DHLジャパン、Jリーグ浦和レッズと11年目のトップパートナーシップ契約を更新

国際航空貨物輸送会社、DHLジャパン株式会社(略称:DHLジャパン 代表取締役社長:山川丈人 本社:東京都品川区)は、Jリーグサッカークラブチーム 浦和レッドダイヤモンズ(浦和レッズ、本拠地:埼玉県さいたま市)とのトップパートナーシップ契約を更新し、2017年シーズンも引き続き同チームをサポートします。

浦和レッズ選手着用による2017シーズンユニホーム浦和レッズ選手着用による2017シーズンユニホーム

今回の契約延長により、引き続き同チームの国内公式試合ユニフォームショーツおよびプラクティスウェア(練習着)の背面や浦和レッズのホームスタジアムである埼玉スタジアムにDHLロゴが掲出されます。このトップパートナーシップは、2007年浦和レッズが日本勢として初めて優勝を果たしたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場を機に開始され今年で11年目を迎えます。グローバル規模で輸送ビジネスを展開するDHLは、3年連続出場となるACLを皮切りに2017年世界を目指す浦和レッズの挑戦を、引き続きサポートしていきます。
 
DHLジャパン株式会社代表取締役社長の山川丈人は、「Jリーグ随一の実力を持つ浦和レッズと、世界9万人の従業員が連携しグローバル規模でお客様のビジネスの成功を支えるDHLは、「スピード」、「チームワーク」といったコアバリューを共有しています。業界トップでありながら挑戦者としての価値観を持つDHLは、最高のパフォーマンス追求し世界の強豪へ挑む浦和レッズを応援しています」と述べています。

浦和レッドダイヤモンズ代表取締役社長の淵田 敬三氏は「国際舞台へ挑戦する我々にとって、世界規模で事業を展開するDHLに継続して支援いただけることを心強く思います。3年連続出場となるACLでは、チーム一丸となってアジアチャンピオンを目指して闘い抜きたいと思います」と述べています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. DHLジャパン株式会社
  3. DHLジャパン、Jリーグ浦和レッズと11年目のトップパートナーシップ契約を更新