NEDOが公募する製造業向けのデジタル技術開発支援を目的とした事業にロボコム・アンド・エフエイコムの「タイムベース戦略型サイバー・フィジカル・システムの開発」が採択

~エンジニアリングチェーンの組織能力の高度化・迅速化を実現~

製造業のDXから生産ラインの開発・実装までを包括的に支援するコンソーシアム「Team Cross FA(チームクロスエフエー)」の幹事企業である、ロボコム・アンド・エフエイコム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:天野 眞也)は、会津大学と共同で進めるタイムベース戦略型サイバー・フィジカル・システム開発が、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」)が行う「Connected Industries 推進のための協調領域データ共有・AI システム開発促進事業/サプライチェーンの迅速かつ柔軟な組換えに資するデジタル技術の開発支援」に採択されたことをお知らせいたします。

■公募事業の名称
Connected Industries 推進のための協調領域データ共有・AI システム開発促進事業/サプライチェーンの迅速かつ柔軟な組換えに資するデジタル技術の開発支援

■助成事業の名称
タイムベース戦略型サイバー・フィジカル・システムの開発

■背景
現在、メーカー品の開発者は変化しやすい消費者ニーズ、日進月歩の技術革新などを取り込むべく、開発サイクルを短縮化せよというプレッシャーを日々受けています。さらに、新型コロナウィルスなどによるサプライチェーン分断やサプライヤーの急な営業停止などにより、すぐに部品の製造を見積、請け負ってくれる外注業者を必要としています。一方、少量多品種製造業者は、顧客の幅広い要望に柔軟に対応できるように経験を積んだ熟練者が属人的に対応してきたため、下記のような状況が生じています。

・例えば、1 製品あたり 100 件ほどある部品加工の見積では、熟練担当者が作業の合間に図面を見ながら一つ一つ見積もるために時間がかかり、また、担当者によって見積価格が異なる
・特急対応の物件を受注した場合、受注済みの物件まで含めた全体スケジュールの見直しまでは行えないため、残業などで対応せざるを得ず、大幅にコストアップしてしまう
・作業が遅延したり工具・設備が故障などにより使えなくなると、ボトルネックが生じて、多くの物件の納期に影響が出る

時間(短いリードタイム)こそが競争力の源泉になるという「タイムベース(短納期)競争戦略」が日本に紹介されて久しいが、少量多品種の受注生産業者では見積から納品まで含めた短納期がいまだに実現されていません。

■助成事業の目的・取り組み内容
今まで部門間、製造工程間で分断されていたデータを一元管理し、エンジニアリングチェーンの組織能力の高度化・迅速化を実現するために、工場全体のリアルタイムでかつシームレスなデータ連携を行う。具体的には、下記のデータ連携を行います。

① AI 自動見積システム開発と生産管理システム連携による営業と工場間
AI自動見積システム開発、生産管理システムとのデータ連携による見積業務の超短納期化、オペレータ業務の省人化、ノウハウ・経験依存の排除を行います。

② 加工業界向け高性能 PLM(Product Lifecycle Management)システム構築による製造工程間
高性能PLMシステム構築による加工業務のCAD・CAM・工具データ・測定データの一元管理、製造業務のBOM・BOP・BOEの一元管理を行います。

③ 製造計画シミュレーションシステム構築と稼働監視・製造自動化システム開発による工場全体
・製造計画シミュレーションシステム開発による最適な製造計画とリアルタイムな変更を行います。
・稼働監視・製造自動化システム開発による製造工程のリアルタイムな見える化を行います。

これらの実現によりタイムベースを最大の提供価値としたシステムを構築。本研究開発事業により、中小企業でも導入可能なタイムベース戦略型サイバー・フィジカル・システムの開発を実現し、最終的には一般販売を目指します。


■企業基本情報







商号  :ロボコム・アンド・エフエイコム株式会社
代表者 :代表取締役社長 天野 眞也
所在地 :〒105-0004 東京都港区新橋5-35-10 新橋アネックス2F
URL  :https://robotandfa.com/
事業内容:(1)大型精密部品加工事業 (2)ロボットパッケージの試作販売事業
     (3)3Dプリンター事業  (4)国内・海外エンジニア教育事業
 








名称  :公立大学法人会津大学
代表者 :理事長兼学長 宮崎 敏明
所在地 :〒965-8580 福島県会津若松市一箕町鶴賀
URL  :https://www.u-aizu.ac.jp/

■Team Cross FA基本情報







呼称     :Team Cross FA(チームクロスエフエー)
事務局    :〒105-0004 東京都港区新橋5-35-10 新橋アネックス2F(株式会社FAプロダクツ内)
URL     :https://connected-engineering.com/
幹事企業   :株式会社FAプロダクツ https://fa-products.jp/
                  ロボコム株式会社 http://robotcom.jp
                  株式会社オフィス エフエイ・コム https://www.office-fa.com/
                  日本サポートシステム株式会社 https://jss1.jp/
                  ロボコム・アンド・エフエイコム株式会社 https://robotandfa.com/
                  株式会社INDUSTRIAL-X SECURITY  https://industrial-xs.jp/
                  株式会社SaaSis  https://saasis.jp/
公式パートナー:鹿島建設株式会社  https://www.kajima.co.jp/
                        株式会社電通国際情報サービス  https://www.isid.co.jp/
                        日研トータルソーシング株式会社 https://www.nikken-totalsourcing.jp/
                        株式会社日立システムズ https://www.hitachi-systems.com/
                        ミツイワ株式会社    https://www.mitsuiwa.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Team Cross FA >
  3. NEDOが公募する製造業向けのデジタル技術開発支援を目的とした事業にロボコム・アンド・エフエイコムの「タイムベース戦略型サイバー・フィジカル・システムの開発」が採択