クラウド・ロボティクスプラットフォームのRapyuta Robotics、経済産業省推進のスタートアップ支援プログラム「J-Startup」に採択

2019年6月24日、Rapyuta Robotics株式会社(東京都中央区、 代表取締役 CEO:Gajan Mohanarajah、以下「Rapyuta Robotics」)は、経済産業省によるスタートアップ支援プログラム「J-Startup」に採択されました。
 

J-Startupは、世界で戦い、勝てるスタートアップ企業を生み出し、世界に新しい価値を提供することを目的として2018年度より実施されております。今回、新たに当社をはじめとする全49社が、日本のスタートアップ約10,000社の中から選ばれました。選定企業は政府からの優先支援を頂きます。
Rapyuta Roboticsは、本プログラムへの選出により海外展開をより一層加速させ、世界市場におけるクラウド・ロボティクスプラットフォーム「rapyuta.io」のユーザー拡大を目指します。

▼本件に関する経済産業省ニュースリリース
https://www.meti.go.jp/press/2019/06/20190624004/20190624004.html

 

▼本件に関するJ-Startupによるプレスリリース
https://www.j-startup.go.jp/news/news_190624_2.html

「J-Startup」について
トップベンチャーキャピタリスト、アクセラレーター、大企業のイノベーション担当などが、日本のスタートアップ企業約10,000社の中から一押し企業を推薦。外部審査委員会が推薦内容を尊重しつつ企業をチェック。厳正な審査で選ばれた企業をJ-Startupの「特待生(J-Startup企業)」として選定。民間支援機関・NEDO・JETRO・METIによる事務局が中心となり、「J-Startup企業」とサポーター、政府機関を結びつけ、タイムリーかつスピーディな支援を実現します。
公式ウェブサイト:https://www.j-startup.go.jp/


Rapyuta Robotics株式会社について
Rapyuta Robotics株式会社は、アインシュタインを始め数々の著名研究者を輩出しているチューリッヒ工科大学(ETH Zürich)からスピンオフした大学発ベンチャーです。「ロボットを便利で身近に」をビジョンに掲げ、世界でも最先端の制御技術及び人工知能技術を活用した次世代クラウドロボティクス・プラットフォーム「 rapyuta.io」の開発を行っています。rapyuta.ioを活用することで、多種多様な複数ロボットの中央管理・中央制御が、直感的かつ容易にできます。また、rapyuta.ioにより、システム構成要素を一から作り上げる必要は無くなり、ユーザーが得意とする技術分野の開発に集中できます。
日本に本社を置き、主に大手事業会社様にロボットを活用した自動化ソリューションの提供を行っています。

ウェブサイト:https://www.rapyuta-robotics.com/ja/


本リリースに関するお問い合わせ先:
お問い合わせは、以下のアドレスまで電子メールにてお願い申し上げます。
info@rapyuta-robotics.com

  1. プレスリリース >
  2. Rapyuta Robotics株式会社 >
  3. クラウド・ロボティクスプラットフォームのRapyuta Robotics、経済産業省推進のスタートアップ支援プログラム「J-Startup」に採択