日本初!「空飛ぶクルマ」ベンチャーのテトラが米国での試験飛行許可を取得。空飛ぶクルマ「テトラ3」の機体を初公開!

1人乗りエア・モビリティを開発するテトラ・アビエーション株式会社は、開発中機体に対する米国での試験飛行許可※1を取得。米国内でのデモやテスト飛行が可能になり、商用化実現の目標へいっそう近づきます。

テトラ・アビエーション株式会社はいわゆる空飛ぶクルマにカテゴライズされるeVTOL航空機を開発する日本のスタートアップで、航空機コンペGoFlyへの挑戦を通じ、米国での試験飛行許可を取得しました。許可を得るため米国連邦航空局による設計や安全性のチェック等を受け、商業化に向け実際に飛行させてさらに実証実験を進めていきます。
まずは2年に渡り挑戦しているGoFlyが今月27-29日にありますので、ぜひ日本からも応援よろしくお願いします!
テトラ・アビエーション株式会社は、実機体の米国内でのデモ飛行・テスト飛行を行うため、米国連邦航空局(FAA)との調整を行い、試験飛行許可(特別耐空許可証※2及び飛行許可証※3)を申請し、書類審査や実地検査等を経て、無事承認されました。日本企業としては初の許可取得となります。

 

これにより現在開発中の垂直離着陸航空機teTra Mk-3E(通称「テトラ3」)は実機体での本格飛行運用試験フェーズに移行します。FAAからの一連の許認可はエア・モビリティ開発には欠かせないプロセスであり、航空業界において世界スタンダードとなっています。

teTra Mk-3E teTra Mk-3E


当該許可を受け今月末(2月27日~29日、米国時間)にかけてシリコンバレーにあるNASAエイムズ研究センターにて行われるGoFly世界大会決勝(Final Fly Off)に向けて試験飛行を開始し、GoFly世界大会決勝でも飛行することができます。また今回取得した許認可に基づき、世界大会終了後も、商業運用に向けた開発と試験を継続していきます。


テトラ3はGoFlyコンテストに参加していた経緯から、現在に至るまでデザイン概要のみ公開を行い、詳細な仕様を対外公表していませんでした。 

これからは日本発のベンチャー企業として、航空機の安全性や運用手順に関する書類審査や実地検査を通過した技術・ノウハウを日本の産業界に対して広く還元することにより、日本の航空産業にも貢献をしていけると考えています。

 


テトラはこの航空機の開発を通じて、人が安全に、そして自由に空中を移動する社会を実現します。単に利便性を向上させるだけでなく、人と技術と産業が活発に交流する新しいまちづくりに貢献します。
 

 

※1
FAA(Federal Aviation Administration、米国連邦航空局)からSpecial AC(Special Airworthiness Certificate、特別耐空証明)およびCOA (Certificate of Waiver or Authorization、飛行許可証) を取得。

※2
特別耐空許可証Special ACは、研究開発用航空機等を米国空域で飛行させることに対する認可です。対象となる航空機の安全性や運用手順等を示す各種書類や申請書の提出、ならびにFAAによる実地検査を経て、付与されます。

※3
飛行許可証COAは、米国空域で無人航空機を運用する際に必要となる認可です。運用対象となる無人航空機とその運用計画をFAAに提出し、FAAの審査を経て、認可が付与されます。テトラは米国カリフォルニア州のHalf Moon Bay空港およびMoffett Federal AirfieldにおけるCOAを申請し、承認されました。

テトラ(teTra)と「GoFly」について

テトラ(teTra)とは、東京⼤学⼤学工学部博⼠課程に在籍する中井 佑(なかい たすく)が東大の支援を得て起業したベンチャー企業「テトラ・アビエーション株式会社」が発起人となり、新たな価値観でつながる専門家・エンジニアが40人以上集まって結成された⽇本発プロジェクトチームです。現在、米ボーイング社が後援する賞金総額2億円超の空飛ぶクルマの世界大会「GoFly(ゴーフライ)」に日本から唯一参戦しています。

「GoFly」は⽶国ボーイングが後援する賞⾦総額2百万ドル(約2億円)の1⼈乗りエア・モビリティの開発コンテストで、2017年9⽉からエントリーが開始され、これまでに103か国855チームが参加してきました。その中から選ばれた24チームによる「GoFly」の最終⾶⾏審査が2020年2⽉27⽇から29⽇にかけてアメリカのNASAエイムズ研究宇宙センター内のMoffet Federal Airfieldで開催されます。

テトラ(teTra)は2018年6月の第1次審査にてアジア勢で唯一の世界トップ10に選出されました。その後2019年3月に第2次審査を通過し、この度最終飛行審査出場が決定いたしました。当日は各チームが開発した航空機を実際に飛行させて優勝を争います。

2月27日から29日の「GoFly Final Fly Off」の模様は主催者から動画の配信が行われる予定です。ぜひ応援してください!

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
テトラ・アビエーション株式会社 広報担当:新井
メールアドレス:mail-PR@tetra-aviation.com



イベントスケジュールや他のチーム情報などはGoFly公式サイトをご覧ください。
https://goflyprize.com/final-fly-off/

 「teTra」は新たな価値観で繋がった精鋭集団と、それを応援してくれる様々な人々のコミュニティーを含む、プロジェクトチームです。「teTra」のプロジェクトを応援していただけるメンバー、スポンサーを随時募集しています!
お気軽にご連絡ください。
https://www.tetra-aviation.com/
Twitter: @teTra_aviation

(※)GoFlyに関するお問い合わせはGoFly事務局までご連絡ください。
https://goflyprize.com/

(※)テトラに関するビジネス・法人のお問い合わせはテトラ・アビエーション株式会社までご連絡ください。
https://www.tetra-aviation.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. テトラ・アビエーション株式会社 >
  3. 日本初!「空飛ぶクルマ」ベンチャーのテトラが米国での試験飛行許可を取得。空飛ぶクルマ「テトラ3」の機体を初公開!