世界初 Wi-Fi 内蔵、歴代のフェンダーアンプをモデリングした次世代ギターアンプ「MUSTANG(TM) GT」シリーズを発表

プリセット管理・共有などで連携するスマホ専用アプリ「FENDER TONE(TM)」もダウンロード可能に

フェンダーミュージック株式会社は、歴代のフェンダーアンプサウンドをシュミレートできる、世界初※1 Wi-Fi 搭載の多機能モデリングデジタルアンプ「MUSTANG(TM) GT」シリーズ、および本シリーズと連携して使用するスマホ専用アプリ「FENDER TONE(TM)」※2 を発表いたします。MUSTANG(TM) GTの発売は5 月下旬予定で、全国の取扱い店舗WEBサイトにて予約受付中です。

MUSTANG(TM) GTシリーズはデジタルアンプのモダンレジェンドとして、世界中で愛されているギターアンプ「MUSTANG アンプ」シリーズに様々なアップデートを反映して生まれ変わった、フェンダーが提案する次世代のギターアンプともいえる製品です。

また、FENDER TONE(TM)は、 遠隔操作によってプリセットの作成や選択、管理ができ、クラウドへのアップロードも可能なため、世界中のユーザーとのプリセット共有や、憧れのアーティストによって作られたプリセットの使用も可能になります。

国内発売日:
2 0 1 7 年5 月下旬予定 (全国の取扱い店舗WEB サイトにて予約受付中)

価格:
MUSTANG(TM) GT40 OPEN 価格(市場想定価格:28,800 円(税抜))
MUSTANG(TM) GT100 OPEN 価格(市場想定価格:50,000 円(税抜))
MUSTANG(TM) GT200 OPEN 価格(市場想定価格:72,000 円(税抜))


■製品の主な特徴

 

多彩なプリセット機能
根強い人気を誇る「‘59 BASSMAN」や定番の「‘65 TWIN REVERB」などのヴィンテージトーンから、ポップ、ロック、モダンメタルサウンドまで、幅広いジャンルに対応する多彩なアンプモデリングと、スタジオクォリティのエフェクトを搭載しています。また、アルゴリズムの改良により、音質だけでなくアンプのピッキングレスポンスもリアルに表現。通常のピッキングでは煌びやかなクリーントーン、強くピッキングすることでクランチサウンドへと変化するといった、フェンダー特有のアンプサウンドも再現可能です。またシグナルパスの柔軟性も大幅に強化され、エフェクトレイアウトの自由度が増したことで、より幅広いサウンドメイキングに対応します。

Toneによるアンプ設定画面Toneによるアンプ設定画面


世界初※1、Wi-Fi 機能搭載
MUSTANG(TM) GT シリーズは、世界で初めてWi-Fi 機能を搭載したギターアンプです。これにより、アーティストによって作成されたプリセットや自分で作成したプリセットの追加をしたり、OTA(OVERTHE AIR) によるファームウェアのアップデート、世界中のプレイヤーやクリエイター達が集うコミュニティ※2 とつながることも可能です。



スマホ用コントロールアプリ、FENDER TONE(TM)との連携が可能
APP(R) STORE やGOOGLE PLAY から無償ダウンロードできるスマホアプリ、FENDER TONE(TM)を活用すれば、アンプの各機能をスマホからコントロールできるだけでなく、オリジナル・コンテンツへのアクセスや他ユーザーとのプリセット共有など、フル機能を余すところなく使用できます。フェンダーのサウンドエンジニアやアーティスト、ユーザーによって監修・作成された多くのサウンド、プリセットをスマートに管理・操作することが可能です。

アンプ本体液晶画面アンプ本体液晶画面


直感的な操作が可能。カラー液晶搭載
大型フルカラーLCD ディスプレイを本体に搭載しています。これにより、一般的なデジタルギターアンプにおいて、煩瑣になりがちだったインターフェイスの操作もより簡単に、直感的になりました。

BLUETOOTH オーディオ・ストリーミングとコントロール
スマホなどのBLUETOOTH 機能を使用することにより、スマホ内の音楽ファイルを再生することができます。BLUETOOTH スピーカーとしてのオーディオ機能も兼ね備えているため、音楽ファイルやリズムアプリを使用して、デバイスからワイヤレスでステレオ音声をストリーミング再生できます。そのため、バックトラックや好きな曲を流しながらギターソロやリズムギターを重ねてセッションするといったことも楽しめます。

 


スピーカー
デジタルアンプとはいえ、モデリングの真価を忠実にアウトプットするためには、リアルなサウンドを再現できるスピーカーが必要です。MUSTANG(TM) GT100 及びGT200 に搭載されている特別設計のCELESTION(R) スピーカーは、楽器のトーンを増幅する役割だけでなく、BLUETOOTH ストリーミングオーディオも高音質で再生します。


クロマチックチューナーとルーパー機能を搭載
別売りのフットスイッチ(*MUSTANG(TM) GT200 には付属)と組み合わせることにより、MUSTANG(TM) GTのルーパー機能を使用できます。ダイナミックにサウンドレイヤーを重ねていくことで新しいアイデアが生まれ、作曲やソロでのパフォーマンスにおいても表現の幅が広がります。また、フットスイッチに搭載している4 つのボタンを使用することにより、エフェクトやチューナー機能のハンズフリー・コントロールが可能です。

パワーとサイズ、異なる3モデルをラインナップ
MUSTANG(TM) GT40は40W出力、6.5 インチドライバー×2基 バスレフポート付きクローズドバック。デスクトップやブックシェルフに設置できるコンパクトサイズで、自宅で気軽に楽しめるモデルです。
MUSTANG(TM) GT100は100W出力、12インチドライバー×1 基リハーサルスタジオ、レコーディング、小規模会場でのライブに最適です。
MUSTANG(TM) GT200は200W出力、12インチドライバー×2 基レコーディング、中~大型会場でのライブに最適なサイズと十分なパワーを提供します。ルーパー機能の操作に使用できる4ボタン仕様「MGT-4」フットスイッチ標準バンドル。


※1. ギターアンプに組み込まれている製品として(自社調べ)
※2. 英語版となります。日本語対応は未定です。(2017年5月現在)
 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. フェンダーミュージック
  3. 世界初 Wi-Fi 内蔵、歴代のフェンダーアンプをモデリングした次世代ギターアンプ「MUSTANG(TM) GT」シリーズを発表