障がいのあるアーティストの多様な表現で街全体を彩る世界で唯一の市民芸術祭「アートパラ深川おしゃべりな芸術祭」10月22日(金)より開幕

~開会式&アートパラ深川メインビジュアル大賞授賞式で10日間のキックオフ~ 期間:2021年10月22日(金)~10月31日(日)/会場:門前仲町、清澄白河、森下

アートパラ深川おしゃべりな芸術祭実行委員会(実行委員長:田巻雄太郎)・一般社団法人アートパラ深川(代表理事:北條裕子)では、昨年に続き、江戸からの神社仏閣のある下町・深川の街じゅうに、障がいのあるアーティストの作品、約400点展示し、街全体を美術館にしてしまう世界でも類をみない市民芸術祭、『アートパラ深川おしゃべりな芸術祭』を、 10月22日(金)~31日(日)の10日間、開催します。会場は、富岡八幡宮、深川不動尊を拠点とした門前仲町、カフェとアートの街として知られる清澄白河、そして深川発祥の地である森下の街なかに作品を展示します。

私たちは、この深川の地で、障がいのあるアーティストの表現力に触れ、既に多様な人達と暮らしている事実に気付き、互いに自分らしく生きる共生社会を実現させるために、100年続く芸術祭=FDGs(Fukagawa model Development Goals)を目指します。
2020年の初開催は、9日間で、約7万5,000人の方々にご来場いただき、また、各種事前準備から期間中の運営、そして、開催後の整理などに携わったボランティアは、地元を中心に延べ約800名。沢山の方々にご賛同いただいている市民芸術祭です。
10月22日(金)の初日、假屋崎省吾氏のいけ花と昨年度「アートパラ深川大賞」コンペティション入賞・入選作品のコラボレーション作品がディスプレイされた清澄庭園内の「大正記念館」では、開会式及び来年(2022年)のメインビジュアルを選定するコンぺティションの大賞、入賞者を表彰する「アートパラ深川メインビジュアル大賞」授賞式を行いました。開会式では、芸術祭のスペシャルアドバイザーのコシノジュンコ氏より、「障がいのある方々の作品が沢山の方々の目に触れ、才能が認められて彼等の生活の糧になる。こうした環境は、深川の皆さんのような応援が絶対に必要です」との、応援メッセージをいただきました。そして、栄えある「アートパラ深川メインビジュアル大賞」の大賞には、南部たきさん作 「♥⿃達と、ネコたち♥」が輝きました。受賞者インタビューでは、「鳥とネコが好きで描きました」とのコメントをいただき、10日間の芸術祭の幕が空けました。

 

左から3番目:コシノジュンコ氏、4番目:南部たきさん左から3番目:コシノジュンコ氏、4番目:南部たきさん

 

2021年アートパラ深川メインビジュアル大賞:「♥⿃達と、ネコたち♥」(作者:南部たき)2021年アートパラ深川メインビジュアル大賞:「♥⿃達と、ネコたち♥」(作者:南部たき)

「アートパラ深川おしゃべりな芸術祭2021」 開催概要 ※敬称略

■日程:2021年10月22日(金)~31日(日)=10日間=

■会場:門前仲町、清澄白河、森下※緊急事態宣言等により延期及び中止になる場合もあります
■主催:アートパラ深川おしゃべりな芸術祭実行委員会・一般社団法人アートパラ深川
■協賛:トップパートナー/三井不動産株式会社、メインパートナー/10社、フェスティバルパートナー/16社、
サポートパートナー/18社
■アートパラ深川おしゃべりな芸術祭スペシャルアドバイザー:コシノジュンコ(デザイナー)
■アートパラ深川おしゃべりな芸術祭クリエイティブディレクター:福島 治(東京工芸大学 教授)
■公式HP:https://artpara-fukagawa.tokyo/
■一般の皆様:アートパラ深川芸術祭事務局(TEL. 03-4400-9298)
「アートパラ深川おしゃべりな芸術祭2021」 主な企画 ※敬称略

◎約400点のアート作品を街なかに展示!

■日時:10月22日(金)~10月31日(日)
■会場:門前仲町、清澄白河、森下
■内容:昨年の全国公募展「第1回アートパラ深川大賞」での入選・入賞作品にくわえ、12名の選抜アーティスト、エイブル・アート・カンパニーの作品を加えた約400点の個性的なアートを街のあちらこちらでご覧いただけます。エイブル・アート・カンパニーは、障がいのある人がアートを仕事にできる環境をつくることを目的に設立されました。障がいのある人のアート(絵画・イラスト・書など)を、広告や商品のデザインに使用することを仲介し仕事につなげています。

深川七福神 × アート

■日時:10月22日(金)~10月30日(日)10:00~16:00、10月31日(日)<最終日> 10:00~15:00
■会場:門前仲町、清澄白河、森下
■内容:全国に多くの七福神があるなか、深川七福神は東京の七福神として有名で、MAPにあるように四つのお寺と三つの神社に祀られています。開催期間中、それぞれの寺社にアートが展示されていますので、下町情緒にふれながら町を巡り、アート鑑賞を楽しむことができます。

清澄白河エリア


三井不動産 アート×∞(無限大)プロジェクトin清澄庭園 Produced by 假屋崎省吾

 

 

■日時:10月22日(金)~10月31日(日)
■会場:清澄庭園「大正記念館」/東京都江東区清澄3丁目3-9
■内容:華道家、假屋崎省吾氏のいけ花と昨年度(2020年)アートパラ深川大賞コンペティション入賞・入選作品アート、東京都名勝、回遊式林泉庭園のコラボレーション。

