AI が人間の「合図(身体動作)」を察知、安心安全な都市実現を目指すジェスチャーコントロールエンジン「UT-AIZ™」開発

サービスモデル第1 弾、UT-AIZ 搭載ドアをスマートビルディングEXPO に出展(2021 年12 月6 ~ 8 日/東京ビッグサイト)

株式会社日建設計総合研究所(代表取締役:朝倉博樹、以下「NSRI」)及び株式会社シーエーシー(代表取締役社長:西森良太、以下「CAC」)は、ユーザーの合図や動作を感知して機器や装置をコントロールするジェスチャーコントロールエンジン「UT-AIZ™(ユーティーアイズ)」※1を開発しました。本エンジンを搭載したサービスモデル第1弾として、手動扉に「UT-AIZ™」を応用した「アシスト・スイング UT-AIZ」のコンセプトモデルを2021年12月6日~8日のスマートビルディングEXPOに出展します。
NSRIを含む日建グループは「社会環境デザインの先端を拓く専門家集団」として、生活者誰しもにとって安心安全な都市・建築を社会に提供することを使命としています。現代の都市では深刻さを増す自然災害への対応をはじめ、人間による無差別傷害事件、子どもなど弱者を狙った犯罪、人口密集ゆえの感染症パンデミックなど、安心安全を実現するために解決すべき多様な課題が存在します。

画一的なアプローチでカバーしきれないこうした課題に対し、NSRIでは都市に生活する人間が発する「合図(身体動作、ふるまい)」に着目しました。急速に発展するAIテクノロジーと人間の「合図」を組み合わせ、都市で発生する課題へ柔軟に対処できる仕組みづくりの推進として、今回開発したのが「UT-AIZ™」(特許出願済)※2です。

「UT-AIZ™」は人間の身体動作をAIが認識し、IoT機器・装置の駆動につなげるシステムです。身振り手振りはもちろん、口の動きや人間が発するSOSの合図なども読み取ることで、多様な都市課題への柔軟な対処を可能にします。今回は「UT-AIZ™」のサービスモデル第1弾として、「ジェスチャーと顔認証にフォーカスし、あらゆる人が快適・安全にドアを開けること」※2を可能にする  「アシスト・スイング UT-AIZ」のコンセプトモデルをスマートビルディングEXPOに出展します。NSRIでは今後、都市の様々な場面に「UT-AIZ™」を応用し、未来の都市に安心と安全をもたらすことを目指します。

[「UT-AIZ™」の仕組み]

※1:「UT-AIZ」はNSRIとCACの登録商標(共同出願中)
※2:NSRIとCACで特許出願済


「UT-AIZ™」概要
「UT-AIZ™」は、AIが人間の身体動作を認識して電気信号を送ることで、IoT機器・装置の駆動につなげるジェスチャーコントロールエンジンで、利用者は最適な状況・方法で機器・装置を操作できます。建築建具や照明器具、空調設備、昇降機設備をはじめ、サイネージやナースコール(病院施設)、外装部材など、都市を構築する様々な要素への応用・導入が可能です。すべての人が「合図」を通じ、自らの意思で都市とコミュニケーションすることで安全な都市をつくると共に、これまで意思を十分に伝えられなかった方もサポートし、誰もが安心して都市を楽しむスマートシティ社会の実現に寄与します。

WEBサイト : https://www.nikken-ri.com/idea/inv/utaiz.html

[UT-AIZの利用イメージ]


「UT-AIZ™」誕生の経緯
NSRIの「Universal Through(ユニバーサル・スルー)」※3とCACの「HCTech(ヒューマン・センタード・テクノロジー)」※4が結びつき、「UT-AIZ™」が誕生しました。

※3:Universal Through(ユニバーサル・スルー)™:日建設計総合研究所のアーバンアクセスコンセプト。誰もが分け隔てなく、スマートに空間移動・活動を行える未来都市の提供を目指しています。弱者はもちろんのこと、人々の微細なウィークポイントを補完、人々の特徴を増強し、より自分らしく、安心かつ安全な都市生活の実現を目指します。
※4:HCTech®:「人を察し、人を活かし、人を健やかにする」人間中心の技術活用であり、DX時代に向けたCACのソリューションコンセプトです。人およびその周辺環境をAIやIoTなどデジタル技術で検知・分析することであらゆるものがUIとなり、人が自動的に価値を受け取れる未来を創ります。 https://service.cac.co.jp/hctech/top


