AI開発プラットフォームを通して製造業のDXを推進するMENOU、シリーズA資金調達を実施

社内AI開発を効率化し、製造業のDXを促進するMENOU-TEの提供と開発をさらに加速

自動外観検査システムの提供など、ディープラーニング技術をもっと身近にするソリューションを提供する株式会社MENOU(メノウ 本社:東京都中央区、代表取締役CEO:西本励照、以下「MENOU」)は、ニッセイ・キャピタル、DEEPCORE(ディープコア)、三菱UFJキャピタルより約2.5億円の資金調達を実施いたしました。これにより、当社の累計資金調達総額は約3.7億円となりました。本資金により、検査AIをノーコードで開発するソフトウェアMENOU-TE(メノート)の機能拡張を加速し、DXの加速が急務な製造業をはじめとする様々な企業へ販売を拡大いたします。

 

 

 

資金調達の背景

MENOUでは2019年の設立以来、熟練した目視検査員の手法を模した高速・高精度のAIソリューションを多くの製造業に導入してきました。また、画像検査やAIの専門知識のない技術者であっても、AIを開発することのできるAI開発プラットフォームMENOU-TEを開発し、外観検査、画像検査を中心とした製造業のDXを支援してきました。今後も日本の高品質なものづくりに見合った高品質な検査技術を身近にいたします。

(写真:MENOU-TEを用いたMENOUチームの解析画面。外観検査に特化したソフトウェアだが、人物特定AIなども短時間で実現できる) 

この度実行した資金調達によって、MENOU-TEの開発体制ならびに検査工程を自動化するための導入支援サービスであるMENOU-IN(メノーイン)をさらに多くの企業にご提供できる体制を構築いたします。

前回の資金調達以来、MENOU-TEはディープラーニングによる検査に加え、OCRやルールベースの画像処理機能も兼ねそろえることで、製造現場に必要な検査をさらに簡単に構築することが可能になりました。今回の調達によって、MENOU-TEはAIとルールベースのハイブリッドな検査を構築し、導入するまでの開発を益々容易にする体制を整えていきます。機能開発を加速し、プログラミングやAI、画像処理の専門人材がいなくてもAIの社内開発が可能になるMENOU-TEの利便性やつかいやすさを増していく計画です。また、製造現場に存在する設備との連携が可能な検査ランタイムソフトウェアも提供しており、運用までの開発コストを劇的に削減することが可能となっています。

【検査AIをノーコードで開発する「MENOU-TE」】
MENOU-TEにはAI導入の障害を取り除くための以下のような機能を取り揃えています。
  • ノーコードで直感的なAIモデル構築
  • GUIによるアノテーション・ラベリング(学習操作)
  • 解析精度の視覚化と最適化支援
  • ルールベース解析とのハイブリッドな推論・検査
  • 導入後の追加学習や最適化などのメンテナンス
  • MENOU-TEユーザ同士やMENOU開発者とのノウハウ交流ができるフォーラム
  • データ管理も含めた統合ソフトウェア

異常検出DeepLearning異常検出DeepLearning


MENOU-TEは順次機能拡張によるアップデートを行っており、無償試用提供も行っております。
MENOU-TE ホームページ:https://menou.co.jp/menou-te/ よりお申込みください。

【検査AIの総合的な導入支援サービスMENOU-IN」】
外観検査の画像取得については従来通りMENOU-INサービスも提供しており、照明やカメラなどの最適な撮像構成をご提案しながら、運用やメンテナンス体制も含めた、AI外観検査の導入を総合的にサポートします。自社内のAI・DX人材の育成をサポートするトレーニングなども行い、開発人材の育成もご支援いたします。

 


※ノーコードとは、コンピュータが理解するためのプログラミング言語を用いず、マウス操作など容易な操作のみでソフトウェアの開発を行う手法を指します。従来必要とされたプログラム言語による指示を「コード」と呼ぶことから、これを不要とする意味で「NoCode(ノーコード)」と呼ばれています。開発期間の短縮だけでなく、プログラミングの専門家ではなくソフトウェアの利用者が直接設計することが可能となるため、使いやすく、現場のニーズの即した開発が可能になる効果があります。

※外観検査とは、製造業が部品や製品の品質を維持・管理するための外観のチェック工程を指します。多くの製造現場では、目視検査員による作業となっており、人材確保、教育訓練、基準の標準化、作業負荷の軽減、トレーサビリティなどが課題とされています。


出資者コメント
ニッセイ・キャピタル株式会社 チーフキャピタリスト 笠井 智之
工場などの現場で即使用が可能な「MENOU-TE」は、これまでに無かった秀逸なAIツールです。製造業の現場ニーズに理解のあるフルスタックエンジニアメンバーが集う当社だからこそ開発できたシステムだと考えています。「MENOU-TE」が規模の大小問わず製造現場に今後益々導入されることは勿論、西本CEOが掲げる“全ての人がAIをもっと身近に感じられる世界”をMENOU社のメンバーであれば実現できると信じています。今後の当社の飛躍をしっかりとご支援させていただきたいと思っています。

株式会社ディープコア Senior Investment Director 左 英樹
前回資金調達にてリード出資させていただいて以降、プロダクトの機能強化に取り組みながら着実に顧客導入を進め、MENOUのソリューションが顧客工場内の本番環境で実装される事例が増えています。特に開発においては、ディープラーニングに加え、従来製造業で活用されてきたルールベース画像処理技術を組み合わせ、ハイブリッドな検査を可能にする機能を実装するなど顧客が使いやすい現場に即したプロダクトに近づいています。
また、HONGO AI 2021において、最優秀賞を含む6冠を獲得し、その高い技術力が業界においても評価されています。今後もMENOUのノーコード・AIによる目視検査の自動化ソリューションを通じて、製造業におけるDXが加速することを期待しています。引き続き同社の成長をサポートしていきます。

三菱UFJキャピタル株式会社 投資第四部 部長 谷 靖隆
2020年の初回投資以降、ノーコードで検査AIを開発するMENOUのサービスに対し、多くのお客さまからの支持を目の当たりにして来ました。外観検査の自動化を通じて、日本のモノづくりのDXを促進するべく、これまで懸命に活動して来られたMENOUの皆さまに心から敬意を表します。
今回のシリーズA資金調達による提供機能の更なる高度化が、モノづくり現場の課題解決に一層の貢献を果たすことを期待しています。弊社もMENOUの更なる成長に向け、MUFGの力をフルに活用しながら、引き続き伴走させて頂きます。

MENOUについて
株式会社ニコンのエンジニアが2019年に創業したAIスピンアウト。日本の製造業にとって身近なAIの普及をミッションとしている。独自のAI開発プラットフォームを中心に、各種製造業への導入支援を展開。MENOU-TEは直感的操作でアノテーションができるだけでなく、AI開発に必要なファイル管理、モデル管理を一括して管理することのできる統合開発環境を提供し、導入後もメンテナンスしやすい画像検査を可能にする。

次世代のAIスタートアップ企業を発掘するコンテストであるHONGO AI 2021の最優秀賞を受賞した。

社名: 株式会社MENOU
代表取締役: 西本励照
所在地: 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町2丁目1-1
大崎オフィス: 〒141-0001 東京都品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア
設立: 2019年6月
URL: https://menou.co.jp
採用ページ:https://menou.co.jp/recruit/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社MENOU >
  3. AI開発プラットフォームを通して製造業のDXを推進するMENOU、シリーズA資金調達を実施