ミセス・インターナショナル 日本代表 世界大会へ  

ミセスの活動を応援するミセス・インターナショナル2017の世界大会に日本代表の図師 芽厚実さんご夫婦で出場しました

ミセスの為のコンテストとして32年間アメリカで開催されているミセス・インターナショナルがアメリカ ウェスト バージニア州で開催されました。日本代表の図示 芽厚実さんと和博さんがご夫婦で出場しました。
PRESS RELEASE

2017年8月吉日
株式会社コンシャス


ミセス・インターナショナル日本代表が世界大会に出場!
〜「ミセス・インターナショナル」世界大会事後レポート〜


 既婚女性のためのコンテストとして伝統と格式を誇るミセス・インターナショナル世界大会がアメリカ ウエストバージニア州チャールストン舞台に開催されました日本代表として出場したのは、宮崎県出身の図師 芽厚実(ずし めぐみ)さん。アメリカ各州及び世界各国の代表と内面から輝く美を競いました。




 ミセス・インターナショナルはアメリカを拠点とし、32年の歴史を誇る既婚女性のためのコンテストです。健康美や表現力など外見の美だけでなく、家庭と社会活動の両立、社会貢献への取り組みなど、プラットフォームと呼ばれる、これまで積み重ねてきた実績や現在取り組んでいる活動のアピールが審査の大きい割合を占めることが特色となっています。また、家庭という価値観を重んじる大会でもあり、ミセスの活動を支える存在である配偶者も一緒に大会に参加します。

 今年5月に初めて「第一回ミセス・インターナショナル日本代表選考会」が開催され、得意な英語力を活かしたスピーチが際立った図師芽厚実さんがグランプリを受賞し、日本代表として世界大会に出場する権利を掴み取りました。





 今年の世界大会には合計67名が参加。参加者は本大会の3日前より現地入りし、共同生活をしながらレッスンやリハーサル、事前インタビュー審査などの過密スケジュールをこなします。
 会場となったアメリカ ウェストヴァージニア州チャールストンと日本との時差は13時間。完全に昼夜が逆転する時差のせいもあり、ほとんど睡眠時間が取れない状況の中、図師さんは緊張やプレッシャーを見せることなく終始笑顔で取り組み、美しさだけでなく、芯の強さや周囲への気配りなど、日本女性の品格をアピールしました。
 世界大会でグランプリを受賞したのはミシガン州代表のMelissa Pocza さん。 図師さんは残念ながら入賞を果たすことはできませんでしたが、世界大会への挑戦を通して自分を客観的に見つめ直し、全力でチャレンジする経験を通して大きな成長を見せてくれました。



 来年のミセス・インターナショナル世界大会は7月に予定されており、それに先立つ2018年春に日本代表選考会が開催されます。コンテストは自らを磨き高める絶好の機会です。ぜひ結果を恐れることなく多くの方にチャレンジして欲しいと思っています。
 

■ 「ミセス・インターナショナル」世界大会 概要
日時: 2017年8月11日、12日
場所: アメリカ ウェストヴァージニア州チャールストン
参加者: 67名
グランプリ受賞: Melissa Poczaさん(アメリカ ミシガン州代表)



お問い合わせ

株式会社コンシャス内 
ミセス・インターナショナル日本代表選考会事務局
東京都港区赤坂7-3-37
Tel. 090-3521-6145(担当 伊藤)
Email: info@mrsjapaninternational.com

公式サイト:www.mrsjapaninternational.com
Facebook: Mrs. Japan International Pageants
Instagram: MrsJapaninternational
Twitter: MrsJapanIntl

世界大会公式サイト: www.mrsinternational.com

 
  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 ローズ・クルセイダーズ 国際女性支援協会 >
  3. ミセス・インターナショナル 日本代表 世界大会へ