日本MGMリゾーツ、3/20,21に東京ドームで開催される「MGM MLB 開幕戦」のメインスポンサーに

合同会社日本MGMリゾーツ(所在地:東京都千代田区、代表執行役員兼CEO:エド・バワーズ、以下日本MGMリゾーツ)は東京ドームで開催される、2019 MLB(メジャーリーグベースボール)開幕戦およびNPB(日本野球機構)とのプレシーズンゲームのメインスポンサーとなったことを発表いたします。

日本MGMリゾーツのホールディングカンパニーであるMGMリゾーツ・インターナショナル(以下、MGMリゾーツ)とMLBは、2018年11月に包括的なパートナーシップ契約の締結を発表しています。今回のMLB開幕戦『2019 MGM MLBオープニングシリーズ』は、MGMリゾーツがパートナーとして行う最初の活動であり、イチロー選手や菊池雄星選手が所属しているシアトル・マリナーズと、オークランド・アスレチックスとの2連戦が行われます。
日本MGMリゾーツは、今回のMLB開幕戦のメインスポンサーとなることに加え、オークランド・アスレチックスのユニフォーム右袖にMGMロゴが掲出される他、今後もMLBの公式エンターテインメント・パートナーとして日本の野球ファンの皆さまに向けた「MLB ロードショー」を開催していく予定です。「MLB ロードショー」はメジャーリーグベースボールの楽しさを身近で体感することができる参加型のファンイベントで、期間中は数々のMLBグッズやアトラクションが登場する予定です。

■MGMリゾーツ 会長 兼 最高経営責任者(CEO)のジム・ムーレン氏は、次のように述べています:
「私たちは、エンターテインメント業界の世界的リーダーとして、MLBとのパートナーシップを通じて日本の野球界を盛り上げていく機会を得られたことを大変光栄に思っています。日本の野球ファンの皆さまのために、ユニークな参加型アクティビティを東京ドームの内外でご用意することも非常に楽しみにしています」

■日本MGMリゾーツ 代表執行役員 兼 社長のジェイソン・P・ハイランド氏は、次のように述べています:
 「すべての野球ファンにとっての一大イベントである『MLB開幕戦』のメインスポンサーを務める機会をいただけたことを、大変光栄に思っています。巨人対マリナーズ、日本ハム対アスレチックスが行われるプレシーズンを含め、どのような夢のカードが実現するのか私自身も胸を膨らませるばかりです。イチロー選手や菊池雄星選手のご活躍を、日本中の野球ファンの皆さまと共に楽しみにしております。皆様ぜひ球場でお会いいたしましょう!」

■MLB商業部門エグゼクティブ・バイス・プレジデントのノア・ガーデン氏は、次のように述べています:
 「私たちのパートナーであるMGMリゾーツが、こうしてMLB開幕戦という大切な試合において重要な役割を担ってくれることを大変嬉しく思います。今回の開幕戦を通じて、日本の野球ファンの皆さまの野球にかける熱い情熱に触れ、交流できることをMGMリゾーツと共にとても楽しみにしています」

日本でのMLB開幕戦は2012年に東京ドームで行われたシアトル・マリナーズ対オークランド・アスレチックス戦から7年ぶり、5回目の開催となります。MLBはこれまでに、メキシコのモンテレー(1999)、東京(2000、2004、2008、2012)、プエルトリコのサンフアン(2001)、オーストラリアのシドニー(2014)などで開幕戦を開催、計19のオープニングシリーズ累計で100万人以上のファンが観戦しました。

また、シアトル・マリナーズ、オークランド・アスレチックスの両チームはMLB開幕戦の前の3/17(日)、3/18(月)にプレシーズンゲームを行います。対戦相手は日本球団から、原辰徳監督が率いる読売ジャイアンツと、栗山英樹監督が率いる北海道日本ハムファイターズに決定いたしました。

<2019 MGM MLB開幕戦>試合日程/対戦カード
3/20(水)18:30試合開始 オークランド・アスレチックス vs. シアトル・マリナーズ
3/21(木・祝)18:30試合開始 オークランド・アスレチックス vs. シアトル・マリナーズ

<2019 MGM MLB開幕戦 プレシーズンゲーム>試合日程/対戦カード
3/17(日)12:00試合開始 読売ジャイアンツ vs. シアトル・マリナーズ
3/17(日)19:00試合開始 北海道日本ハムファイターズ vs. オークランド・アスレチックス
3/18(月)12:00試合開始 北海道日本ハムファイターズ vs. オークランド・アスレチックス
3/18(月)19:00試合開始 読売ジャイアンツ vs. シアトル・マリナーズ

会場:東京ドーム(東京都文京区後楽1-3-61)

メジャーリーグベースボール(MLB)について
メジャーリーグベースボール(MLB)は、最も歴史のあるプロ・スポーツリーグであり、米国とカナダにおける30の世界最高水準の加盟球団によって構成されています。MLBは北米で最大の参加人口を誇り、2004年以来、MLBは参加人口の記録更新を続けています。ロバート・D・マンフレッド Jr. (Robert D. Manfred, Jr.) コミッショナー率いるMLBは、現在、アメリカのプロ・スポーツにおける最も包括的な薬物検査プログラムを設け、最高水準の労働環境および競争環境の整備を行うとともに、確実な収益を上げ続けています。 MLBは、米国、カナダ、そして世界中のコミュニティに影響を与え、野球のビジネス、マーケティング、地域社会のあらゆる取り組みに浸透し、社会におけるスポーツの役割を更新し続けています。 MLBネットワークとMLBデジタルプラットフォームの継続的な成功を礎として、MLBは、ファンの皆さまがアメリカの野球とグローバルな試合を楽しむためのより革新的な手法を探し続けています。メジャーリーグの詳細については、www.MLB.comをご覧ください。

MGMリゾーツ・インターナショナルについて
MGMリゾーツ・インターナショナル(NYSE:MGM)は、S&P500®に採用されたグローバル・エンターテインメント企業で、米国内外のホテルやカジノ、最先端のミーティング/コンファレンス=MICEスペース、素晴らしいライブや演劇などのエンターテインメントが楽しめる劇場、 レストラン、ナイトライフ、ショッピングなどといった多種多様な施設を展開しています。 MGMリゾーツは、ラスベガスを彷彿とさせるブランディングを通じ、唯一無二の魅惑的なリゾート体験をご提供します。 MGMリゾーツのポートフォリオには、業界で最も有名なリゾート・ブランドを含む29のユニークなホテルが含まれています。 米国および世界各地で事業を展開しており、2019年にはニューヨークのエンパイアシティ・カジノの事業権を獲得し、2018年にはマサチューセッツ州のMGMスプリングフィールド、マカオのMGMコタイ、上海で初となるベラッジオ・ブランドのホテルをオープンしました。 MGMリゾーツはグローバルで82,000人の従業員を擁し、FORTUNE®マガジンで「世界で最も賞賛される企業」の一つとして評価されています。
企業に関する詳細については、www.mgmresorts.comをご覧ください。

合同会社 日本MGM リゾーツについて
日本MGMリゾーツは、日本の統合型リゾート市場の参入を目指し、MGMリゾーツ・インターナショナルが日本法人として2014年12 月に設立した会社です。2019年1月には関西の拠点となる大阪オフィスを大阪市北区中之島に開設し、両拠点をベースに日本における統合型リゾートの実現を目指して活動しています。

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 合同会社 日本MGMリゾーツ >
  3. 日本MGMリゾーツ、3/20,21に東京ドームで開催される「MGM MLB 開幕戦」のメインスポンサーに