『攻殻機動隊 SAC_2045』のメモリアルグッズが発売開始!公安9課のお気に入りシーンと貴重な設定資料がキミだけのグッズに!合わせてアニメグッズEC「AniFav」サービス開始。

富士フィルムの写真プリントを用いた写真展仕様の「メモリアルウォール」と、重厚感を感じざる得ない「メモリアルブロック」、あなたのお部屋を自分だけの美術館にしよう。

株式会社YUIMEX(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長 岡本 拓真)は、大人気アニメ作品『攻殻機動隊 SAC_2045』のメモリアルグッズ2種の発売を開始することを発表いたしました。メモリアルグッズ2種につきましては弊社が同日サービス提供を開始いたしました、アニメ作品のメモリアルグッズEC「AniFav(アニファボ)」で取り扱いを開始します。自社企画のテクノロジーを活かした「テクノロジーグッズ」と、一生の思い出になる「メモリアルグッズ」のみを取り扱い、国内外134カ国に対して日本のアニメ作品のグッズ提供を行うECになります。ユーザーが、チョイスを行うごとにグッズが定まっていくUIを採用しており、お気に入りの作品、お気に入りのキャラクター、お気に入りのワンシーン、設定資料をどんなグッズとして生成するのか、簡単チョイスで、オンリーワンのグッズが出来上がります。攻殻機動隊 SAC_2045のメモリアルグッズは発売を開始しており、2種ともに受注生産性でお届けいたします。写真展仕様のメモリアルウォールと、卓上に置いて飾るメモリアルブロックで、ご自身の部屋をミニ美術館にして、お楽しみください。

アニメ作品のメモリアルグッズEC「AniFav(アニファボ)」では、「攻殻機動隊 SAC_2045」メモリアルグッズ提供を本日より開始いたします。下記、提供商品の詳細になります。
■攻殻機動隊 SAC_2045のメモリアルグッズ2種類の詳細


メモリアルウォール

フレームレスの美術体験、宙に浮かぶ新たなアートをキミの日常に。日本屈指の写真プリント、富士フイルムの技術を用いて遂に完成しました。美しい3D表現、『攻殻機動隊 SAC_2045』の世界、「公安9課」の物語を写真展で用いられるプロフェッショナル仕様・受注生産性でお届けします。総重量520gと非常に軽量のため、従来の額装のように設置場所を選びません。これまでにないアート体験を、ダイスキなキャラクターとともに感じてください。

価格 :24,800円
仕様 :W410×H290mm / 520g

メモリアルブロック

ダイスキの想いを、透明なブロックに詰め込んで。『攻殻機動隊 SAC_2045』の滑らかなフル3D表現を光の透過によりリアルに体現しました。ダイスキなキャラクター・シーンをさりげなく、それでいて存在感のある大人のインテリアとしてお楽しみいただけます。メモリアルブロックは非常に重厚感があり、素材であるアクリルの強度は実はガラスの10倍以上、耐久性も10~20年ほどと丈夫で長持ち。幻想的な雰囲気とクリアに輝く美しさを思い出と共にお楽しみいただけます。
 


価格 :8,000円
サイズ:W150×H100×D20mm 
素材 :アクリル
 

■お気に入りのチョイスでグッズが生成されるEC「AniFav(アニファボ)」とは

「お気に入りのキャラクターを、お気に入りの名場面を、メモリアルなグッズにしよう」
AniFav(アニファボ)は、国内外134カ国へアニメ作品ファンの「お気に入り」を届けます、「AniFav(アニファボ)」では推しキャラクターのチョイスからグッズ選びが始まります。ユーザーが、チョイスを行うごとにグッズが定まっていくUIを採用しており、お気に入りの作品、お気に入りのキャラクター、お気に入りのワンシーン、設定資料、どんなグッズとして生成するのか、簡単チョイスで、オンリーワンのグッズが出来上がります。現在、攻殻機動隊 SAC_2045のメモリアルグッズは発売を開始しております。今後、テクノロジーを活かしたホログラムグッズや、しゃべるアクリルスタンドなどのテクノロジーグッズ・メモリアルグッズを企画、提供予定でございます。

