マスクブランド「マスクミー」が、クラウドファウンディングにて達成率2000%、支援者1000人を超えた。本当に涼しいマスクを1日も早く届けたい!真夏用マスクプロジェクトを開催中!

デザイナー × 職人さん達 が共同開発。熱がこもりにくいことに取り組んだ「真夏用マスク」 SUMMER MASKme/サマー・マスクミー。この夏の涼しいマスクの決定版 を目指している。

有限会社マルニャ物産(本社:東京都目黑区)は、同社が展開するマスクブランドMASKme(マスクミー)より、真夏用マ スク「SUMMER MASKme/サマー・マスクミー」をクラウドファウンディングで、8月10日18時まで開催している。「期待しています」「こんなマスク探していました」など多くのコメントが寄せられており、終了後10日間で支援者へお届けすることを目指し、暑さの中、職人さん達は忙しく動いている。

どんな洋服にも合わせやすい3色展開どんな洋服にも合わせやすい3色展開

MASKme(マスクミー)は「付けることがストレスにならずに気持ちを明るくする、着けたくなるようなマスク 」を提案しているマスクブランドである。コロナの影響で縫製工場への仕事が止まってしまっていたのをきっかけにマスクをつくりはじめ、今では洋服に携わる多くの職人さん達に、仕事を依頼出来るようになった。

既にに発売済みのマスクミーはカジュアル向け。カラフルな色使いで少しでも気持ちをあげるようにとつくられた。既にに発売済みのマスクミーはカジュアル向け。カラフルな色使いで少しでも気持ちをあげるようにとつくられた。



そして、今回のクラウドファウンディングでは「ものづくりに関わる職人さん達」と一緒にプロジェクトを立ち上げた。今までの夏用マスクに、吸湿速乾などさらに機能を加えたことと、ビジネスでも使用でき、より幅広い層に受け入れられるデザインに取り組んだ。この夏の、外周り営業のサラリーマンや、マスクによる障害を少しでもなくし「より多くの方が心地よく過ごせる夏」をテーマに、未成年からお年寄りまでが愛用できるデザインになっている。

今回の製品は、ビジネスでも使えるデザインになっている。今回の製品は、ビジネスでも使えるデザインになっている。

 

 

張りのある形が特徴だ。張りのある形が特徴だ。

 


また、「サマーマスク プロジェクト」というプロジェクトでもあり、マスク1つでも、生地屋さん、裁断屋さん、縫製職人さん、仕上げ屋さんなど多くの職人さんの仕事を生み出すことができる。アパレルショップの閉店が続き、業界に襲う不況の打開策にもなり、世の中の夏のマスクの不快さを少しでも無くせるプロジェクトとなる。達成率すでに2000%を超えて、支援者も10日間で1000人以上になった。​「期待しています」「こんなマスク探してた!」「今までいいマスクに出会えなかったけど、これは楽しみ」など、多くの応援メッセージが集まり、今までのマスクへの不満の声も集まっている。

多く職人さん達にも関わってもらっているのが、このプロジェクトの特徴だ。多く職人さん達にも関わってもらっているのが、このプロジェクトの特徴だ。



本来は悪いものをブロックする、ネガティブなイメージのマスクだが、「MASKme/マスクミー」は、つけなければいけないものなら、少しでも楽しめるものに出来ないか?という逆転の発想から生まれた。
何歳になってもオシャレは楽しいもの。どうせ付けるものなら、オシャレするように、楽しんで着けるものにしたい。これからは気分が落ち込むことで、体調を崩さないように自分をケアする必要を感じている。特に高齢者の方は、もちろん注意は必要だが、必要以上に深刻にならずにこの夏を少しでも快適に過ごしてしてほしいと考える。
「MASKme/マスクミー」のスローガン「マスクでオシャレして、気分をあげましょう」には、そんなメッセージが込められている。目黒のお店には、共感するお客様が、日々新作のマスクを求めに訪ねてきている。

