「Extreme Tech Challenge (XTC)」日本代表が「アクプランタ株式会社」と「アルメッド株式会社」「BionicM株式会社」に決定!

~3月9日開催、グローバル課題に取り組む起業家のための世界最大規模のスタートアップ・コンテストの日本予選にて~

XTC JAPAN運営委員会(本部:東京都千代田区、幹事:春日伸弥)は、グローバル課題に取り組む起業家のための世界最大のスタートアップ・コンテスト「Extreme Tech Challenge(以下「XTC」)」の日本予選を2022年3月9日(水)に開催しました。3回目の開催となる日本予選に登壇した10社の中から予選優勝企業が「アクプランタ株式会社」と「アルメッド株式会社」「BionicM株式会社」の3社に決定いたしました。
なお、特別賞としての富士通賞は「BionicM株式会社」が受賞しております。

「アクプランタ株式会社」、「アルメッド株式会社」、「BionicM株式会社」の3社は2022年6月に米国で開催予定のXTC世界大会に招待されます。
※当初選出企業は2社の予定でしたが、審議を重ねた結果、3社の選出となっております。

 

優勝した「アルメッド株式会社 白尾 氏(写真左)」と「アクプランタ株式会社 金氏(写真右)」優勝した「アルメッド株式会社 白尾 氏(写真左)」と「アクプランタ株式会社 金氏(写真右)」


■エクストリーム・テック・チャレンジ(XTC)とは
XTCは国連SDGsなどの人類課題をテクノロジーで劇的に解決するスタートアップを発掘支援する世界最大級のピッチコンテストです。世界の著名VCや大手企業など約80団体の連合により16ヶ国21都市およびオンライン公募で開催され、前回2021年大会は世界92ヶ国から3700社以上のスタートアップが参加。2021年世界大会の出場80社は出場後に合計約200億円の資金調達を実現し、うち43%は女性起業家によるスタートアップです。

XTCに出場のスタートアップは農業・食糧、環境・エネルギー、新素材、教育、実現技術、バイオ技術、デジタルヘルスケア、フィンテック、交通、スマートシティの10カテゴリに分かれて、事業計画の市場性と問題解決力を競います。寄付や補助金ではなくビジネスを通じた人類課題の解決がテーマで、決勝出場スタートアップは海外VCやグローバル企業による事業・資金調達の手厚いメンタリングを受けられるのが特徴です。
今回の日本予選に登壇した10社すべてがディープテック(高度研究開発型)で、うち8社が大学・研究機関発ベンチャーです。予選優勝企業は、2022年6月に米国で開催予定のXTC世界大会に招待されます。当日は10社による力強いピッチと質疑応答が行われました。審査の結果、日本予選優勝企業に「アクプランタ株式会社」、「アルメッド株式会社」、「BionicM株式会社」が選出されました。

 



<アクプランタ株式会社  金 鍾明氏よりコメント>
代表取締役社長 CEO  金 鍾明(JongMyong Kim)氏




「日本代表に選んでいただき、誠にありがとうございます。気候変動による旱魃と水不足に喘ぐ世界の人々を守るために、アクプランタ社がさらなる一歩を踏み出す良いきっかけをいただきました。世界大会では弊社の技術力の高さを十分に発信できるよう頑張ります!」


●アクプランタ株式会社 会社概要
アクプランタは、遺伝子発現を制御するエピジェネティクス技術を基に植物の乾燥・高温耐性を強化し収穫量を増加させるバイオスティミュラント(生物刺激剤)を開発提供しています。DNAを改変せず、酢酸などの生体成分を利用して、天然のメカニズムを活性化することで植物が持つ環境ストレス耐性能力を最大限に引き出し、食糧問題・水不足・砂漠緑化などの課題に世界7ヶ国以上で取り組んでいます。販売は過去3年間で国内16000本、5年後には全世界で100万本を達成することで、食料の増産と220億トンの節水を目指します。


<アルメッド株式会社   白尾 智明氏よりコメント>
代表取締役 CEO 白尾 智明(Tomoaki Shirao)氏



「日本代表に選ばれて、大変光栄です。アルメッド社は人類が直面している高齢化社会の問題解決に貢献します。日本の研究成果であるドレブリンを武器に、世界大会に挑戦してきます。」




●アルメッド株式会社 会社概要
 アルメッドは脳内記憶分子ドレブリンの減少に着目して、認知症の早期発見と根本治療を可能にする血液検査と治療薬を開発しています。どんな医療機関でもその場でスクリーニングと確定診断が可能な血液検査法と、早期認知症の根治が可能な治療薬の開発を目指し、1.3兆円ともいわれる認知症治療薬の市場に挑戦します。


<BionicM株式会社 孫 小軍氏よりコメント>
代表取締役社長 CEO 孫 小軍(Sun Xiaojun)氏




「急成長中の数あるスタートアップ企業の中から日本代表に選出いただき誠にありがとうございます。今回の優勝、世界大会への出場の機会を活かし、すべての人々のモビリティに力を与える『Powering Mobility for All』というMissionに向けてさらに事業を推進していきたいと思います。」


●BionicM株式会社 会社概要
BionicMは電気の力で動く能動型ロボティクス義足を開発するスタートアップです。階段の交互昇段や着席状態からの起立など健常者同様の快適なモビリティを実現し、安心して自由に移動できる喜びを提供します。既に日本と中国で販売を開始し、今後は米国や欧州で医療機器としての認証取得と販売開始を目指します。


■XTC JAPAN 2022 開催概要
日時: 2022年3月9日(水) 15:00-18:00
開催場所: Global Business Hub Tokyoよりオンライン配信
イベント公式サイト: https://nexta.community/xtc-japan-2022/

アーカイブ視聴: https://youtu.be/1o0K7CgGouY

■パートナー企業(順不同)
XTCグローバルパートナー
・富士通株式会社
・Benhamou Global Ventures
・IT-Farm Corporation

XTC JAPANゴールドパートナー
・日本電気株式会社
・三菱地所株式会社

XTC JAPANシルバーパートナー
・三菱電機株式会社
・ノーリツ鋼機株式会社
・ヤンマーベンチャーズ株式会社


■XTC JAPAN運営委員会 概要
組織名 XTC JAPAN運営委員会
所在地 東京都千代田区平河町2丁目5番3号 Nagatacho GRiD 2F (株式会社ガイアックス内)
設立 2019年12月
========================
共催:株式会社ガイアックス・株式会社アイティーファーム
========================

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. XTC JAPAN運営委員会 >
  3. 「Extreme Tech Challenge (XTC)」日本代表が「アクプランタ株式会社」と「アルメッド株式会社」「BionicM株式会社」に決定!