Trusted社が日本初のオープンイノベーションの進め方をシステム化したワークショップ型アセスメント「Innovation Planner」を開発・提供をスタート

​Innovation Plannerとは
Trusted社が開発した以下に示すオープンイノベーションプロセスのサクセスファクターをベースに、オープンイノベーションプロジェクトの現状をワークショップとインタビューで確認していくことにより、実施プロセスの中での課題と取るべきアクションについて明確にすることができる法人向けインハウス・ワークショップ型アセスメント。

Innovation Plannerを通じて得られる効果
1. オープンイノベーションの全体像が理解できる
2. オープンイノベーションに取り組むチームの現状・課題が明らかになる 
3. 求める外部技術の方向性が明確になる
4. 求める技術を持つパートナーを惹き付けるために自社が準備すべきことがわかる
5. 明確なオープンイノベーションプランをチームや関係部署と共有することができる

開発経緯
当社のメイン事業である、オープンイノベーション支援において、日本の大手企業へ欧州を中心としたハイポテンシャルなスタートアップ情報の提供を行う中で60社以上のオープンイノベーションのチームを独自に調査したところ、思うようにオープンイノベーションが進まない多くの原因が、スタートアップとのミスマッチや海外とのコミュニケーションの停滞ではなく
・ビジョンが曖昧
・リソース不足
・正解がわからないので、次に打つ手が不明
・他部署の協力が得られていない
・外部に求める技術選定が曖昧

など、スタートアップ検索以前の問題であり、その解決策も決められていないということがわかった。

さらに、このような状況に陥った原因について分析を進めたところ、既存のプロジェクトや事業推進には存在する「プロジェクトの全体プロセス」を、オープンイノベーションに関しては、なぜかほぼ持ち合わせておらず、場当たり的なプロジェクトのまま、進めてしまっていることがわかった。
つまり、オープンイノベーションの全体プロセスが明確でないために、課題や原因の所在を特定できず、結果としてオープンイノベーションを思うように推進できていない、ということだ。
これでは、いくらハイポテンシャルなスタートアップ情報を提供しても、オープンイノベーションは停滞してしまう。
そこで、代表のFariza Abidovaは、複数のグローバルコンサルティングファーム、欧州各国のオープンイノベーションのソリューションプロバイダーなどに直接問い合わせ、オープンイノベーションのプロセスについて成功しているスタンダードモデルがないかを調査した。

しかし、オープンイノベーションについては、各社それぞれ個性が強く打ち出されており、またオープンイノベーションの結果の成功事例は開示されていても、その過程はブラックボックスであるケースが多く、成功に至るプロセスのサクセスファクターを見出すことはできていないことがわかった。
そこで、Farizaは世界中のオープンイノベーションの成功事例・失敗事例をできるだけ多く収集、研究し、そのボトルネックを洗い出し、独自開発することをプランニングした。

研究・分析

当社の欧州企業担当ディレクターのMareike Dornhegeは文字通り世界中のグローバルカンパニーのオープンイノベーションに関する事例を収集した。先に述べたように、オープンイノベーションの成功の経緯詳細についてはブラックボックスな部分が多いので、イノベーション担当者のインタビュー記事、グローバルカンパニーのイノベーター育成方針、オーガニゼーション方針、中長期の経営戦略など、膨大な資料から、オープンイノベーションのプロセスを研究した。
さらに、セールス&事業開発ディレクターの石橋 三枝がMareikeの研究をベースに分析を進め、オープンイノベーションのボトルネックを抽出。わかりやすいプロセスに落とし込み、さらに日本企業の仕事の進め方や感覚に合うように、システム化し、[Innovation Process]として5つのステップと25の指標に分類した。

さらに、20種類以上におよぶワークシートを活用しながら、現状を確認することで課題の所在を明確にし、取るべきアクションを自ら導き出せるような工夫を盛り込んだ。

実施概要

対象法人
オープンイノベーションを検討している
オープンイノベーションを実施しているが、思うように進めることができていない
オープンイノベーションを実施しているが、方向性があっているか、確認したい
上記にあてはまる大手・中堅法人

参加対象
オープンイノベーション担当役員
オープンイノベーションチーム全員 R&D マネージャークラス
人事 マネージャークラス 等
オープンイノベーションに関わるメンバー。 また、今後積極的に関わらせたいメンバー

参加可能人数: 10名
使用言語: 日本語
日程: 約1ヶ月半
事前調査・ヒアリング(1週間)
ワークシートカスタマイズ(1週間)
ワークショップ(2日)
インタビュー(半日)
アセスメントレポート作成(1週間)
結果レビュー

金額 (税別)
一式 500万円
※現在キャンペーンにつき、欧州スタートアップ情報提供サービス「Startup Finder」 同時導入の場合、200万で実施可能。
https://trusted-inc.com/startupFinder
※詳細はTrustedまでお問い合わせください。

Trustedのオープンイノベーショントータルソリューションについて
当社はコミュニケーションと異文化のブリッジをベースに、オープンイノベーションのプロセス全体をTrusted及び各専門分野のパートナーコンサルタントでトータルにサポートできる体制を構築した。
これにより、当社は、クライアントからのオープンイノベーションにおける、あらゆるステップ、あらゆる専門分野(詳細技術分析評価や提携候補のデューデリジェンス等)の課題に対してソリューションを提供し、ファシリテートすることが可能であり、クライアント側は、当社のソリューションサービスを状況に応じてトータルにまたは適宜オプショナルに利用することが可能である。

(Innovation ProcessとTrustedのトータルイノベーションーションサービスの対応については下図参照)

このアセスメントワークショップにご興味のある方は下記Trustedの無料相談窓口までご連絡ください。

Trusted株式会社
Email: contact@trusted-inc.com

URL: https://trusted-inc.com/

住所:〒105-6415 東京都港区虎ノ門1丁目17-1 虎ノ門ヒルズビジネスタワー15階

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Trusted株式会社 >
  3. Trusted社が日本初のオープンイノベーションの進め方をシステム化したワークショップ型アセスメント「Innovation Planner」を開発・提供をスタート