日本発のLightning Networkソフトを用いて、ブロックチェーン技術での電気自動車の充電支払い実験を実施

 

株式会社Nayuta(本社:福岡市中央区、代表取締役:栗元 憲一)は、中部電力株式会社(本社:名古屋市東区、代表取締役社長:勝野 哲)、インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野 洋一郎)と電気自動車等の充電に関わる集合住宅向け新サービスの実証実験を行いました。

本実験において、株式会社Nayutaのメンバーが中心となってオープンソースで開発中の日本発Lightning Networkソフトウェア(*1)を用い、低手数料、即時着金の電気自動車充電支払いを行っています(*2)。

パブリック・ブロックチェーンはP2Pエコノミーを実現する技術として期待されていますが、高い手数料や、支払い確定までに時間を要すること、時間あたり処理能力が低いことが問題となり、社会インフラには使いづらいという課題がありました。Lightning Networkはこれらの課題を解決するオープンプロトコルとして期待され、現在仕様策定が行われている状況です。本ソフトウェアはこの仕様に準拠しています。

株式会社Nayutaは、今回の実証実験のフィードバックをふまえ、ブロックチェーン技術を用いたより良い社会インフラの実現に向けて取り組んでまいります。

*1  https://github.com/nayutaco/ptarmigan

*2 Lightning Networkの他のソフトウェア実装を混在させたネットワークをテストネット上に構成し、即時着金支払いを行います。

*3  https://github.com/lightningnetwork/lightning-rfc
 

ブロックチェーン層上のライトニングネットワーク技術についてブロックチェーン層上のライトニングネットワーク技術について

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Nayuta >
  3. 日本発のLightning Networkソフトを用いて、ブロックチェーン技術での電気自動車の充電支払い実験を実施