プログラミング対応 小型無人車両の販売を開始

小型無人車両の販売を開始いたしました。

株式会社イーエムアイ・ラボ(〒399-0211 長野県諏訪郡富士見町富士見3785-3 富士見 森のオフィス、以下EMI-LAB)は、小型の無人車両の販売を開始いたしました。

国産の多目的無人ロボットの開発と販売を手がけるEMI-LABでは、小型無人車両の販売を開始しました。この小型無人車両は、プログラミングあるいはAIの教材として活用して頂けます。大きさは全長400mm×幅300mmとなっており、各種センサーやカメラなどが搭載可能です。
また、駆動力も高いため、水道管の点検用のベース機材、有害鳥獣の追い払い機材などにも活用は可能です。EMI-LABでは組み立てパーツでの販売のほか、完成品での販売、各種センサーなどを搭載したオリジナル機の開発販売の対応も可能となっております。販売価格につきましては、弊社までお問合せください。

EMI-LABでは若手エンジニア及びキッズ向けの組み立てワークショップやプログラミング講習なども今秋より開始して参ります。本年度は長野県内において実施する予定です。プレ体験として10月25日、26日において長野県長野市ビックハットにて開催される産業フェア展において仕事で活躍する無人ロボットの操作体験、プログラム体験をして頂くブースを準備しております。エンジニアの方、今後エンジニアを目指している方、子供に無人ロボットやプログラミング体験をさせたい方、参加無料のイベントとなっておりますので、ご来場お待ちしております。

 

 

 

 


【本件に関するお問合せ先】
  株式会社イーエムアイ・ラボ
  メールアドレス:info@emi-lab.jp
  HP: https://emi-lab.jp
  担当:営業推進グループ 春日
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. EMI-LAB >
  3. プログラミング対応 小型無人車両の販売を開始