IARシステムズが簡素化された強固なIP保護および製造管理を実現するセキュリティ開発ワークフローを更に強化

最新バージョンのC-Trustが製造管理およびArm TrustZoneデバイスのような新主流デバイス対応のための既製のセキュリティ・コンテキスト・プロファイルを追加

組込み向けセキュリティ実装ツールがSecure Desktop Provisioner製品と連携することによって製造管理の領域までセキュアにコントロールすることが可能になり、偽造品や模造品の脅威からユーザIPを保護することに成功
2020年2月20日 – 組込み開発向けのソフトウェアツールおよびサービスにおいて将来性の高いサプライヤであるIARシステムズ株式会社(本社:スウェーデン・ウプサラ市、日本法人:東京都千代田区、代表取締役 上村清史)は本日、組み込み向けセキュリティ開発ツール「C-Trust」に開発ワークフローにおける更なるセキュリティ機能の実装を簡素化することの出来るバージョン1.40を発表しました。 このバージョンにはArm Cortex®-M向けArm® TrustZone®を搭載した今後の主流となるSTマイクロエレクトロニクスおよびNXPのデバイスへの対応も含まれています。
 
組込みアプリケーションは更なるセキュリティへの対応を求められており、企業は絶えず変更されるIoTデバイス法制化に対応しようとしています。知的財産(IP)の保護および妥協のない製造期間における偽造や模造に対する製品品質への要望は高まる一方です。C-Trustは、開発ツールチェーンIAR Embedded Workbench®の拡張として機能し、革新的なセキュリティ・コンテキスト・プロファイルを利用することによって、開発者がセキュリティの複雑さを深く習得しなくても、開発アプリケーション上にセキュリティの構築を容易に実現することを可能にします。セキュリティ・コンテキスト・プロファイルは、アプリケーションを保護するために必要なセキュリティ環境仕様に基づいて、信頼された実行環境コンフィギュレーション定義します。セキュリティ・コンテキスト・プロファイルには次のような資産が含まれます。暗号鍵および認証、セキュア・ブート・コンフィギュレーション、デバイス・セキュリティ、アプリケーション更新プロセスとポリシー、およびデバイスのメモリレイアウトです。IP保護のための既製のセキュリティ・コンテキスト・プロファイルに加えて、C-Trustバージョン1.40には製造管理のためのセキュリティ・コンテキスト・プロファイルが追加されています。この新しい機能によって、開発者が予め製造期間において製造することを許される最終製品の台数を定義することができるようになり、偽造品や模造品による損害から守ってくれます。

 IARシステムズ、CEO兼プレジデントのステファン・スカリンは次のように述べています。「我々の顧客は、我々に対して、セキュリティ実装ベースの開発フェーズに移行する準備が出来ていると言っています。セキュリティは顧客にとって優先順位トップにある案件ですが、セキュリティ機能を実装しようとする際の複雑さに対してフラストレーションを抱えています。統合されて、容易に扱える、セキュリティ開発ワークフローを拡張されたデバイス対応と共に提供することによって、我々の顧客は、十分なセキュリティレベルに到達することが今直ぐに出来るようになるでしょう。」

C-TrustはIARシステムズ子会社であるSecure Thingz社のSecure Desktop Provisionerと組み合わせることによって、画期的なセキュリティ・ソリューションをサプライチェーン全域に渡って提供します。また、急速に変化するIoT市場において、半導体デバイスにおいて新たに生まれる様々なセキュリティ技術があります。これらの次世代デバイスにおける物理的な保護メカニズムの技術範囲は、ハードウェアメモリ実行テクニックの設計や、暗号鍵および他のセキュアに格納された秘密情報を実装した設計ができるようになったことです。

Secure Thingz社CEOのHaydn Poveyは次のように述べています。「先進の組込みデバイスにセキュリティを実装することは、今後の法制への対応を実現するために重要です。我々のセキュリティツールと組み合わせて使用される新しにサポートされたArm TrustZoneデバイスによって、開発者はSecurity from Inception Suiteを使用して先進のアプリケーションを今直ぐに市場投入することが出来るようになります。更に強固かつエンドユーザの要求に応じた仕様を提供し、将来のIoTのためのセキュアな基盤を提供することができます。」

C-Trustの詳細はウェブサイトをご覧下さい。https://www.iar.com/jp/ctrust また、最新バージョンのデモンストレーションは、2月25日から27日にドイツ、ニュルンベルグで開催のembedded world 2020のIARシステムズブースにてご覧になれます。

### Ends 

Editor's Note: IAR Systems, IAR Embedded Workbench, Embedded Trust, C-Trust, IAR Connect, C-SPY, C-RUN, C-STAT, IAR Visual State, IAR KickStart Kit, I-jet, I-jet Trace, I-scope, IAR Academy, IAR, and the logotype of IAR Systems are trademarks or registered trademarks owned by IAR Systems AB. All other product names are trademarks of their respective owners.


IARシステムズについて

IAR システムズは、組込み開発者および世界中の企業が今日必要な製品を開発し明日のイノベーションを創出するための、実証されたソフトウェアツールとサービスを提供します。1983年の創業以来、IARシステムズのソリューションは100万例を超える組込みアプリケーション開発において、その品質、信頼性および効率性が実証されてきました。スウェーデンのウプサラに本社を置き、営業とサポートオフィスを世界中に展開しています。IAR Systems Group ABはNASDAQ OMXストックホルムMid Cap.に上場しています。詳細情報につきましては https://www.iar.com/jp をご覧ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. IARシステムズ株式会社 >
  3. IARシステムズが簡素化された強固なIP保護および製造管理を実現するセキュリティ開発ワークフローを更に強化