プログラミング言語「Ruby」を活用したITビジネスコンテスト 『Ruby biz Grand prix 2021』 エントリー企業・サービス事例を発表

~ニューノーマル時代を切り拓く多種多様な企業・サービスが集結~

 Ruby biz グランプリ実行委員会(事務局:島根県 商工労働部 産業振興課 情報産業振興室)は、『Ruby biz Grand prix 2021』にエントリーするビジネス事例を募集し、国内から合計25件の応募がありました。今後、審査委員会での選考を経て、『Ruby biz Grand prix 2021』のグランプリ企業・事例が決定します。
<Ruby biz Grand prix 2021 開催概要>
●目的・概要:Ruby biz Grand prixは、プログラム言語「Ruby」を活用して、ビジネスの領域で新たな価値を創造し、今後の発展が期待できるサービスや商品を表彰するグランプリです。企業はRubyを使った開発により、時代の変化に柔軟に対応し、企業・社会が抱える課題に対してスピーディーにアプローチすることができます。本グランプリを通して、Rubyがもたらす革新性を国内外に広く発信し、IT産業全体の振興に貢献いたします。

●募集対象:Rubyを使った自社商品・サービスなどで、Rubyの特徴を活かし、「新規性」「独創性」「市場性」「将来性」に富んでおり、今後継続的に発展が期待できるビジネス事例。

●表彰: 1. 大賞2点   表彰状、記念品、副賞100万円
       2. 特別賞3点   表彰状、記念品、副賞30万円

●スケジュール:(1)応募受付:2021年6月7日(月)~9月17日(金)
        ※募集は終了しております。
        (2)選考 :2021年10月下旬
        (3)表彰式等:2021年12月15日(水)(島根県松江市内)
        ※新型コロナウイルス感染症の状況によっては、表彰式をリモート開催又は中止する場合があります。

●公式サイト: https://rubybiz.jp

●審査選考委員(※委員は50音順)


<エントリー事例・企業>
※記載は50音順

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Ruby biz グランプリ実行委員会 >
  3. プログラミング言語「Ruby」を活用したITビジネスコンテスト 『Ruby biz Grand prix 2021』 エントリー企業・サービス事例を発表