楽天メディカル社、取締役にデイビッド・チャオ、百野 研太郎を任命、経営幹部にも新CFOとゼネラルカウンシルを迎え、経営基盤をさらに強化

 イルミノックスTMとよばれる、がん細胞に対し選択性に優れた治療法のプラットフォームの開発を進める楽天メディカル社(本社:米国 カリフォルニア州 サンマテオ、会長兼最高経営責任者:三木谷 浩史)は、ベンチャーキャピタルであるDCMの共同創業者兼ゼネラルパートナーであるデイビッド・チャオ、楽天株式会社の副社長執行役員COO(Chief Operating Officer)である百野 研太郎を取締役に任命しました。また、Rakuten USA, Inc.のブレントン・キースをCFO(Chief Financial Officer)に、そしてダナ・ジョンソンをゼネラルカウンシルに迎えています。
 楽天メディカル社の会長兼最高経営責任者である三木谷 浩史は次のように述べています。「1億米国ドルの追加出資受け入れに続き、当社の取締役および経営陣に素晴らしい人材を迎えられたことを非常に喜ばしく思います。現在、研究開発から販売体制の拡大に向け、各分野における専門家を結集させています。がん克服を目指し、世界中の患者さんに新しいがん治療法の選択肢を届けるために、強固な経営基盤を築いていきます」

楽天メディカル社 取締役: デイビッド・チャオ
 デイビッド・チャオは、米国「フォーブス(Forbes)」誌で過去15年にわたり最優秀ベンチャーキャピタリストとして名を連ね、2016年には同誌の最も影響力のあるベンチャー投資家として殿堂入りしました。デイビッド・チャオは40億ドル以上を運用するベンチャーキャピタルであるDCMの共同創立者兼ゼネラルパートナーであり、同時に、中国・51job の会長、The Thacher Schoolの理事、Legend Capitalにてアドバイザリーボードも務めています。さらに、ベンチャーキャピタルを通じて、Sling Media、SoFi、Musical.ly(現TikTok)、Bill.com、51job、Limeといった企業へ投資しています。

楽天メディカル社 取締役: 百野 研太郎
 百野 研太郎は、日本発のインターネット・サービス企業である楽天株式会社の副社長執行役員であり、2016年からはCOO(Chief Operating Officer)も務めています。また、企業戦略、人事、広報などを横断的に統括するグループカンパニーディビジョンのシニアディレクターとしても従事してきました。楽天では、Eコマースやデジタルコンテンツ分野におけるグループ戦略およびグローバル展開などで重要な役割を担い、米国、欧州、アジアの各地域において地域本社を設立しました。
 楽天に入社する以前は、トヨタ自動車株式会社において17年にわたり日本、米国、欧州を含む10カ国以上で、同社のグローバル展開、海外事業、オペレーションコンサルティングプロジェクトなどを担当し、その手腕を発揮しています。

楽天メディカル社  CFO: ブレントン・キース
 ブレントン・キースは、公認会計士として20年にわたる財務経歴の中で得た豊富な知識を生かし、当社のCFOを務めます。世界四大会計事務所である、KPMGやプライスウォーターハウスクーパース(PwC)でM&Aやファイナンス担当としてキャリアを築いてきました。
 Rakuten USA, Inc.在職中には米国で、Eコマースにおけるマーケットプレイス事業のひとつである “Rakuten Commerce”にて財務部門の責任者を務めたほか、Mergers & Acquisitions Integration担当のバイス・プレジデントとして、M&A後の統合プロセスを実施するチームを率い、ファイナンスの高い専門性とリーダーシップを発揮しました。

楽天メディカル社 ゼネラルカウンシル :  ダナ・ジョンソン
 ダナ・ジョンソンは、ライフサイエンス分野で豊富な経験を持った弁護士で、当社のゼネラルカウンシルを務めます。15年以上にわたり、製薬業界および医療機器業界のクライアントの社内外における法務担当を務め、バイオテクノロジー企業においてリーダーシップを発揮し、直近ではGritstone Oncology社で活躍しました。専門分野はグローバル開発科学、ライセンス・パートナーシップ戦略、知的財産グローバルポートフォリオ管理、新規株式公開、企業および医療コンプライアンス、訴訟と多岐にわたります。

楽天メディカル社について
楽天メディカル社(本社:米国カリフォルニア州 サンマテオ)は、イルミノックスとよばれる、がん細胞に対し選択性に優れた治療法のプラットフォームを開発しているバイオテクノロジー企業です。私たちは、がんを克服するというミッションのため、治療法の研究開発から世界中のがん患者さんへ治療法を届けるまでを一貫して実現することを目指しています。現在約220名の社員を擁し、米国本社に加え、日本、ドイツ、オランダ、台湾と、世界5カ国に8拠点を構えております。なお楽天メディカルジャパン株式会社は、楽天メディカルの日本法人です。

楽天メディカルのイルミノックスTMについて
イルミノックスとは、楽天メディカル社が開発する特定の細胞に選択的に光感受性物質を運び、光を照射することにより細胞を壊死させる治療技術であり、このプラットフォーム(技術基盤)の名称です。これには、医薬品、医療機器、医療技術、その他周辺技術が含まれます。
イルミノックスは、米国国立衛生研究所(NIH)で開発され、実用化のために楽天メディカルに独占的にライセンスされた光免疫療法治療に基づき開発されました。

フォワード・ルッキング・ステートメント(将来予想に関する記述)
このプレスリリースに含まれる表現は、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)セーフ・ハーバー条項にある将来の見通しに関する声明に相当します。同声明は、様々なリスクや不確定要素、仮定を含むため、楽天メディカル社の事業計画および結果は、本声明で想定された結果や公開された予想と異なる場合があります。「将来の見通し」に関する声明では、ASP-1929のような当社製品に関連するサービスの商業化、その他の規制、販売承認の取り組みに関する情報を含みます。製品の販売承認や商業的成功は、達成されない場合もあります。将来の見通しに関する表明は、潜在的な利益、ASP-1929の有効性と安全性、薬事申請状況を示します。このような声明では、「予期する」、「信じる」、「希望する」、「推定する」、「見通す」、「期待する」、「意図する」、「可能性のある」、「場合がある」、「提案する」、「計画する」、「戦略を立てる」、「するであろう」、「する」などの表現が使われ、いずれも現在の当社の信念に基づいて用いられます。さらに、このプレスリリースでは治験データに関する意見を述べる上で、「重要な」、「注目すべき」、「異常な」というような表現が使用されます。継続的である治験研究は、様々なリスクや不確定要素を含み、特にASP-1929製造段階での問題、安全性に関わる有害事象の発生、治療効果が見込めない状況など、合理的なもの、不合理的なものを含め様々なリスク、不確定要素に左右されることがあります。そのため、規制当局による承認やASP-1929の商業化の不確定要素を含め、実際の結果が公開された情報と異なる場合があります。当社は、準拠法で義務付けられた範囲を除き、新しい情報が得られたかどうか、将来何らかの展開または出来事が生じたかどうか、仮定に変化が見られたかどうか、将来予想に関する記述に影響する要因に変化があったかどうか、もしくはその他の理由の如何によらず、将来予想に関する本記述あるいは、他の記述を公式に改定する義務を負いません。当社が1つ以上の将来予想に関する記述を改定する場合も、その改定が、あるいはその他の将来予想に関する記述が、さらに改定されると推論すべきではありません。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 楽天メディカルジャパン株式会社 >
  3. 楽天メディカル社、取締役にデイビッド・チャオ、百野 研太郎を任命、経営幹部にも新CFOとゼネラルカウンシルを迎え、経営基盤をさらに強化