「UT-AIZ™」の応用範囲
例えば「身の危険や体調不良を合図で知らせる」「口の動きの頻度と数から空調をコントロールする(感染対策)」「災害などの有事に地区内の人間の合図をつなげて避難指示に活用する」「転倒など日常災害へ早期対処する」など、安心安全な都市実現に向けて多くの領域への応用を目指しています。

 

[身の危険を合図で知らせる]

[体調不良を合図で知らせる] / ​[合図で空調をコントロール]

[災害などの有事に地区内の人間の合図をつなげて避難指示に活用する] / [浴室トラブルなど日常災害の兆候を察知]


「アシスト・スイング UT-AIZ」概要

「アシスト・スイング UT-AIZ」は、NSRI、CACおよびゴールドマン株式会社(代表取締役社長:武藤健太郎)が開発したジェスチャーと顔認証で扉を開閉するシステムで、「UT-AIZ™」のサービスモデル第一弾です。
人にあわせて何通りもの開き方を選択できるため、障がいを持つ方や要介護者、両手で荷物を持つ方などこれまでドアを開けにくかった方でも快適な通行を可能にします。セキュリティ機能を確保する顔認証技術も実装し、カードキーやスマホ等を用いることなく安全かつ非接触での入室も実現します。用途は公共施設や商業施設をはじめ、病院施設、福祉施設、ホテルと幅広く、オーナーの要望に合わせて機能や合図のカスタマイズができます。

WEBサイト : https://www.nikken-ri.com/idea/inv/asutaiz.html
 

 

[コンセプト動画(ドアへの応用編/NSRI)]
 

 

[アシスト・スイング解説動画(GOLDMAN INC.)]

 


スマートビルディングEXPO概要

主催 : RX Japan 株式会社
日時 : 2021年12月6日(月)~8日(水) 10:00~18:00 (最終日のみ17:00終了)
会場 : 東京ビッグサイト 西展示棟

※期間中、現地会場にて「UT-AIZ™」および「アシスト・スイング UT-AIZ」の報道関係者様ご取材を承ります。ご希望の際は、①貴社名 ②貴媒体名 ③ご芳名 ④メールアドレス ⑤携帯電話番号 ⑥ご取材希望日時を下記問い合わせ先までお知らせください。

NSRIについて
日建設計総合研究所(NSRI)は、建築と都市のライフスタイル全般にかけて調査・企画・コンサルティング業務を提供するシンクタンクです。都市デザインと建築環境に関するエンジニアリングの融合を目指し2006年に創業して以来、一貫して持続可能な建築・まちづくりの実現のためにビジョンや戦略、技術提案をおこなってきました。今後も「社会環境デザイン」を掲げる日建グループの一員として、顕在的・潜在的な社会課題の解決を図ります。

CACについて
株式会社シーエーシー(CAC)は、1966年創業の独立系システム・インテグレータです。デジタルテクノロジーを用いて、顧客や社会の将来に良い影響を与える、価値あるサービスと製品を提供し、デジタルイノベーションに貢献します。

Goldmanについて
ゴールドマン株式会社は、ドア周辺機器おける「安心・安全性と利便性」に関して、International Building Code(国際建築基準法)に沿った製品を提供しています。用途は、オフィス、病院、学校、ホテル、公共施設等と多岐に渡ります。「アシスト・スイング」(スイング式の自動ドア)はその代表格で、米国の「A.D.A.法」障害者法の規定に準拠しています。公平でやさしく安全で、差別のない環境作りが当社の使命です。
 

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社日建設計総合研究所 >
  3. AI が人間の「合図(身体動作)」を察知、安心安全な都市実現を目指すジェスチャーコントロールエンジン「UT-AIZ™」開発