前澤友作さんのふるさと納税500万円を活用した「#福知山城チャレンジ」 公募2組による決選投票スタート!1位のアイデアは福知山城で実現!投票者には記念品をプレゼント

明智光秀が築いた城下町 京都・福知山市 いつの時代も逆境に立ち向かってきた福知山市が全国の皆さんの挑戦を応援 投票期間:7月30日~8月13日 投票方法:福知山城HP、福知山市内5カ所

 京都府福知山市は、実業家・前澤友作さんのふるさと納税500万円をもとに、明智光秀が築いた福知山城の活用アイデアを全国の皆さんとともに決定する「#福知山城チャレンジ」を実施しており、公募の中から一次審査を通過した2組による決選投票を、2021年 7月30日からスタートします。

 「#福知山城チャレンジ」では、福知山城の価値を向上させ、世の中に良いインパクトを与えるアイデアを6月2日(本能寺の変が起きた日)から1か月間公募し、全国から34件の応募がありました。福知山市役所の一次審査により、「スペクタクル新作能『光秀』」と「明智光秀流 福知山祝言式」のアイデアに絞られました。
決選投票はどなたでも参加でき、福知山城公式サイト(https://www.fukuchiyamacastle.jp/challenge/)と福知山市内5か所にて、8月13日まで受け付けます。投票した方全員に、投票記念として「明智光秀武将印」を差し上げます。また抽選で、非売品の明智光秀グッズをプレゼントします。
 投票結果は8月下旬に発表予定で、1位となったアイデアは、提案者によって実現されます。アイデアにかかった費用として最大500万円を、福知山市より提案者へお渡しします。

 京都府福知山市は、実業家・前澤友作さんのふるさと納税500万円をもとに、明智光秀が築いた福知山城の活用アイデアを全国の皆さんとともに決定する「#福知山城チャレンジ」を実施しており、公募の中から一次審査を通過した2組による決選投票を、2021年 7月30日からスタートします。
「#福知山城チャレンジ」では、福知山城の価値を向上させ、世の中に良いインパクトを与えるアイデアを6月2日(本能寺の変が起きた日)から1か月間公募し、全国から34件の応募がありました。福知山市役所の一次審査により、「スペクタクル新作能『光秀』」と「明智光秀流 福知山祝言式」のアイデアに絞られました。
 決選投票はどなたでも参加でき、福知山城公式サイト(https://www.fukuchiyamacastle.jp/challenge/)と福知山市内5か所にて、8月13日まで受け付けます。投票した方全員に、投票記念として「明智光秀武将印」を差し上げます。また抽選で、非売品の明智光秀グッズをプレゼントします。
 投票結果は8月下旬に発表予定で、1位となったアイデアは、提案者によって実現されます。アイデアにかかった費用として最大500万円を、福知山市より提案者へお渡しします。


■​決選投票に挑む2組について
【アイデア名】
<スペクタクル新作能「光秀」×甲冑隊in福知山城> (予算:500万円)
・国重要文化財「能楽」に新作能「光秀」を創出
・丹波各地の甲冑隊と福知山城本丸広場特設ステージで上演・動画撮影を行い、今後の様々な分野でプロモーションに活用


【ビジョン】
①当時の福智山城を舞台に明智光秀をテーマにした新作能を創作
 完成した台本は今後何世代にも渡り上演可能で福知山の新たな文化財産となる
②壮大な野外スペクタクル能を実現
 プロの能楽師に加え、合戦シーンに丹波各地の甲冑隊が稽古を重ねて出演
③動画に残し、インバウンドに活用
 動画の英語バージョンを配信。
 インバウンド(訪日外国人客)向けの体験型観光ツアーとして今後売り込んでいく

【提案者】
▼株式会社伝楽舎 (兵庫県丹波市)
丹波の能楽師・上田敦史が能楽を主とする伝統芸能振興をミッションに掲げ設立。
伝統芸能と丹波地域の観光資源を掛け合わせたイベントや観光ツアーの企画、動画制作、各種コンサルティング業務を行う。

【提案者より一言】
この企画が実現すれば、猿楽(能楽)が大好きだった明智光秀公や細川幽斎公も自身の演目ができることをきっと喜んで下さるでしょう。地元の皆さまの想いが詰まった新作能「光秀」によって、歴史に裏付けされた本物の地域伝統文化を生み出し、未来に継承し、これからの世界に誇れる福知山の宝物としていただければ幸いです。


【アイデア名】
<明智光秀流 福知山祝言式> (予算:500万円)
・明智光秀の生きた戦国時代の結婚式を再現
・公募により限定1組の開催、親族などの参加者は甲冑などを着て参加
・恋愛成就のパワースポットである福知山城と桔梗を各所にあしらった装飾


【ビジョン】          
①新型コロナウイルス感染症によって一生に一度の結婚式を奪われている新婚夫婦を応援
②明智光秀の生きた戦国時代の結婚式を発信
   歴史雑誌監修のもと、福知山城でしか経験できない伝統的な結婚式を再現する
③作成した小道具や衣装などは福知山市に提供(レンタル品を除く)
 福知山市内での前撮りなどで貸出ができるような仕組みをつくっていく

【提案者】       
▼株式会社マッシュ (大阪府大阪市)
イベント施設運営の企画、制作マーケティング及び広告代理業を行う。過去、福知山で明智光秀×リアル謎解きゲーム「謎の城」を実施。
▼株式会社ABCアーク (東京都港区)
出版事業(月刊誌『歴史人』ほか)、メディア運営、地域活性化に関するイベント・プロモーション等の企画運営等を行う。

