アクセルラボ、「CEATEC 2019」にて、「これからIoTがもたらす暮らし」と、2030年未来の住宅「AIが住人のパートナーになる『未来住宅3.0』」を提案

​株式会社アクセルラボ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小暮学、以下 当社)は、2019年10月15日から10月18日の4日間、千葉県・幕張メッセで開催される「CEATEC 2019」に出展します。
出展エリアは、2030年の未来の「まち」を展開する企画展示「Society5.0 TOWN」となっており、当社が考える、「これからIoTがもたらす暮らし」と、2030年未来の住宅「AIが住人のパートナーになる『未来住宅3.0』」を提案します。


【「CEATEC 2019」展示内容について】
 当社ブースでは、20小間(約200平米)の中に、1LDKの住宅を二つ設置し、IoTがもたらす暮らしと2030年未来の住宅の2つを中心にさまざまなサービス、製品を展示します。

◆アクセルラボが提案する「これからIoTがもたらす暮らし」
 当社が2019年8月より提供している不動産テックプラットフォーム「SpaceCore」で取り扱うIoT製品約20製品を、1LDKの住宅内に設置し、家の玄関、照明、カーテン、家電製品など、さまざまな室内設備がIoT製品で操作できる暮らしを展示します。来場者のみなさまにも操作いただける体験型の展示です。

◆アクセルラボが考える、2030年の未来の住宅「AIが住人のパートナーになる『未来住宅3.0』」
 当社では、親会社の不動産デベロッパー株式会社インヴァランスで日本で初めて分譲したAI搭載マンションに使用されている、スマートホームAI「CASPAR」の事業をおこなっています。
 この「CASPAR」の技術はもちろんのこと、このほかのスマートホームAI技術等も組み合わせ、当社が考える2030年の未来の住宅を「未来住宅3.0」と位置付け、1LDKの住宅にて、デモンストレーションを交え提案します。


このほかにも、SpaceCoreで取り扱うIoT製品約20製品を一斉に展示するスペースやSpaceCoreの不動産会社向け機能をご紹介するスペースなども設置しています。

【当社代表登壇コンファレンスについて】
2019年10月16日、当社代表取締役の小暮学が、コンファレンスにて講演します。

◆ コンファレンス概要
講演日時:2019 年 10 月 16 日(水)13:45〜14:30
講演場所:303
講演タイトル:IoT・AIがつくり出すスマートライフの未来
https://reg.jesa.or.jp/?act=Conferences&func=Detailed&event_id=9&conference_id=705

当社は、今後もテクノロジーと空間の融合の推進し、未来のスマートホーム・スマートライフを創造してまいります。

【CEATEC 2019】
会期:2019年10月15日(火)~10月18日(金)
時間:10:00~17:00
会場:幕張メッセ
エリア:Society 5.0 TOWN
小間番号:D030
公式サイト:http://www.ceatec.com/ja/

【株式会社ACCEL LAB会社概要】
本社 :〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー13階
代表者:代表取締役 小暮 学
設立 :2017年7月
資本金:80,000,000円
TEL  : 03-6674-0338
URL :https://accel-lab.com/jp/
事業 :不動産関連事業者の業務支援サービスの提供、住空間に向けたIoT機器のソフトウェア開発、Webメディア事業
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アクセルラボ >
  3. アクセルラボ、「CEATEC 2019」にて、「これからIoTがもたらす暮らし」と、2030年未来の住宅「AIが住人のパートナーになる『未来住宅3.0』」を提案