プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社SoVa
会社概要

AIと専門家を掛け合わせた新しい形の会計事務所SoVa、2.3億円の資金調達を実施

次世代型会計事務所「SoVa」のプロダクト開発を進め、組織体制強化により事業成長を加速

株式会社SoVa

テクノロジーと専門家を掛け合わせた新しい形の会計事務所「SoVa」を運営する株式会社SoVa(本社:東京都中央区、代表取締役:山本健太郎、以下「当社」)は、2023年3月にプレシリーズAで、ジャフコ グループ、Globe Advisors Ventures、イーストベンチャーズなどを引受先とする第三者割当増資を実施し、総額約2.3億円の資金調達を実施したことをお知らせします。

調達した資金は採用・組織体制の強化およびプロダクト開発に投資し、当社のミッション「専門知識のアクセシビリティを高め、安心して挑戦できる社会をつくる」のもと、「人×テクノロジー」の力でバックオフィス業務をよりラクにし、起業家が事業に集中できるよう、プロダクト開発を推し進めて参ります。

 


   

  • 資金調達の背景と目的


 当社は2019年9月に創業し、約2年間の開発期間を経て、テクノロジーと専門家を掛け合わせた新しい形の会計事務所「SoVa」を2021年10月にローンチいたしました。
 
 私たちは、100種類以上の税務・労務・登記などの役所手続きについて、「いつ、どこで、何をどうするか」がプロダクト上で調べられ、実際の書類ダウンロード等がワンストップで行えるサービスを開発し、対応範囲を拡大してまいりました。
 
 SoVaというサービスが生まれた背景には、複雑な役所手続きの存在があります。
 例えば、日本ではオフィスを引っ越し(本店移転)する際に、各役所に合計18種類の書類を提出しなければなりません。それに加えて、移転前と移転度の所在地、取締役会の有無などで手続きが異なり、全部で1,000通り近くの手続き方法が存在しているのが実状です。
 
 実際の会社におけるバックオフィス業務は、役所手続き以外にも様々な作業が必要です。
 それぞれの手続きを行うには士業の力が不可欠ですが、若い起業家が増え続ける近年は、新規事業への理解や、多様な事業成長サポートが求められています。
 
 そんな現状を踏まえ、SoVaはこれからもプロフェッショナルとして起業家に寄り添ってまいります。
 
 サービスリリースから1年半で300社以上の企業様にご利用いただいておりますが、さらに多様なニーズに応えるために更なるサービス開発が必要です。まだ、つくりたいサービスの2割ほどしかできていないと考えています。
 
 今回の調達資金で、テクノロジーと士業を掛け合わせるからこそできるメリットを活かした、顧客満足度日本No.1の会計事務所という目標を達成できるサービス開発を推し進めてまいります。
 
 ▼サービスの詳細につきましては、当社サービスサイトをご参照ください。
 https://lp2.virtual-sova.io/?utm_source=pr&utm_medium=paid&utm_campaign=230412
 
  

  • ​資金調達概要

   

調達金額

約2.3億円

引受先

ジャフコ グループ株式会社/グローブアドバイザーズベンチャーズ/East Ventures/株式会社ココナラスキルパートナーズ/ブリッジコンサルティンググループ株式会社/株式会社ちゅうぎんキャピタルパートナーズ/株式会社セゾン・ベンチャーズ/RSM汐留パートナーズ株式会社/CPAエクセレントパートナーズ株式会社/山田 徳昭 氏(クリフィックス税理士法人 代表パートナー)/G-STARTUPファンド/村上 裕太郎 氏(慶應義塾大学大学院准教授)/深野 竜矢 氏(ZeLo FAS株式会社 代表取締役)/手塚 正彦 氏(公認会計士)

資金用途

プロダクト開発、採用・組織体制の強化


  

  • 投資家コメント(一部抜粋)

   

