Uber Japan株式会社とパートーナーシップ締結のお知らせ

特定非営利活動法人 green bird(東京都渋谷区、理事長 福田 圭祐)はUber Japan株式会社(東京都渋谷区)とパートナーシップを締結し、安心で安全なまちづくりを目指します。


ヒトやモノの移動をテクノロジーで支えるUberが手掛ける手掛けるフードデリバリーサービス「Uber Eats」。今年9月にはUber Eatsのリソースを活用した「安心で安全なシブヤのまちづくり」の解決策を考える、学生限定のフューチャーセッションを開催。未来を担う学生たちが参加し、渋谷区議会議員、渋谷区内の飲食店、渋谷警察署、シブヤ経済新聞などシブヤに関わる様々なステークフォルダーのノウハウをもとに、アイディアを生み出し、企画を考えました。


<イベントの様子>

 

green birdはUber Japanと協働し、シブヤで住む人、働く人、学ぶ人、遊ぶ人など様々な人を巻き込みながら、「シブヤの街づくり」をテーマに取り組んでまいります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 認定NPO法人 グリーンバード >
  3. Uber Japan株式会社とパートーナーシップ締結のお知らせ