「ツクイ×横浜F・マリノス」コラボデザインのオリジナルマスクケースを製作

― 「70,000枚」 を全国のツクイの従業員、お取引先等へ配布 ―

株式会社ツクイ(本社︓神奈川県横浜市、代表取締役社長 髙橋靖宏、以下「ツクイ」)は、オフィシャルパートナー契約を締結しているJリーグ所属のプロサッカークラブ、横浜F・マリノス(所在:神奈川県横浜市、代表取締役社長 黒澤良二)の「クラブに携わる全ての方々と共に乗り越える」 という思いが込められたプロジェクト「STAY STRONG TOGETHER」に賛同し、ツクイと横浜F・マリノスのコラボデザインのマスクケース70,000枚を製作し、ツクイの従業員、お取引先等へ配布を行うことになりましたのでお知らせいたします。
 

 


  • 配布の概要
・オリジナルマスクケース 70,000枚。
・全国のツクイの従業員、お取引先等へ無料で配布します。
  • STAY STRONG TOGETHERプロジェクトとは
世界が直面する厳しい状況のなか、横浜F・マリノスがクラブに携わる全ての方々と共に乗り越える思いを込めて始動したプロジェクトです。
チャリティーグッズの販売、選手からのメッセージやオンライントークショー、マリノスサッカースクール「まりとれ」の動画配信や塗り絵のダウンロード等、様々な取り組みを行なっています。
STAY STRONG TOGETHERスペシャルサイト
https://www.f-marinos.com/staystrongtogether/

【参考:認知症”、“障がい者スポーツ”をテーマに横浜F・マリノスとパートナーシップ活動
▮ 認知症予防での連携
「地域に根ざしたスポーツ振興による豊かな社会づくり」を目指す「ふれあいサッカープロジェクト」のパートナーとして、
F・マリノスの専属コーチが展開する「ふれあい活動」を支援するとともに「認知症予防プログラム」を共同実施。
▮ 認知症サポーターへの理解促進
オレンジリングの理解促進活動の一環として「親子3世代サッカー教室」を開催。
▮ 障がい者スポーツの支援
F・マリノスが取り組むInclusive Football(障がいの有無に関わらずサッカーを楽しめる世界)の重要な2つの
取り組み、知的障がい者サッカーチーム「横浜F・マリノス フトゥーロ」、および電動車椅子サッカー大会を支援。

以 上
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ツクイホールディングス >
  3. 「ツクイ×横浜F・マリノス」コラボデザインのオリジナルマスクケースを製作