【提案者より一言】
私も新型コロナウイルスにより結婚式を行うのが厳しく困っているひとりです。行政のイベントとして、このように応援してくれるプログラムがあれば勇気づけられるなと考え、提案させていただきました。福知山市さんとは、過去、福知山市にてイベントを開催した御縁もあり、私と同じ気持ちで困っている方のために頑張りたいと思うので、よろしくお願いいたします。

アイデアの詳細を記した2組の企画書は、福知山城HPに掲載します。(7月30日 8時30分以降)
https://www.fukuchiyamacastle.jp/challenge/


■投票(オンライン&現地投票)の詳細
▼投票期間
2021年7月30日~2021年8月13日
▼投票結果
8月下旬発表予定
▼投票資格
どなたでも投票いただけます。(1人につき1票)
▼オンライン投票
福知山城HP内「#福知山城チャレンジ決選投票」ページから
https://www.fukuchiyamacastle.jp/challenge/
※7月30日8:30から8月13日23:59まで投票可能です。

▼現地投票 (市内5か所)
〇福知山市役所1F総合案内横
〇福知山市図書館中央館2Fカウンター
〇大江支所1F窓口
〇夜久野支所1F窓口
〇三和支所1F窓口
※投票できる時間は各施設の開庁時間中とします。
(各施設の閉館日は、投票できません。各施設の閉館日&開庁時間は福知山市HPでご確認ください。)
福知山市役所、各支所
https://www.city.fukuchiyama.lg.jp/soshiki/3/10190.html
福知山市図書館中央館
https://www.lics-saas.nexs-service.jp/city-fukuchiyama/use/about/chuo.html
※障害のある方など、自ら記入が困難な場合、職員が代筆できます。
※「投票にかかる留意事項」は福知山城HP内「#福知山城チャレンジ決選投票」ページをご覧ください。
https://www.fukuchiyamacastle.jp/challenge/

▼賞品
〇全員にプレゼント
「#福知山城チャレンジ 投票記念 明智光秀武将印」(以下:武将印)
・現地投票:投票後、その場でプレゼント
・オンライン投票:投票後、メールで届く
「福知山城おみやげ処」にて「武将印」の画面を提示された方には、現物を1人につき1枚プレゼントします。
(期限:2022年3月末まで)
※福知山城おみやげ処
場所:福知山市字岡ノ32-64(福知山城の麓/佐藤太清記念美術館の前)
営業日時は福知山観光協会HPをご確認ください
https://dokkoise.com/topics/news/001209.html
〇抽選でプレゼント
投票された方全員の中から、抽選で以下の賞品をプレゼントします。

賞品名              当選者数
福知山城の石垣Tシャツ(非売品)    3名様
福知山城の無料招待券(非売品)      10名様
光秀うちわ(非売品)                     20名様
※当選者には、福知山市役所からメールでご連絡します。
 

(投票記念 明智光秀武将印)(投票記念 明智光秀武将印)


応募のあったほかのアイデア(抜粋)
〇夜のコンサートを開催
〇騎馬隊を率いて武者行列
〇自宅にいながらも福知山城を観光できるオンラインツアー
〇福知山オリジナルジビエ料理を開発、お城で発表会
〇常設プロジェクションマッピングを実施
〇武将隊のパフォーマンスステージ、歴史家のトークショーイベント
〇明智光秀の一日ルーティンを映像化
〇福知山城のVRを作成、VRを通し明智光秀アバターと戦略会議
〇お城を世界国旗で取り囲み、世界が輪となるイメージを表現


企画意図
 福知山市では、昭和の時代には市民らの5億円以上の寄附運動で福知山城が再建され、また昨年はコロナ禍の中で実施した「本能寺の変プロジェクト2020」でもたくさんの参加や支援をいただきました。このように明智光秀がこの地にまちを拓いてから、いつの時代も逆境に立ち向かい挑戦的なまちづくりを進めてきました。
 このたび前澤友作さんからの寄附金500万円(下記参照)の活用方法を決める今回のプロジェクトでは、「アイデア」も「決定」も「実施」も日本中を巻き込む新たな挑戦を行います。主体的にチャレンジする「光秀マインド」を持った市民や全国の皆さんを応援することで、挑戦の舞台となる福知山城の価値をパートナーシップにより向上させ、より良い地域社会を共につくりあげることを目指します。


経 緯 ―前澤友作さんふるさと納税500万円を福知山市に寄附―
①2020年11月に実業家の前澤友作さんが、Twitterでふるさと納税8億円のアイデアを募集。
②福知山市長が福知山市の公式Twitterで3つのアイデアを応募。
③福知山市を含む150の自治体が手を挙げ、2020年12月に150すべての自治体に500万円ずつ寄附。
※前澤さんの意向により、寄附金の活用は各自治体に一任されています。


スケジュール
〇一次審査で選ばれた2組で、オンライン投票&現地投票の決選投票を行い、アイデアを決定します。
〇8月下旬に投票結果を発表予定です。
〇選ばれた団体は、2021年9月~2022年3月の中でアイデアを実現していただきます。
   アイデアにかかった費用として最大500万円をお渡しします。
※新型コロナウイルス感染症の状況を鑑み、福知山市の判断で規模の縮小や延期をする場合があります。
 



 

 


 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 京都府福知山市 >
  3. 前澤友作さんのふるさと納税500万円を活用した「#福知山城チャレンジ」 公募2組による決選投票スタート!1位のアイデアは福知山城で実現!投票者には記念品をプレゼント