諸市)*
75位(↑)松代城(長野県長野市)*
76位(↑)七尾城(石川県七尾市)*
77位(↓)唐津城(佐賀県唐津市)#
78位(↑)盛岡城(岩手県盛岡市)*
79位(↑)浦戸城(高知県高知市)
80位(↑)月山富田城(島根県安来市)*
81位(↓)佐賀城(佐賀県佐賀市)*
82位(↓)出石城(兵庫県豊岡市)#
83位(↓)延岡城(宮崎県延岡市)#
84位(↓)富山城(富山県富山市)#
85位(↓)鹿児島城(鹿児島県鹿児島市)*
86位(↑)山中城(静岡県三島市)*
87位(↓)篠山城(兵庫県丹波篠山市)*
88位(↓)新発田城(新潟県新発田市)*
89位(初)久々利城(岐阜県可児市)
90位(↑)明石城(兵庫県明石市)*
91位(↓)一乗谷城(福井県福井市)*
92位(↑)箕輪城(群馬県高崎市)*
93位(―)新田金山城(群馬県太田市)*
94位(↑)八王子城(東京都八王子市)*
95位(初)中村城(高知県四万十市)
96位(↑)鳥取城(鳥取県鳥取市)*
97位(↓)福岡城(福岡県福岡市)*
98位(初)安芸城(高知県安芸市)
99位(↑)米子城(鳥取県米子市)#
100位(↑)近江八幡城[八幡山城](滋賀県近江八幡市)#

順位横の()内は昨年のランキングからの変動を表します。 
(―)変動なし、(↑)上昇、(↓)下降、(初)初登場

※ 101位以降のランキングは「ニッポン城めぐり」webサイト(https://cmeg.jp/)に掲載しています。

昨年スタートした、公益財団法人日本城郭協会による「続日本100名城」スタンプラリーの効果が一息ついたこともあり、今年のランキングでは、従来から訪問者数の多い城郭の順位が相対的に上がっている傾向にあります。

一方、「ニッポン城めぐり」内で実施された「国宝五城キャンペーン」の影響により、上位5位までをそれら城郭が占め、統計開始以降初めて松本城が1位となりました。同様に高知県や福島県、岐阜県などで行なわれた地域イベントによって、当該地域に所在する城郭(岡豊城、白河小峰城、美濃金山城など)の多くが、大きくランクアップする結果となっています。

また、2019年は、お城版の御朱印ともいえる「御城印」を販売・配布する城郭が全国的に一気に増加しました。今年のランキングにはまだ顕著な影響は見られないものの、来年以降の訪問者数の増減に少なからず影響を与えるものと推測されます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ユーエム・サクシード株式会社 >
  3. “今、もっとも熱いお城は?!” 「ニッポン城めぐり」が、『お城ファンが実際に訪れた日本のお城ランキングTOP300(2019年版)』を発表!!