攻殻機動隊 SAC_2045 発売ページ WEBサイト:https://anipicstore.jp/

■攻殻機動隊 SAC_2045について

近未来SFの金字塔「攻殻機動隊」、神山健治 × 荒牧伸志による2045年の未来像 

全身義体のサイボーグ・草薙素子率いる公安9課が、今再び電脳犯罪に立ち向かう 情報ネットワークとサイボーグ(義体)技術の発達により人々の意思が“電脳”に繋がれた近未来において電脳犯罪に立ち向かう全身義体のサイボーグ・草薙素子率いる攻性の組織、攻殻機動隊。 1989年に士郎正宗により発表された原作コミック『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』を起源とし、アニメーション、ハリウッド実写映画など様々な作品群が展開され、その先鋭的且つ圧倒的な世界観とビジュアル表現により、全世界のクリエイターに影響を与えてきた近未来SFの金字塔が新たな未来像を提示する。 

『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズの神山健治と、『APPLESEED』シリーズの荒牧伸志が共同監督としてタッグを組み、田中敦子、大塚明夫、山寺宏一ほか『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズのオリジナルキャストが集結。迫力のサイバーパンクアクションと、草薙素子たちの全く新しい物語が描かれる。 

■市場背景について

YUIMEXはコンテンツ市場の健全化を目指し、デジタルコレクションサービス「AniPic!」を運営しております。

平成31年2月13日の文化審議会にて新たな著作権法改正案が検討されました。その内容は「権利者の許可なしに、インターネット上にある、あらゆるコンテンツを、著作権法違反と知りながらダウンロードすることを全面的に禁止する」というものです。禁止される項目の中にはスクリーンショットで撮影された画像も対象であり、この件に関してインターネット上では大きな波紋が広がりました。

令和3年1月1日には改正著作権法が施行され、海賊版デジタルコンテンツのダウンロードが違法化されています。
そのような中、全ユーザーの所有権を最先端のブロックチェーン技術を使うことで、唯一無二のデジタルデータ(NFT)であることが証明できるYUIMEXのデジタルコレクション販売は、ファンがクリエイターを支援できるだけでなく、市場を健全化を目指しております。
AniPic!では「もっとダイスキなアニメを、いつも側に。」をコンセプトに、アニメに情熱を注ぐクリエイターと日本のアニメ文化を愛する世界中のアニメファンの結い目として、アニメの制作陣が魂を込めて制作した絵や音、セリフなどをアニピクに詰め込んで、正しくファンの皆様へお届けいたします。

AniPic!WEBサイト:https://anipic.io
AniPic!公式Twitter:https://twitter.com/anipic_official


【本リリースに関するお問い合わせ】
株式会社YUIMEX(ユイメックス)
お問い合わせ窓口:
(ページ)yuimex.co.jp/contact/
(Eメール)info@yuimex.co.jp

 【会社概要】
社名   株式会社YUIMEX(ユイメックス)
設立   2020年2月14日
所在地  東京都渋谷区道玄坂一丁目16番6号 二葉ビル 3階
代表者  代表取締役 岡本拓真
HP    https://yuimex.co.jp
事業内容 デジタルコレクションサービス「AniPic!」ならびに国内・越境アニメグッズEC「AniFav」の運営のほか、ブロックチェーン技術の開発、主に版権事業、デジタルコンテンツ事業、アニメーション事業、ネットワーク・エンタテインメント・サービス及びコンテンツの企画・開発・運営等
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社YUIMEX >
  3. 『攻殻機動隊 SAC_2045』のメモリアルグッズが発売開始!公安9課のお気に入りシーンと貴重な設定資料がキミだけのグッズに!合わせてアニメグッズEC「AniFav」サービス開始。