弁護士用業務管理クラウドサービス「Armana」が「SharePoint」「OneDrive」との連携機能を追加

株式会社カイラステクノロジー(本社:東京都港区西新橋、代表取締役:富士慶)は、弁護士用業務管理のクラウドサービス「Armana(アルマナ)」に、「Microsoft SharePoint」「Microsoft OneDrive」との連携機能を追加しました。

ArmanaがSharePoint、OneDriveとの連携機能を追加ArmanaがSharePoint、OneDriveとの連携機能を追加

------------------------------------------
SharePoint、OneDriveとの連携機能追加の背景
------------------------------------------
弁護士事務所において、書類作成では「Microsoft Word」が主に利用されており、
また、最高裁判所が推進する裁判手続等のIT化の推進において、「Microsoft Teams」が採用されたことで、
「Microsoft 365」を導入する弁護士事務所が増えております。

Armanaをご利用いただいているお客様も「Microsoft 365」を導入されていることが多く、

「SharePoint」や「OneDrive」との連携のご要望を多くいただくようになりましたので、
Armanaに連携機能を追加することとなりました。


------------------------------------------
5大ストレージサービスすべてと連携
------------------------------------------
この機能連携にて、Armanaは

  • Dropbox
  • box
  • Google ドライブ
  • SharePoint
  • OneDrive

というクラウドストレージの5大サービスすべてと連携が可能となりました。

------------------------------------------
クラウドストレージへの書類の保存
------------------------------------------
在宅ワークが広がり、クラウドストレージを利用する企業がさらに増えていますが、
「Microsoft 365」をご利用の弁護士事務所では、

すでに「SharePoint」に1TB+(10GB+ユーザー数)のクラウドストレージを利用することができます。
容量を追加購入することも可能です。


Armanaには資料を保存できる機能もありますので、

お客様からお預かりした編集を加えないような資料はArmanaに保存、
所内で共有する書類、複数人が編集する書類などは「SharePoint」などに保存することで
クラウドストレージの容量を節約することが可能です。

もちろん、どちらに保存した書類も、案件と紐づけられているため
書類を探す時間や手間はかかりません。

------------------------------------------
SharePoint、OneDriveとの連携機能
------------------------------------------

ArmanaのアカウントをSharePointまたはOneDriveのアカウントと連携することで、
Armanaで作成した書類を連携先に出力することができます。

連携後に、OneDriveからSharePointへ、連携先の切換えも可能です。
 

1.Armanaから連携先へフォルダの作成

SharePointまたはOneDriveとの連携設定が完了すると、案件詳細や顧問詳細で連携ボタンが選択できます。

クリックするだけ簡単連携クリックするだけ簡単連携

連携ボタンを押下すると、連携先にフォルダが作成されます。
新規フォルダの作成では、自動で案件名のついたフォルダが作成されます。
URLを指定して、既存フォルダを紐付けることも可能です。

ArmanaからSharePointへフォルダ作成ArmanaからSharePointへフォルダ作成

フォルダを新規作成すると、Armanaの担当者として登録されている人に閲覧権限が付与されます。

2.Armanaで出力した書類は、連携先に保存
Armanaで作成した書類を、案件や顧問先ごとに

SharePointまたはOneDriveの紐付けたフォルダに出力することができます。

 

ArmanaからSharePointまたはOneDriveに出力ArmanaからSharePointまたはOneDriveに出力

3.案件の担当者と連携先の権限の同期

案件に担当者が追加された場合、SharePointまたはOneDriveの権限も自動で付与されます。
削除された場合は、SharePointまたはOneDriveの権限を自動で剥奪します。

4.案件名と連携先のフォルダ名の同期
案件名、顧問先名に変更があった場合は、フォルダ名が更新されます。

------------------------------------------
Armanaの外部連携
------------------------------------------
現在Armanaでは、各種サービスとの連携を強化しております。
今後も、freeeや弥生会計を始めとした会計ソフトとの自動連携機能をリリースする予定です。

Armanaの外部システムとの連携Armanaの外部システムとの連携

------------------------------------------
Armanaの特徴
--------​----------------------------------
Armanaは、弁護士業務に特化した案件および顧客管理のサービスです。
1人事務所から弁護士数百人以上の大規模事務所まで、様々な弁護士事務所で利用されており、
現在、1,800アカウントを超えるお客様に日々ご活用いただいております。

・成長し続けるサービス
Armanaは「成長し続けるサービス」を標榜しており、​
Armanaを利用いただいている弁護士事務所からいただいた​
ご要望を追加機能として開発し、毎月平均45件の大小様々な​機能追加を行っております。​

Armanaは成長し続けるサービスArmanaは成長し続けるサービス

利用者を「お客様」ではなく、「パートナー」とみなしており、​機能追加には開発費用は一切必要ありません。​
パートナーのご要望でサービスがどんどん便利になっていく
ことを重視しています。​

・より安心・安全にご利用いただく仕組み
Armanaはセキュリティを最重要視しております。
システム自体は各種セキュリティ対策を行い、堅牢に構築されています。

Armanaは安全にご利用いただけますArmanaは安全にご利用いただけます

より安心・安全にご利用したい方のために、以下の機能を標準搭載しております。
  • IPアドレス制限
  • 二重ログインの通知
  • 二段階認証
ISMS/ISO27001、ISMS/ISO27017 を取得し、運用するだけではなく、
セキュリティに関する社内教育を定期的に行うことにより、社内の情報管理も徹底しております。

ISO27001 は、弊社社内で情報管理が徹底されていることを認証するもので、
ISO27017 は、クラウドサービスのセキュリティレベルを担保するものです。
  • ​認証規格:JIS Q 27001:2014(ISO/IEC 27001:2013)
  • 登録番号:MSA-IS-362
  • 認証機関:株式会社マネジメントシステム評価センター
  • 認証登録日:2019年12月19日
  • 認証範囲:情報システムの企画・設計・開発・保守運用・運営
 
  • ​​認証規格:JIP-ISMS517-1.0[JIS Q 27017:2016(ISO/IEC 27017:2015)
  • 登録番号:MSA-IS-362-CL
  • 認証機関:株式会社マネジメントシステム評価センター
  • 認証登録日:2020年11月26日
  • 認証範囲:AWSを利用した業務管理システムArmanaの提供
▼Armanaにご興味ある方は以下のURLからご連絡ください▼

サービスサイトURL: https://corp.kailash-tech.jp/service/management/?utm_source=pr_times&utm_campaign=pr_times_10&utm_content=1

<本サービスに関するお問合せ>
株式会社カイラステクノロジー
TEL:050-8880-2936‬
お問い合わせURL :https://corp.kailash-tech.jp/contact/service-inquiry/?utm_source=pr_times&utm_campaign=pr_times_10&utm_content=2

<会社概要>
株式会社カイラステクノロジー
代表取締役 : 富士 慶
設   立 : 2017年11月1日
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社カイラステクノロジー >
  3. 弁護士用業務管理クラウドサービス「Armana」が「SharePoint」「OneDrive」との連携機能を追加