『2019ナビタイム スポット検索ランキング』を発表!移動手段別の傾向や、季節・時間帯別の人気スポットランキングも!

総合1位は「伊勢神宮内宮」に!訪日客には2年連続で「大阪城天守閣」が人気!

 株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西啓介、本社:東京都港区)は、『2019ナビタイム スポット検索ランキング』(https://www.navitime.co.jp/pcstorage/html/spotranking2019/)を発表いたします。

 本ランキングは、当社が提供する『NAVITIME』をはじめとするナビゲーションサービスにおいて、2019年に目的地として検索されたスポットなどをもとに集計した結果です。お出かけの際の参考情報としてお役立ていただき、お客さまの楽しい移動をサポートすることを目的としています。

■総評
 「平成」から「令和」への改元により新たな時代の幕開けとなった2019年の目的地検索スポットTOP100では、2009年のランキング発表開始以来、初めて「伊勢神宮内宮」が第1位に輝きました。第2位は昨年より1つ順位を上げた「幕張メッセ」、第3位は順位を2つ上げた「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」となりました。また、100位中32スポットは、昨年圏外だったスポットがランクインしており、昨年とはまた違った傾向の見られるランキングとなりました。
 全体的に歴史や景勝地、アミューズメント施設などが多いことから、時代の流れが「モノ消費からコト消費」へシフトしている傾向が見られます。商品自体に価値を見出す消費傾向から、商品やサービスから得られる体験を重視した風潮です。

ランキングの一覧はこちら:http://corporate.navitime.co.jp/topics/pr/201912/11_5155.html

■『目的地検索スポット総合』TOP100
 2019年の人気スポットTOP100では三重県伊勢市の「伊勢神宮内宮」が第1位に輝きました。2000年という長い歴史を有し、125の宮社からなる伊勢神宮のランクアップには、「平成」から「令和」への改元なども要因といえるでしょう。全体を通じてみても、お稲荷さんの総本宮「伏見稲荷大社」や、「浅草寺」、鎌倉大仏のある「高徳院」、「熱田神宮」など神社や寺院の急上昇が目立ちます。
 また、「東京ドーム」や「京セラドーム大阪」に加え、「ナゴヤドーム」、「メットライフドーム」などのスポーツ観戦施設もランクアップしています。

■『交通手段別目的地検索スポット』TOP20(電車、バス、車、トラック、バイク、自転車、徒歩)
 様々な交通手段別の専用ナビゲーションアプリを提供するナビタイムジャパンならではの、電車、バス、車、トラック、バイク、自転車、徒歩の7種の交通手段別の検索結果を集計しました。2018年より発表を開始し、今年からは昨年比の傾向がわかるようになりました。

■『時間帯別人気スポット』TOP20
 時間帯に応じて、行動様式は変化します。ここでは、各時間帯別にそれぞれ検索されるスポットをランキングとしてまとめました。朝と昼のランキングは、2018年に比べてスポット自体の変化は多くありませんが、全体的にコンベンションセンターやコンサートホールなどイベントホールが多くランクインしました。またスタジアムやドームなどスポーツ施設が多かったのも特徴です。
 また、昨年に引き続き夜の時間帯には映画館が、深夜・早朝にはゴルフ場が多くランクインしています。

■『季節別急上昇スポット』TOP20
 2018年の平均値と比較して、今年、検索数の増加率が高かったスポットを、季節別にランキングにした「季節別急上昇スポットランキング」では、春の「目黒川の桜並木」や秋の「十和田湖」、冬の「さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト」など、日本の四季のイベントが顕著に結果に現れました。
 また「平成」から「令和」へと元号が改められた2019年。2018年に比べて「東京大神宮」や「皇居」、「生田神社」などが急上昇しました。

■『外国人観光客に人気のスポット』TOP20
 訪日外国人観光客の検索では、2年連続で「大阪城天守閣」が1位となりました。充実したFree Wi-Fiスポットや戦国武将の兜を身に着ける試着体験など、気軽に日本らしさが体験できるのも人気の理由のようです。各国の首脳が一堂に会するG20サミットでも、大阪城を背景に記念撮影が行われました。

■『2019ナビタイム スポット検索ランキング』について
・集計対象:『NAVITIME』『PC-NAVITIME』『NAVITIMEスマートフォンサイト』『NAVITIMEドライブサポーター』『カーナビタイム』『ツーリングサポーター』『自転車NAVITIME』『バスNAVITIME』『トラックカーナビ』訪日外国人向けナビゲーションアプリ『Japan Travel by NAVITIME』のほか、ナビタイムジャパンの提供する国内向けの全サービスでの検索データ
・集計期間:2019年1月1日(火)から2019年10月31日(木)
・凡例:「-」昨年のランキングで集計圏外
※ランキング内のスポット名称はサービス内で使用されている名称であり、正式な名称とは異なる場合があります。

■ナビタイムジャパン プレスリリースページURL
http://corporate.navitime.co.jp/topics/pr/201912/11_5155.html

■法人のお客様からのお問い合わせ
ナビタイムジャパンの交通コンサルティング事業では、本プレスリリースの分析結果、道路交通や公共交通、訪日外国人観光や国内観光などについて、移動に関する各種ビッグデータを用いた分析を行っています。
 株式会社ナビタイムジャパン 交通コンサルティング事業
 http://consulting.navitime.biz/
 TEL:03-3402-0827
 Email:consulting-group@navitime.co.jp

※「NAVITIME」「ドライブサポーター」「カーナビタイム」「ツーングサポーター」は、株式会社ナビタイムジャパンの登録商標です。
※その他、記載の会社名または商品名等は各社の商標または登録商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ナビタイムジャパン >
  3. 『2019ナビタイム スポット検索ランキング』を発表!移動手段別の傾向や、季節・時間帯別の人気スポットランキングも!