資産形成に、外貨預金をより身近に。―じぶん銀行、預入時の為替手数料を無料化―

株式会社じぶん銀行(本社:東京都中央区、代表取締役社長:柏木英一、以下「じぶん銀行」)は、2018年12月10日(月)より、外貨預金のお預入れにかかる為替手数料を改定し、全通貨0銭にいたします。
長引く低金利により、資産形成に厳しい環境が続くなか、円預金と比べて金利水準の高い外貨預金での資産運用に注目が集まっており、家計の外貨預金残高合計は増加傾向にあります。(日本銀行『資金循環統計(2018年第2四半期)』より)じぶん銀行は、より身近にご利用いただける外貨預金を目指して、お預入れの為替手数料を全通貨0銭に改定し、資産形成をお考えのお客さまにとっての後押しになればと考えています。

これからもじぶん銀行は、携帯電話の特性を最大限活用し、「お客さまお一人おひとりの銀行」として、利便性と安全性を両立させた質の高い金融サービスを提供することで、お客さまにとって満足度No.1の金融機関となることを目指してまいります。


改定内容
【為替手数料】

※1通貨単位(ウォンは100通貨)あたり
※払戻しには上記記載の為替手数料がかかります。

改定日
2018年12月10日(月)取引分より適用
※取引開始時間 <米ドル・ユーロ・豪ドル・ランド・NZドル>7:10~、<中国元・レアル・ウォン>9:00~
※取引時間は通貨によって異なります。詳細は、以下のじぶん銀行ウェブサイトをご参照ください。

⇒外貨普通預金詳細
https://www.jibunbank.co.jp/products/foreign_deposit_ordinary/detail/#flg-ordinaryDepositDetail

じぶん銀行の外貨預金
じぶん銀行の外貨預金は、ネットバンクならではの魅力的な金利と手数料をお客さまにご提供しています。普通預金や定期預金だけでなく、AIを使って未来の為替の変更を予測するAI外貨予測や当月の買い時をAIが判断して自動で積立を行うAI外貨自動積立など、他にはない新しい商品・サービスが魅力です。


■AI外貨予測・AI外貨自動積立は世界でも注目されています!

・「Efma-Accenture DMI Awards 2018」 「Analytics & Artificial Intelligence」の部 銅賞
https://www.jibunbank.co.jp/corporate/news/2018/1018_01.html

 ・「Efma-Accenture DMI Awards 2018 in APAC」 銀賞
https://www.jibunbank.co.jp/corporate/news/2018/1102_01.html

・「MCPC award 2018」 ユーザー部門モバイルビジネス賞
https://www.jibunbank.co.jp/corporate/news/2018/1108_01.html


・外貨預金には為替変動リスクがあります。外貨預金の預入時(円→外貨)より払戻時(外貨→円)の為替相場が円高になる場合、または為替相場にまったく変動がない場合でも、払戻時(外貨→円)の為替手数料(1米ドルまたは1ユーロあたり25銭、1豪ドルあたり50銭、1ランドまたは1中国元あたり20銭、1NZドルあたり40銭、1レアルあたり90銭、100ウォンあたり20銭)がかかるため、払戻時の円換算額が、預入時の円貨額を下回る(円貨ベースで元本割れとなる)可能性があります。
・外貨預金は預金保険制度の対象外です。
・中国元、レアル、ウォン、ランドは各政府の通貨政策や市場環境の変化などにより、流動性の低下、市場機能の低下および規模の縮小の可能性があり、為替レートが大幅に変動するリスクやお取引を停止する場合があります。中国元、レアル、ウォン、ランドのお取引にあたっては、これらのリスクがある点をご理解のうえ、お取引ください。
株式会社じぶん銀行
登録金融機関 登録番号:関東財務局長(登金)第652号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社じぶん銀行 >
  3. 資産形成に、外貨預金をより身近に。―じぶん銀行、預入時の為替手数料を無料化―