「第12回佛教大学小学生俳句大賞」結果発表 約33,000句の応募から入賞作品276句が決定! 表彰式を3月23日(土)紫野キャンパスにて挙行

今年で12回目を迎えた佛教大学小学生俳句大賞に、日本全国の小学生や海外から、低学年の部に11,510句、高学年の部に21,168句の合計32,678句の応募がありました。
俳人で本学名誉教授の坪内稔典氏、京都造形芸術大学長の尾池和夫氏ら6名の選考委員による選考会を経て、このたび入賞276句が決定しました(上位入賞作品は以下のとおり)。
なお、入賞作品は、佛教大学ホームページに発表しています。
また、入賞者(佳作を除く)を招待して、3月23日(土)に本学にて表彰式を行います。

<佛教大学小学生俳句大賞>
 全国の子どもたちに俳句を通して言葉の楽しさを体験してもらいたいとの願いで2007年から実施しています。

http://www.bukkyo-u.ac.jp/haiku/index.html

<第12回佛教大学小学生俳句大賞 入賞作品(抜粋)>

[最優秀賞]
低学年の部
●とり合いだバケツにはった丸ごおり(奥田 静流 奈良県・三郷町立三郷北小学校3年)
高学年の部
●じてんしゃでいなごをふまずこいでいく(森永 楓菜 三重県・伊賀市立中瀬小学校5年)
[優秀賞]
低学年の部
●ママ見てる?入学しきへこうしんだ(田崎 完治 鹿児島県・鹿児島市立山下小学校1年)
●じいちゃんのおそばがないととしこせぬ(大谷 佳弘 徳島県・鳴門教育大学附属小学校2年)
●でんせんにつばめが先ちゃく5名さま(森井 琴子 石川県・小松市立苗代小学校2年)
●うんていの一列とばし風光る(浅野 迦恋 愛媛県・愛南町立家串小学校3年)
高学年の部
●二重とび一しゅん近づく冬の空(安倍 由花子 愛媛県・松山市立椿小学校4年)
●そう祖父の干し柿ぼくのベランダへ(藤原 真大 徳島県・鳴門教育大学附属小学校4年)
●雪ふってにわ一面が画用紙だ(宮崎 光琉 富山県・高岡市立東五位小学校4年)
●いつ飛ぶかじっと待ってるカブト虫(平延 悠花 広島県・東広島市立吉川小学校5年)
[学校優秀賞]
●京都府・木津川市立高の原小学校
●大阪府・大阪市立平野小学校
●徳島県・鳴門教育大学附属小学校

<第12回佛教大学小学生俳句大賞表彰式>
日時:2019年3月23日(土)13:30~14:30 受付12:30~
会場:佛教大学紫野キャンパス 常照ホール(成徳常照館5階)
次第:1.田中典彦学長挨拶、2.表彰、3.審査講評、4.記念撮影
出席:入賞者42名(予定)、選考委員  6名

【本件に関する報道機関からのお問い合わせ先】
佛教大学 企画部 広報課 (担当:米林・武田・山川)
〒603-8301 京都市北区紫野北花ノ坊町96
TEL (075)493-9050(直通) / FAX (075)493-9040 / E-mail : koho@bukkyo-u.ac.jp

  1. プレスリリース >
  2. 学校法人佛教教育学園 佛教大学 >
  3. 「第12回佛教大学小学生俳句大賞」結果発表 約33,000句の応募から入賞作品276句が決定! 表彰式を3月23日(土)紫野キャンパスにて挙行