東京2020オリンピック・パラリンピックの開閉会式における情報バリアフリー化の提⾔

東京2020オリンピック・パラリンピックを情報バリアフリーに!

2021年7月24日(土)に、NPO法人インフォメーションギャップバスター (所在地:横浜市港北区、理事長:伊藤芳浩) および手話推進議員連盟(代表世話人:永野裕子)は連名にて、内閣総理大臣・総務大臣・内閣官房長官・内閣府特命担当大臣(東京オリンピック・パラリンピック競技大会担当)、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会、東京都、日本放送協会(NHK)、一般社団法人日本民間放送連盟(民放連)に、【東京2020オリンピック・パラリンピックにおける情報バリアフリー化】について、要望書を提出しました。
 東京2020オリンピック・パラリンピックのビジョンの一つは「多様性と調和」であり、「全ての人が、誰一人取り残されることなく尊重される」となっています。これを実現するためには、きこえない・きこえにくい参加者や視聴者を含むすべての人々が共にスポーツの価値を享受できるようにするために、情報提供の面での合理的配慮を実施する必要があります。

 本提言では、東京2020オリンピック・パラリンピックの放映に関して、以下のように訴えています。
 
  • オリンピック・パラリンピックの開閉会式に配置される手話通訳は、すべてのテレビ局にて放映されるよう、最大限の配慮をお願いいたします。

 現在、付与されている字幕情報だけでは、手話を生活のベースとしている者にとっては、正しく把握することができません。また、折角手話通訳を配置しても、テレビが手話通訳者を映さないために、これらの人々が情報にアクセスできないことが東京2020オリンピック開会式において発生しました。

 この状態は、国連の「障害者の権利に関する条約」、障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律、および、「障害者基本法」に照らし合わせると、適切な状態ではありません。

 従いまして、オリンピック・パラリンピックの開閉会式においては、必ず手話通訳や文字通訳(字幕)を設置した上で、マスコミが正しくそれを含めて放映することができるよう、強く要望いたします。

開会式直前の2021年7月22日(木)に一般社団法人 全日本ろうあ連盟から同様の要望を提出済みですが、残念ながら手話通訳が放映されなかったため、当団体からも重ねて本要望を提出いたしました。

【広報担当 伊藤 芳浩のコメント】
 開会式中継の中で日本語の字幕があるので十分じゃないかと思われる方もいらっしゃることでしょう。しかし、日本語では会見の内容を知ることが困難な方がいるため、十分ではありません。 従いまして、字幕だけでなく、手話通訳も合わせて放映することが大切なのです。
また、今回のみならず、すべての者が等しく情報を受け取ることができるようにすることで、共生社会に一歩前進することを心から願っております。

広報担当 伊藤 芳浩

【詳細URL】https://www.infogapbuster.org/?p=4779

【連絡先】
 特定非営利活動法人インフォメーションギャップバスター
 広報担当:伊藤 芳浩
   メールアドレス:itou@infogapbuster.org
 電話番号:050-3605-2972

【団体について】
  特定非営利活動法人インフォメーションギャップバスターは、東京都、神奈川県を中心に全国各地で活動する横浜市港北区の「コミュニケーションバリア」という社会問題の解決をはかる団体です
  1. プレスリリース >
  2. 特定非営利活動法人インフォメーションギャップバスター >
  3. 東京2020オリンピック・パラリンピックの開閉会式における情報バリアフリー化の提⾔