Spectee、AIアナウンサー関連技術の特許申請完了のお知らせ

株式会社Spectee(本社:東京都新宿区、代表取締役 村上建治郎 以下、当社)は、音声合成の技術について、ディープラーニング(人工知能技術)を活用して、より人に近い音声で滑らかに発声させる技術を開発し、関連する技術の特許申請を完了したことを報告します。(2018年1月25日に出願完了)

本技術は、文章などを音声で読み上げる「Text to Speech」と呼ばれる技術において、ディープラーニングを取り入れることで、より人間に近い発声をさせることを実現したものです。

当社はこの技術を報道機関等へ提供しているSNSリアルタイム速報サービス「Spectee」に実装し報道各社へ速報ニュースを配信している他、AIアナウンサー「荒木ゆい」として既に多くの場面で活用されています。

人工知能(AI)による音声技術は、AIスピーカーなどの普及により音声コンテンツが増えている他、テレビ局やラジオ局などで働き方改革の一環として需要が増えつつあります。

当社では今後も音声AI技術の開発を進めてき、様々な場面で音声を使って情報を伝えていく世界を創っていきます。
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Spectee >
  3. Spectee、AIアナウンサー関連技術の特許申請完了のお知らせ