RAINBOW MACHINEへようこそ - ベネトンがミラノファッションウィークでカステルバジャック監修によるブランド初のランウェイショーを開催

 

 


ユナイテッド カラーズ オブ ベネトンが、ミラノファッションウィークでブランド初となるランウェイシ
ョーを開催しました。

“レインボー”はルチアーノ・ベネトンとジャン=シャルル・ド・カステルバジャックの共通のビジョ
ンです。フランス人デザイナーのジャン=シャルル・ド・カステルバジャックは「ルチアーノと私は、
色そのものです」と述べ、虹を構成する原色 – イエロー、レッド、グリーン、ブルー、そして少
しのブラック – をメインのカラーパレットとしたコレクションをつくりあげました。
“マシーン”は、独⾃のノウハウと専門知識をもつベネトンの伝統産業へのトリビュートです。
ランウェイには、実際のニット編み機がオリビエーロ・トスカーニ撮影による巨大なクローズアッ
プ写真とともに設置されました。

ユナイテッド カラーズ オブ ベネトンはシーズンのプロダクションのみにフォーカスしたショーをつく
るのではなく、これからの新しいクリエイティブの方向性を表現したショーを開催することを決
めました。すべてのファッションラバーのワードローブにあるアイコニックなアイテムを、ディシプリ
ンとカジュアルさで再現しています。

ジャン=シャルル・ド・カステルバジャックは、現代的でコンセプチュアルでありながら、ブランド
のルーツを感じさせるこのコレクションを“ベーシックアイテムのアップデート”と表現し、ロゴ、カ
ラーバリエーション(おもにグリーン)、製品染めされたニットウェア、スポーティでシックなアテ
ィチュードといった、30 年以上続くベネトンの歴史にオマージュを捧げました。

アイデンティティーを強く感じさせるスタイルには、ユナイテッド カラーズ オブ ベネトンにとってア
イデンティーがどれだけ重要な基盤を担っているかを反映しています。現代では多くのブラン
ドが同じであることへの概念を大切にする風潮の中、ベネトンはパイオニア精神で唯⼀無
⼆の存在感を際⽴たせています。

エレクトロ インダストリアルなサウンドトラックは、世界的に活躍するフランス人コンテンポラリ
ーサウンドデザイナーのミシェル・ゴベールが手掛けました。

ようこそ、ベネトンの新時代へ︕

左から、ジャン=シャルル・ド・カステルバジャック / ルチアーノ・ベネトン / オリビエーロ・トスカーニ

 


 


---------------------
Official HP : https://www.benetton.jp
Facebook : https://www.facebook.com/BenettonJapan
Twitter : https://twitter.com/benettonpress
Instagram : https://www.instagram.com/benetton_japan


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ベネトン ジャパン株式会社 >
  3. RAINBOW MACHINEへようこそ - ベネトンがミラノファッションウィークでカステルバジャック監修によるブランド初のランウェイショーを開催