お店のお客様との1枚。洋服に合わせてマスクも合わせる。左はプロジェクト発起人でデザイナーのヤマモト タケシ。お店のお客様との1枚。洋服に合わせてマスクも合わせる。左はプロジェクト発起人でデザイナーのヤマモト タケシ。

 

 

 


オシャレして気分を整える動きは、他の産業にも広がっている。東京、恵比寿にある美容室「agee/アージュ」 では、早くも「MASKme/マスクミー」をスタッフで着用し、来店するお客様にもオススメしている。対面サービスながら、口を覆うことで表情が見えない不安を取り除けないかと、スタッフみんなで笑顔を意味するマスクミー・ポーズを考えた。こんな時だからこそ、身なりを整えてオシャレをして、気持ちを落ち着かせることを提案している。

恵比寿にある美容室agreeでは「マスカツ!」開催中。お客様との距離が近い接客業だからこそ、お客様の不安がなくなる対応を早くも考え取り入れている。マスクミーポーズで集合写真。恵比寿にある美容室agreeでは「マスカツ!」開催中。お客様との距離が近い接客業だからこそ、お客様の不安がなくなる対応を早くも考え取り入れている。マスクミーポーズで集合写真。


今、プロジェクトを通して涼しいマスクの探し方も伝えている。「冷たい」「ひんやり」「アイス」という言葉を使ったものが多いが、涼しいと感じるためには、生地の冷たさよりも、マスク内の熱い呼気の抜ける通気性が大切。「涼しいマスクを探している人は、生地の冷たさより、風通しの良さに注目しているマスクを探してください」と唱える。

 

工場の均一なライン生産も悪くないが、日本の職人さんが作るマスクは、どこか温かみが感じられるのが特徴だ。工場の均一なライン生産も悪くないが、日本の職人さんが作るマスクは、どこか温かみが感じられるのが特徴だ。




「MASKme/マスクミー」は、空気のこもらない構造を服作りの熟練のプロと開発。構造と素材を生地屋さんと開発して、後に職人さんと縫製や仕様を検証しながら完成させた。目の荒さとパターンの違う2種類のメッシュ素材を表裏で使い、間に抗菌フィルターを入れることで、マスクとしての役割も持ちながらも、空気の層を溜めない構造を開発した。​使用している素材も、吸汗速乾、高吸放湿性、抗菌・抗ウイルスと多機能である。



お届けは8月末を予定しているが、支援者に1日でも早く届けたい!少しでも多くの職人さんにお仕事を作り、元気に働く姿を作っていきたい!職人さんにお知り合いを紹介していただき、今、全国の職人さんを繋ぐネットワークが出来つつある。終了後10日間で支援者へお届けすることを目指し、暑さの中、職人さん達は忙しくミシンを踏んでいる。
いま、この状況を少しでも快適に過ごせるよう、色々な業種が動き始めている。まだまだ続く日本製マスク需要。世の中の需要に答え、社会的な課題に真剣に取り組むことで、アパレル産業のこれからのスタンダードになれるか?





■    製品情報
商品名:SUMMER MASKme(サマー・マスクミー)
・メーカー:有限会社マルニャ物産
・価格:1枚セット 3,344円(税込)超早割5%引マスク1枚+交換フィルター2枚)
・製造国:日本



【販売情報】

SUMMER MASKme(サマー・マスクミー)
https://www.makuake.com/project/analoglighting/

MASKme(マスクミー)
https://www.analoglighting.shop/



【商品とイベントに関するお客様からのお問い合わせ先】
有限会社マルニャ物産
http://www.analoglighting.com/
Tel  : 03-3710-2990
E-Mail: info@analoglighting.com

 

 

 

 

 

  1. プレスリリース >
  2. 有限会社 マルニャ物産 >
  3. マスクブランド「マスクミー」が、クラウドファウンディングにて達成率2000%、支援者1000人を超えた。本当に涼しいマスクを1日も早く届けたい!真夏用マスクプロジェクトを開催中!