10月は食品ロス削減月間!!無人島で、TVで話題のクリエイティブクッキングバトルを開催!

2019年10月12日(土)~13日(日) 大自然のなかで、新たなクリエイティブクッキングバトルを開催!また一味違った楽しさを体験してみよう

Kai Today合同会社(所在地:東京都墨田区/CEO:髙梨 美佳)は、無人島で実施するクリエイティブキャンプ “BACK TO BASIC CREATIVE CAMP iN MUJiNTO JiNOSHiMA” で、クリエイティブクッキングバトル実行委員会が提供するパイロットモデル、クリエイティブクッキングバトルを実施します。

 

テレビで話題のあのイベント、クリエイティブクッキングバトルを無人島Versionで開催します!クリエイティブクッキングバトルは、チームを組んで、残り食材を工夫してクリエイティブな料理を生み出す料理対決です。
 

都内で行われたクリエイティブクッキングバトルの様子都内で行われたクリエイティブクッキングバトルの様子

 

今回は、無人島を舞台に、限られた水や、食材を無駄なく調理する対決を行います。また、火、食器なども、無人島にある自然や限られた資源などを使用する企画となっています。通常のクリエイティブクッキングバトルよりさらに条件が制限された環境での調理からは、普段では思いつかないような想像力が発揮され、奇抜な食が創造されるかもしれません。

 

 

ゆるやかな時が流れる無人島「地ノ島」 夏は親子が賑わう海水浴場としても人気で、和歌山一透明度の高い海としても有名ゆるやかな時が流れる無人島「地ノ島」 夏は親子が賑わう海水浴場としても人気で、和歌山一透明度の高い海としても有名

《日程》

2019年10月12日(土)〜13日(日)
2019年10月12日(土)午前10時半 現地集合
2019年10月13日(日)正午12時 現地解散
※一泊二日のキャンプですが、ご希望により日帰りオプションもございます

 

《場所》
和歌山県有田市「地ノ島」

《アクセス・交通情報》
天王寺(大阪)より電車で約1時間30分。羽田(東京)より空港・電車経由で約3時間。
和歌山県「初島駅」から、漁港(初島渡船企業組合事務所)まで徒歩7分。無人島は漁港からわずか7分。

《参加費》
親子(大人1名子供1名)  ¥19,800 (子供は小学校1〜6年生)
大人(1名)  ¥15,500〜
学生(1名)  ¥12,500〜
子供(1名)  ¥8,800〜(小学校1〜6年生)
※オプション追加ご希望の場合、追加料金がかかります
※現地までの交通費や渡船代は各自にてご手配お願いいたします

料金詳細はPeatixよりご確認お願いします。
【お申し込みはこちらから▼】

https://creativecamp0.peatix.com

参加お申し込みは定員になり次第締め切らせていただきます。参加ご希望の方はお早めのお申し込みをおすすめいたします。

《対象》
●学生、社会人、親子
※小学生3年生未満のお子様は、コンテンツの中でできる活動が制限されることがあります
※満18歳未満の方は保護者同伴の参加が必要です

《こんな人にきてほしい》
・クリエイティブなことがしたい
・何かを作ることが好き
・普段は得られない非日常生活を体験してみたい
・食が好き
・映像が好き
・世代にとらわれずいろんな人と交流したい
・綺麗な海を見たい
・フードロス、環境問題について知りたい、考えたい
・自然やサステナビリティに興味がある
上記一つでも当てはまる方は大歓迎です。

獲れたての魚と和歌山県産みかん獲れたての魚と和歌山県産みかん

“クリエイティブクッキングバトル” とは

残り食材を工夫して自由に料理する能力に焦点を当てた、エンターテインメント型フードロス解消イベントです。使える食材、調理の時間も制限されるからこそ、考える。チームの仲間と協力して、競い合うことでワクワクが増していきます。
【クリエイティブクッキングバトル公式HP】https://ccb.kitchen/

“BACK TO BASIC CREATIVE CAMP” とは

BACK TO BASICは、情報やもの、人で溢れた現代社会から離れ、生命・自然の資源で生きていた「大自然」だけの社会に戻り、人間本来が持つ「想像・創造」力を取り戻す体験をする2日間にわたるキャンプです。生命と大自然と人だけを介し、他には「何もない」社会に戻って0ゼロから自分の生活に必要なものを創り出していく体験ができます。自治体、教育関係各所方々のサポートもとキャンプに含まれるコンテンツのなかには子ども向けの教育的要素も組み込んでおり、大人も子供も参加いただける仕組みとなっています。

 

無人島という舞台で、五感を研ぎ澄ます6つのクリエイティブ体験ができます無人島という舞台で、五感を研ぎ澄ます6つのクリエイティブ体験ができます

【詳細・お申し込み】

https://creativecamp0.peatix.com

《キャンプ手配・コーディネート》

無人島プロジェクト(株式会社ジョブライブ)

《アドバイザー》
和歌山大学大学院 教育学研究科教職開発専攻 豊田 充崇教授
大阪教育大学附属平野小学校主幹教諭 岩﨑 千佳氏
クリエイティブクッキングバトル実行委員会 (https://ccb.kitchen/

《後援》
有田市
有田市教育委員会

《協力》


《主催》

Kai Today 合同会社 

〜Kai Today 合同会社は、SDGs クリエイティブアワードの公式パートナーです。〜
【公式HP】http://kaitoday.jp

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kai Today >
  3. 10月は食品ロス削減月間!!無人島で、TVで話題のクリエイティブクッキングバトルを開催!