CloudFit、Salesforce運用・活用支援サービスを発表

営業×Salesforceのプロの伴走で、定着化・MA導入・データ活用をワンストップでサポート

クラウドサービスの活用によって企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)を支援する株式会社CloudFit(本社:東京都品川区、代表取締役:瀬沼 裕樹、以下、CloudFit)は、Salesforceの運用・活用支援サービス(https://cloudfit.co.jp/services/salesforce)を7月30日より提供開始します。これにより、DX時代において喫緊の課題となる、BtoB領域での顧客獲得手法の変化に対応できる企業の増加に貢献します。
 
  • サービス提供の背景
新型コロナウイルスの影響を受け、BtoB事業では従来通りの対面をベースとする営業活動による顧客獲得が難しくなっており、獲得手法の変化が求められています。「THE MODEL」に代表される通り、対面営業からマーケ主導の営業への転換が顕著になっており、営業単体ではなくマーケティング、カスタマーサクセスも踏まえた管理が強く求められています。

DX推進において、セールスフォース・ドットコム社が提供するSalesforce製品は、あらゆる規模と業界の企業がクラウド、モバイル、ソーシャル、IoT、人工知能、音声、ブロックチェーンなどの強力なテクノロジーを活用し、360度で顧客と繋がるためのツールを提供しています。また、Salesforceに求められる役割も営業管理から顧客獲得プロセス全体の管理へと拡大しています

 



活用の幅が多岐にわたる一方で、Salesforceの運用においては以下のような課題が散見されます。
 

  1. MAやBIの領域も踏まえた全体設計できる推進者がいない
  2. MAやBIの領域に対応できるシステム管理者がいない
  3. 営業管理と連携させる方法が分からない
  4. データ入力やダッシュボード活用などの運用が現場に定着しない
  5. 営業の生産性向上に寄与しているかが把握できていない

 

 
  • サービスの特徴

CloudFitでは、上記の課題に対して、経験豊富なプレイヤーが社員同様の働き方で事業成長に貢献します。

 
  • お問い合わせ先

CloudFit お問い合わせ窓口
Email:contact@cloudfit.co.jp
https://cloudfit.co.jp/services/salesforce

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社CloudFit >
  3. CloudFit、Salesforce運用・活用支援サービスを発表