 ジャフコ グループ株式会社
 パートナー 藤井 淳史 氏

 
 小規模事業者の経営者は、多忙な中、経理、財務、人事、法務、総務の管理業務を全て担う必要があります。一方で、相談窓口は領域ごとに異なり、「いつ、何を、どうやって作成し、どこに提出すればよいか」、「本当にこれでいいのか…」という不安感が付きまといます。
 起業初期の経営者に出会う接点が多い仕事柄、上述のような課題に接する機会は少なくありませんでした。そのため、SoVaの必要な手続き/書類をデータ化・体系化したサービスの価値の高さは、最初のご面談でビビッときました。SoVaは経営者が管理業務にストレスを抱えることなく、攻めに全振りできる世界を作り出すことができると考えています。
 
  

 グローブアドバイザーズベンチャーズLLP
 パートナー 秋山 友紀 氏

 
 企業のバックオフィス業務は、税理士、社労士、司法書士とカバーする範囲が多岐に渡る上に、役所業務は非効率的で、苦労されている中小企業経営者は多いのではないでしょうか。SoVaの提供するサービスは、そんな煩わしい手続きを月額9,800円でサポートしてくれます。
 代表の山本さんのお話を初めて聞いた時は、このように多岐にわたる分野をカバーするプロダクトをよく開発できたなということでした。
 それでも、今はまだ、SoVaが実現したい世界のほんの一部です。これからのSoVaの進化に期待しておりますし、GAVとしてもサポートしていきたいと思っています!
 
  

 East Ventures
 Managing Partner 衛藤 バタラ 氏

 
 山本さんとオンラインでやり取りしている中で、山本さんの丁寧で誠実な姿勢に、今後も一緒に成長できることを確信いたしました。また創業期の起業家や組織は煩雑な事務作業も全て自ら行わなければなりませんが、SoVaが提供するサービスによってバックオフィス業務を飛躍的に改善することができます。起業家たちは自分たちのビジネスに注力できるようになるでしょう。
 そしてSoVaが起業家の煩わしさを改善することを目的としている点は、弊社がアーリーステージの起業家に投資を行っていることと非常にシナジーが合うと考えています。SoVaの事業が拡大、成長し続けられるよう、私たちも全力でサポートして参ります。
 
  

 手塚 正彦 氏
 公認会計士

 
 昨年まで日本公認会計士協会の会長を務めておりましたが、多くの企業と会計事務所の職員が、感染リスクに怯えながら毎日出社し、紙の資料を宅急便で送り、急遽PDF化してメールで送って乗り切りました。コロナ禍最初の2020年3月期決算の実態です。改善は今も道半ばでしょう。中小企業の生産性は低迷し、スタートアップは組織マネジメント人材の不足に悩み、これらを支援する士業も人手に頼る。人口が減り続ける日本において、この状況は看過できません。
 SoVaの事業には社会的意義があります。日本の現状を打破する一翼をぜひ担って欲しい。山本君には、経営者として成長し、公認会計士を目指す若者のロールモデルとなって欲しい。成長を楽しみに応援していきます。
 
  

 山田 徳昭 氏
 クリフィックス税理士法人 代表パートナー

 
 山本社長は、「事業を構築する能力」と「その事業遂行に必要な人を惹きつける能力」の双方に秀でた稀有な人材です。
 SoVaの大きな強みは、そのビジネスモデルだけでなく、スタッフに会計実務に詳しい優秀な若者が多いことだと思っています。
 当面は、バーチャル会計事務所事業の拡大が目標になると思いますが、山本社長であれば、その先にさらに大きなビジネスを築き上げられると信じています。そして、その成功によって、若き会計士起業家として、若い会計士、そしてこれから会計士を目指す人たちの目標の1つになってもらいたいと考えています。
 
 
 ▼全ての投資家コメントを当社HPにて公開しております。ぜひこちらもご覧ください!
 https://www.sovagroup.jp/news-detail/fundraising-comment

