ONE MEDIAが、Instagram新機能「IGTV」対応の新フォーマット動画を配信開始

ワンメディア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役 明石ガクト)は、このたびInstagramの新機能「IGTV」リリース発表を受け、「IGTV」に最適化した新しいフォーマットを開発。配信を開始いたしました。

 

「IGTV」はInstagramが2018年6月20日(米国時間)に発表、サービスを開始した新機能で、ユーザーとのつながりを強化すべく、より没入感のある縦型フルスクリーン仕様に。
15秒から60分と長尺の動画にも対応しており、ユーザーのためだけではなく、クリエイターのためのプラットフォームとしてもローンチされました。

<「IGTV」とは>
IGTVは従来とはまったく違う、新しい動画の視聴体験を楽しめるアプリで、普段モバイルを使うときの画面の向き=縦型に合わせてデザインされています。Instagramでは従来、60秒までの動画のみ投稿・視聴が可能でしたが(フィードでは最大60秒、ストーリーズでは最大15秒の動画)、IGTVでは最長60分までの動画を楽しむことができます。
IGTVのアプリを開くと、テレビをつけたときと同じように自動的に動画が再生されます。見たい動画やチャンネルを検索する必要はありません。Instagram上ですでにフォローしているクリエイターの動画や、興味関心に近いクリエイターの動画が表示されるため、すぐに好きなコンテンツを視聴できます。また、メイン画面から上部にスワイプすると、[おすすめ] [フォロー中] [人気] [視聴を再開] のタブが表示され、より多くのコンテンツを閲覧することができます。動画にいいね!やコメントをつけたり、ダイレクト機能を介して友だちとシェアしたりすることも可能です。
 

 

この新しい機能にONE MEDIAはいち早く対応。「IGTV」に最適化した、縦型フルスクリーンでより見やすく楽しめるようなフォーマットを開発いたしました。
第一弾として、自社のオリジナルコンテンツであるニュース番組「WHAT'S HAPPENING」、アーティストのインタビュー番組「TURN THE PAGE」、Instagram新プロジェクト「#MAKESOMENOISE」プロモーション動画を、このフォーマットに合わせ再編集。ONE MEDIAのIGTV公式チャンネルで順次配信いたします。
 

 

今後ONE MEDIAは、「IGTV」及びInstagramに注力。ミレニアル世代に支持されるプラットフォームにフォーカスし、今回の縦型動画のような新しいスクリーンサイズ向けの動画製作を積極的に行っていきます。
 

【ONE MEDIAについて】
ミレニアル世代向けにカルチャーやニュース、エンターテインメントなど様々なジャンルのコンテンツを製作・配信する分散型動画メディア。直近ではYouTube向けショートフィルム製作や、山手線車両内デジタルサイネージでのコンテンツ配信も開始している。
2018年1月11日、B Dash Ventures運営のファンド「B Dash Fund 3号投資事業有限責任組合」およびグリー株式会社を引受先とした総額約3.5億円の第三者割当増資の実施を発表。

https://www.instagram.com/ONEMEDIAJP
https://www.facebook.com/ONEMEDIAJP
https://twitter.com/ONEMEDIAJP
https://www.youtube.com/c/ONEMEDIAJP

【ワンメディア株式会社】
本社所在地 : 〒141-0021 東京都品川区上大崎4丁目5-31 ONE STUDIO TOKYO
代表取締役 : 明石 ガクト
URL : https://onemedia.jp/
事業内容 : 動画メディア事業、コンテンツスタジオ事業
  1. プレスリリース >
  2. ワンメディア株式会社 >
  3. ONE MEDIAが、Instagram新機能「IGTV」対応の新フォーマット動画を配信開始