MWC上海に出展 最新の5Gデバイスや、アンダーディスプレイ技術を展示

ZTEコーポレーション(以下、ZTE)は、2月23日から25日に上海で開催された世界最大級のモバイル見本市であるMWC上海に出展しました。MWC上海でZTEは、「筑路数字经济,为行业注入5G之心(デジタル経済への道を築き、5Gのコアを業界に)」をテーマに業界をリードする2C家庭用コンシューマー用や2B産業用、およびV2Xテレマティックスカテゴリーの5Gモバイルコネクテッドデバイスの展示や、モバイル端末用の最新のアンダーディスプレイ技術など様々な展示を行いました。

2021MWC上海 ZTEブース2021MWC上海 ZTEブース

2C家庭用コンシューマー用展示

家庭用コンシューマー端末は、高速・低遅延という5Gネットワークの特徴をいつでもどこでもユーザーに提供します。
会場では5GのモバイルWi-Fiルーター、屋内ルーター、屋外ルーターを紹介しました。モバイルWi-Fiルーター「MU500」はSub6とミリ波に対応し、いつでもどこでもより高速なインターネット体験をもたらします。5G屋内ルーター「MC801A」はNSA、およびSAデュアルモード5Gに対応し、家庭での快適な5Gネットワークを楽しむことができます。5G屋外ルーター「MC7010」はSub6とミリ波に対応。ミリ波の浸透が不十分であるという問題の解決を助けます。

5G モバイルWi-Fiルーター「MU500」5G モバイルWi-Fiルーター「MU500」

5G屋内ルーター「MC801A」5G屋内ルーター「MC801A」

5G屋外ルーター「MC7010」5G屋外ルーター「MC7010」

2B産業用展示
産業用製品ソリューションは、垂直産業のデジタルトランスフォーメーションを推進する主要な通信コンポーネントとして重要な役割を果たします。
会場では4つの産業用製品が紹介されました。5G産業用モジュール「ZM9000」はチャイナ・テレコムのテストに始めて合格した5Gモジュール製品で、無人運転、遠隔制御、ロボット検査、高精細カメラ、産業用ゲートウェイ、石油探査などのインテリジェント製造分野で広く使用できます。5GパワーCPE「MC3010」は世界初の3GPP Rel.16 精密時刻プロトコルに対応しています。5G産業用ルーター「MC6000」(屋内用)「MC6010」(屋外用)は中国国内の主要4キャリアの5G/4G高速アクセスや、TR-069プロトコルをサポートしています。

5GパワーCPE「MC3010」5GパワーCPE「MC3010」

5G産業用ルーター「MC6000」5G産業用ルーター「MC6000」

5G産業用ルーター「MC6010」5G産業用ルーター「MC6010」

V2Xテレマティックスカテゴリー展示
5GとC-V2Xを利用して、人、車、道路、ネットワーク、クラウドの包括的な協力システムを形成されます。ZTEは低遅延で信頼性の高い通信接続を実現し、より効率的でスマートかつ安全なインテリジェント交通ネットワークを実現していきます。
会場では、OBU、RSU、リモートクラウドコントロールプラットフォームのシステムレベルソリューションとともに、自社研究のC-V2Xモジュールが紹介されました。C-V2Xモジュール「ZM9200」は車両と車両、車両とインフラ、車両と歩行者、車両とネットワークを相互に接続しながら、5G高速ネットワークをサポートしています。OBU「Y9000」は、インテリジェント交通システムの交通安全、効率化、情報サービスなど様々な応用シーンを実現するとともに、車両に制御コマンドを送信し、盗難防止アラームや遠隔の診断、通信、発進、そして走行ログなどの豊富な車載機能を提供しています。RSU「Y2001」は道路交通情報や制御情報を取得し、周囲の車両や歩行者などの交通参加者に効果的なデータをブロードキャストし、ITSの交通安全、効率化、情報サービスなど、様々なV2Iシナリオの実現に貢献しています。またV2Xクラウド制御プラットフォームは、信号機などのインテリジェントセンサーが収集した路上車両、歩行者、障害物情報を、ネットワーク連動車両自身や周辺環境の知覚データと組み合わせて取得することで、カバーエリア内を走行するネットワーク連動車両に対して、詳細度の高いローカルダイナミックマップ、エッジコンピューティング、V2X標準アプリケーションなどのサービスを提供することができます。

最新のアンダーディスプレイ技術
展示会ではこのほか、アンダーディスプレイの最新技術も紹介されました。Axon20に商用で初めて搭載されたアンダーディスプレイカメラ技術の第二世代の量産型は、表示画素数が200ppiから400ppiに増加し、メインディスプレイ領域との整合性が向上し、さらにリフレッシュレートも90Hzから120Hzに向上しました。また、世界初のアンダーディスプレイ3D構造化照明技術を発表しました。通常の2Dソリューションよりも安全性が高く、3DモデリングやARなどの他のアプリケーションにも使用できます。

第二世代の量産型アンダーディスプレイカメラ第二世代の量産型アンダーディスプレイカメラ

アンダーディスプレイ3D構造化照明技術アンダーディスプレイ3D構造化照明技術

【ZTEコーポレーションについて ~Leading 5G Innovations~】
ZTEコーポレーションは通信機器、ネットワークソリューションを提供する世界的なリーディングカンパニーです。業界大手としての包括的な製品群とソリューションにより、民間企業や政府機関向けのICTソリューションをはじめ、最先端のワイヤレス、アクセス&ベアラー、付加価値サービス、マネージドサービスなどを提供しています。
また、1998年に初めて携帯電話を開発して以来、世界230社以上の通信事業者を顧客に持ち上位50社と提携しています。ZTEの携帯機器は世界160以上の国と地域で発売され、エンドユーザーに親しまれています。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ZTEジャパン 株式会社 >
  3. MWC上海に出展 最新の5Gデバイスや、アンダーディスプレイ技術を展示