 
  

  • 株式会社SoVa 代表取締役 山本 健太郎コメント


 私は、20歳で公認会計士試験に合格した際、「日本を代表するアカウンティングファームをつくりたい」という目標をたて、その道筋として、まだ誰も成し得たことのない「テクノロジーと専門家の力を掛け合わせた新しい形の会計事務所」という構想を考えました。
 
 漠然と持っていたその夢物語の一歩を「起業」という形で踏み出し、2年の開発期間を経てサービスをリリース、ここまで多くの仲間と共に歩んできました。
 
 今回のラウンドでは、これまでの私達の軌跡とこれからの挑戦にご共感いただき、日本を代表する多数の素晴らしいベンチャーキャピタルの皆様や尊敬する会計業界の先輩方が株主陣に加わってくださいました。
 
 今回いただいた大きな期待を胸に、ミッションである「専門知識のアクセシビリティを高め、安心して挑戦できる社会をつくる」に向かって挑戦し続けていきます。
  

   

  • メンバー募集|一緒に新しい世界を創る仲間を募集中です!


 SoVaでは現在、SoVaのサービスを飛躍的に成長させていくためのグロースチーム、お客様の事業成長を真にサポートするカスタマーサクセスチームの責任者クラスの採用を強化しています!
 少しでもご興味をお持ちいただけた方は、ぜひカジュアル面談でお話ししてみませんか?
 
 ▼募集職種一覧、カジュアル面談のお申込みはこちら
 https://www.sovagroup.jp/careers

 
  

  • 次世代型会計事務所「SoVa」とは


 ▼サービスサイト

https://lp2.virtual-sova.io/?utm_source=pr&utm_medium=paid&utm_campaign=230412

 「SoVa」は、月額9,800円〜のワンストップ型会計事務所です。
 これまで税理士や社労士などの専門家だけが属人的に持っていた知識・ノウハウをデータベース化し、登記・税務・労務・経理に係る「何の手続きを」「いつ」「どうやるか」まで、一気通貫型でサポートいたします。
 
 ・特徴1:自社で行わなければいけない手続きを、網羅的に把握できる!
 ・特徴2:自社情報を入れるだけで、役所関連手続きがサクサク終わる!
 ・特徴3:ヒトに相談したいときは、マッチした専門家をご紹介!
 
 実務経験を積んだ公認会計士・税理士等の専門家が監修しているため、常にアップデートされた正確な情報をお届けします。
 また、会計ソフトの使い方サポートも提供しており、効率的な会計ソフト運用によって財務状況の把握も可能になります。
 
  

  • 会社概要

 株式会社SoVaは「専門知識のアクセシビリティを高め、安心して挑戦できる社会をつくる。」をミッションに掲げ、テクノロジーとデザインの力を融合させ、税務・労務・経理・登記などのバックオフィス関連サービスを開発しております。
 バックオフィス業務に関する専門的な知見をテクノロジーの力を用いて体系化、そしてデザインの力と掛け合わせることで、バックオフィス業務を分かりやすく、馴染みやすいものにしていくことを目指します。
 
 本社所在地  :東京都中央区日本橋本町3丁目9番7号ARCCUBE日本橋本町3階
 設立     :2019年9月
 代表者    :代表取締役 山本 健太郎
 問い合わせ先 :info@sovagroup.jp
 URL     :https://sovagroup.co.jp/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
経営情報
関連リンク
https://lp2.virtual-sova.io/?utm_source=pr&utm_medium=paid&utm_campaign=230412
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社SoVa

20フォロワー

RSS
URL
https://lp2.virtual-sova.io?utm_source=pr&utm_medium=organic
業種
情報通信
本社所在地
東京都中央区日本橋本町3-9-7 ARC CUBE日本橋本町3階
電話番号
-
代表者名
山本健太郎
上場
未上場
資本金
-
設立
2019年09月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード