次世代型経営管理クラウド「Loglass」を開発するログラス、「Incubate Camp 13th」で総合1位を獲得

次世代型経営管理クラウド「Loglass」を開発する株式会社ログラス(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:布川友也、以下ログラス)は、2020年10月2日~3日に千葉県木更津市で開催されたシード・アーリーステージ起業家と投資家の合同経営合宿「Incubate Camp」において、473社のうち総合1位を獲得したことをお知らせします。

 

「Incubate Camp」は、ベンチャーキャピタルのインキュベイトファンドが主催するシード・アーリーステージ起業家のための合同経営合宿で、今年で13回目の開催となります。過去12回で約220名の起業家が合宿に参加し、参加企業の20社がEXITを実現し、累計調達金額は約270億円を突破しています。
今回ログラスは、初の完全オンラインで実施された473社が参加した予選を勝ち抜き、合宿2日目に行われた決勝プレゼンでは確かな実績と製品完成度の高さにおいて高評価を獲得し、決勝出場企業16社のうち総合1位を獲得致しました。​

プレゼンテーションの様子プレゼンテーションの様子

■代表・布川よりコメント
「Incubate Campは、数多くの一流企業を輩出している伝統ある企画です。まずは473社という過去最大の応募企業の中から選定頂けたことを誇りに思います。初日の中間審査で1位を頂き、最終日の審査には非常に大きなプレッシャーの中で臨みました。結果としては総合1位、スポンサー賞という形で圧倒的な成果を残すことができました。これもひとえに、応援して下さるお客様、投資家の皆様、支えてくれる社員のお陰であると考えております。ログラスはまだスタートしたばかりの会社ではありますが、大きな成長を続けています。是非私たちの壮大な物語を引き続き応援頂けたらと考えております。」

 


■「Incubate Camp」とは
年に一度の開催。本気で資金調達を目指すシード・アーリーステージ起業家のための、1泊2日の起業家/投資家合同経営合宿。より創業初期から起業家とパートナーシップを組み、事業創造を支援していくために立ち上げました。 昨今の起業支援環境や事業トレンドの変化を踏まえ、シード資金提供にとどまらず、数千万〜億円単位の資金提供を含めたプログラムとして運営しています。
https://incubatefund.com/community/incubate-camp/

■Loglassについて
当社が提供する次世代型経営管理クラウド「Loglass」は、「全ての企業に最高の経営管理体験を。」という製品ビジョンを掲げ、全ての部署が高度に連携し、高速で業績向上に向けて施策を打てる環境を構築します。
これにより、CFO・経営企画だけが経営数値を追う世界が一変します。
2020年7月の正式リリースから、すでに東証一部上場企業をはじめとした15社以上の企業へご導入いただいています。

【会社概要:株式会社ログラス】
設立:2019年5月30日
代表者:布川友也
所在地:〒141-0031 東京都品川区西五反田2-13-5 豊三西五反田ハイツ 308
URL:https://loglass.jp
採用ページ:https://www.wantedly.com/companies/loglass

ログラスは、「テクノロジーで、経営をアップデートする。」というミッションを掲げ、世界中の企業経営をテクノロジーの力でアップデートし、企業のデジタルトランスフォーメーションを支援します。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ログラス >
  3. 次世代型経営管理クラウド「Loglass」を開発するログラス、「Incubate Camp 13th」で総合1位を獲得