頭痛や吐き気など、梅雨や台風で「低気圧不調」に悩む人を『わたし漢方』の漢方薬剤師がサポート。ひとりひとりの体質や体調・症状に合わせた養生法をオンラインでアドバイス。

薬剤師とLINE上で相談して自分にあった漢方薬を配送してくれるオンライン漢方相談サービス『わたし漢方』

わたし漢方株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:丸山 優菜)が運営する、薬剤師とLINE上で相談して自分にあった漢方薬を配送してくれるオンライン漢方相談サービス『わたし漢方』は、梅雨による長雨や台風による気圧変化で不調を感じる「低気圧不調」について、漢方理論に基づいた養生法をホームページにて公開いたしました。同時に、LINEを通して、ひとりひとりの体質や症状に合わせた漢方薬のオンライン相談についても受付を開始いたしました。
■頭痛、吐き気など「低気圧不調」に悩む季節
梅雨の季節は低気圧が続くことで、長い間雨が降り続きます。またこれからは台風のシーズンにも突入し、より気圧の変化が激しくなることが想定されます。『わたし漢方』へのご相談においても、病院に行くほどではないけれど、頭痛・疲労感・吐き気・首や肩の凝りに悩まされている方や、関節や古傷が痛む、手足がしびれるといった不調と長年付き合っているという方からのご相談が増えております。


■低気圧で不調が出やすくなるメカニズム
梅雨に季節は低気圧が続くことによって、長い間雨が降ります。また、台風による強い雨風や気圧・気温・湿度の急激な変化は、知らず知らずのうちに、からだに大きな負担をもたらしています。私達のからだには、からだの働きを活発にする交感神経とリラックス状態にさせる副交感神経があり、この2つの神経がバランスをとりながら、様々な器官の働きを担っています。気圧が低くなると、自律神経が刺激することで無意識にストレスを受け、様々な不調が出やすくなります。

~起こりやすい症状~
めまい、耳の不調、頭痛、肩こり、吐き気、胃もたれ、だるさ、関節や古傷の痛み、神経痛、気分の落ち込み、低血圧、喘息、動悸息切れなど

■「低気圧不調」に効果的な漢方の養生法とは?
漢方の考えでは、主に「風邪」(ふうじゃ)や、「湿邪」(しつじゃ)の影響が大きいと考えます。これらの邪が合わさることで、からだの水の巡りが悪くなり「水滞(すいたい)」の状態になりやすく、からだが冷えることでさらに悪化しやすくなります。さらに気圧が下がることで、「気」の流れの異常が起こり、自律神経に負担がかかることも不調が出やすくなる原因です。普段から、乗り物酔いしやすい、寒暖差に弱い、ストレスが多い人などは特に注意が必要です。
 
  • 水分バランスを整える
低気圧による不調では、水分代謝の乱れが特に起こりやすくなります。余分な水分が溜まることで、血管が拡張したり、気圧の変化を感知する耳にも影響が出やすく、めまいや頭痛などが起こりやすいと考えられています。そのため、水分代謝を改善する生薬が配合された漢方薬を選んでいきます。
  • 自律神経を整える
元々ストレスが多かったり、疲れがたまっていて自律神経のバランスが乱れている人は、気圧変化の影響も受けやすく、だるさや気分の落ち込みなどの不調が出やすくなる場合が多いです。気の巡りを整えて、リラックスに働く生薬などが配合された漢方薬を選んで、普段から体調管理していくことをおすすめします。
  • 胃腸を整える
漢方の考えで胃腸を司る「脾」は、湿邪に弱いため、胃腸が弱い人は「水滞」の状態を招きやすく、胃もたれや下痢なども起こりやすくなります。普段から胃腸を元気にして、食べ物からの栄養をしっかり吸収して体を丈夫にするために、胃の働きを助けたり、エネルギーを補う生薬などが配合された漢方薬での体質改善をおすすめします。

「低気圧不調」を予防するには、普段から生活を整えて胃腸や自律神経のバランスを整えることが重要です。水分代謝が低下しているときは、冷たいものや、過剰な水分摂取を控えるように気を付けましょう。胃腸に負担がかかる脂っこいものや甘いもの、塩分の取りすぎにも気を付けて。水分代謝を整える食材としては、はとむぎ、あずき、昆布、わかめ、とうもろこしなどがおすすめです。新陳代謝をあげるために、入浴はぬるめでゆっくりと。また、運動、ストレッチや散歩などからだを動かして気・血を巡らせて発汗を促す習慣も取り入れましょう。とはいえ、忙しい日々を送っていると中々意識できないことも。そんな時はぜひ、『わたし漢方』の漢方薬剤師にLINE相談してみてくださいね。LINEでのカウンセリングを通してひとりひとりの体質や症状にあった生活習慣の改善方法や漢方薬をご提案いたします。

■『わたし漢方』概要

『わたし漢方』は、LINEで身体の悩みを薬剤師に相談すると、自分にあった漢方薬を自宅に配送してくれるオンライン漢方相談サービスです。カウンセリングはすべてLINE上で行い、最初の問診は24時間相談可能。漢方の専門家が直接お悩みにお答えいたします。初回の問診はすべて無料。体質改善の相談と漢方薬の服用を希望する場合は有料プランとなります。漢方は貴重な天然資源からできているため、漢方薬局で購入すると2~6万/月ほどかかってしまうことがありますが、LINEでの相談に特化したことでどの処方も定額の1万円代でより継続しやすくしました。また購入後も、体質の変化に合わせて随時LINEで薬剤師に相談ができ、漢方薬の変更も無料です。 
 


『わたし漢方』創業者・薬剤師 水沼 未雅(みずぬま みか)より
<プロフィール>京都大学薬学部卒業後、東京大学大学院薬学系研究科で博士号(薬学)を取得。アストラゼネカで新薬の開発にかかわった後、マッキンゼー・アンド・カンパニーでヘルスケア関連事業を担当。漢方で自身の不調が改善した経験から、2017年に『わたし漢方』創業。


『わたし漢方』を創業したきっかけは、私自身が漢方と出会ったことで、15年以上悩まされてきた持病が解消されたことです。学生のころから疲れやストレスがたまると咳がとまらず、様々な治療を受けましたが完治することはありませんでした。友人に薦めてもらった漢方薬局を訪問し、カウンセリングを受け、処方された漢方薬をのむと、2-3か月で改善しました。この体験から、症状の根本にアプローチする漢方薬の力で、不調とともに生きる女性の毎日を快適にし、やりたいことに全力投球できる手助けがしたいと考えております。

(参考)『わたし漢方』公式ページ https://www.watashikampo.com/
(参考)『わたし漢方』instagram https://www.instagram.com/watashikampo/
 
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. わたし漢方株式会社 >
  3. 頭痛や吐き気など、梅雨や台風で「低気圧不調」に悩む人を『わたし漢方』の漢方薬剤師がサポート。ひとりひとりの体質や体調・症状に合わせた養生法をオンラインでアドバイス。