◎『アートパラ深川メインビジュアル大賞』入選作品を深川江戸資料館B1レクホールにて、入賞・入選作品103点を展示
■日時:10月22日(金)~10月31日(日)
■会場:深川江戸資料館B1レクホール/東京都江東区白河1-3-28
■内容:『アートパラ深川メインビジュアル大賞』は、2022年度のアートパラ深川おしゃべりな芸術祭のメインビジュアルを決めるコンペティション。大賞を受賞された方には、50万円のビジュアル使用料を贈呈。全国の障がいのあるアーティストから寄せられた多数のアート作品から一次審査を行い103点の入選作品を選考しました。二次審査では、林真理子、コシノジュンコ、杉本志乃、小澤慶介、高村弘志等の豪華審査員参加の選考会を開催。入選作品は、深川江戸資料館B1レクホールに展示します。

『真白の恋』映画上映会
■日時:10月30日(土)①午前の部:10:00~12:00 ②午後の部:13:00~15:00
    10月31日(日)①午前の部:10:00~12:00
    ※主人公・渋谷真白役の佐藤みゆき、母親役の山口詩史による舞台挨拶を予定しています。
■会場:深川江戸資料館 2F 小劇場/東京都江東区白河1-3-28
■内容:軽度の知的障がいのある女の子の初恋を描いた「真白の恋」。美しい景観を誇る富山県射水市を舞台に、小説や漫画が原作となる日本映画が多い中でオリジナル脚本であることにこだわった本作は、様々な問題に直面しながらも前向きに人生を歩んでゆく人々の姿を描く珠玉の感動作。
なら国際映画祭、福井映画祭など数々の映画祭で受賞し、国内外から高い評価を受けた本作品は、障がいと共に生きる人々とそのご家族に力を与え続けています。

門前仲町エリア
◎現代アーティスト 小松美羽さん制作の特大絵馬を展示
10月14日(木)、富岡八幡宮にて、現代アーティストの小松美羽さんをお招きし、「みんなのアート絵馬神輿 御霊入れ神事」の中で、小松さんによる特大絵馬のライブペイントが行われました。まっさらな絵馬に全身全霊を込めて、指先や絵の具のチューブをそのまま使い色とりどりに描いていく姿は圧巻。ライブペインティングのあとは、特別支援学校や福祉施設などの障害のある方が製作したアート絵馬を飾りつけた「みんなのアート絵馬神輿」が登場。富岡八幡宮の丸山宮司によって、御霊が入れられました。
完成した作品について、小松さんより、「多くの人がそれぞれの祈りや願いなどの感情を持っていると思います。そういった人々の心が癒されて、天と繋がって、みんなが平和に暮らしていけますようにいう気持ちで絵馬を描かせていただきました」とのコメントをいただきました。
また、アートパラに来場される方々へのメッセージをいただきました。
「去年、見させていただいて、暖かいイベントだと思いました。色々な場所に作品が展示されているのがとても楽しいと思いますし、街なかで作品を発見すると心が躍動します。去年は、多くの作品が展示されている中で、これは面白いな、あれも面白いなと楽しんで作品を鑑賞させていただきました。美術観賞というのは難しいことではなくて、楽しんで空間と一体化しながら、また、自分の魂や心を癒しながら一歩一歩進んでいく場所だと思います。」
特大絵馬は、下記にて一般公開いたします。
■日時:10月22日(金)~30日(土)10:00~17:00、10月31日(日)<最終日>10:00~13:00
■会場:EARTH+GALLERY(江東区木場3-18-17)

 

深川の街に飾られるアート絵馬と絵馬神輿
■日時:10月22日(金)~30日(土) 10:00~16:00
    10月31日(日)<最終日> 10:00~15:00
■会場:富岡八幡宮本殿前
■内容:江東区内の障がいのある子どもたちや福祉施設に通われる方たちなどが1,200枚以上のアート絵馬を制作。色とりどりの絵馬が飾り付けられた「アート絵馬ウォール」の中心には芸術祭のシンボル「みんなのアート絵馬神輿」を富岡八幡宮に展示。また、コシノジュンコ、假屋崎省吾、荻野目洋子、木村多江、王鵬関、魔裟斗、瀬立モニカなど、多数の著名人から寄せられた「応援art絵馬」も展示いたします。

◎アートパラ・マーケット・フェア(AMF)https://artpara-fukagawa.tokyo/amf/
同芸術祭として初の試みとなるアートパラ・マーケット・フェア(AMF)。
「共に生きる」社会を目指すアートパラ深川において、障がい者アートのアート・マーケットを創造することを目的に、昨年の公募展で入賞されたアーティストの作品の展示および販売会(可能な方のみ販売所へご案内)を開催します。さまざまなアーティストが一堂に会し、作品を展示し記録を残していくことは、その時代の作品の比較や価格の調整という機能を果たします。私たちは、アーティストの気持ちに寄り添い、アーティストの自立を支援していきたいと考えています。【深川不動堂ロータスホール:27名、EARTH+GALLERY(木場):9名】
■会場:深川不動堂ロータスホール(江東区富岡1-17-13)
■日時:10月22日(金)~30日(土)10:00~15:30、10月31日(日)<最終日>10:00~13:00

■会場:EARTH+GALLERY(江東区木場3-18-17)
■日時:10月22日(金)~30日(土)10:00~17:00、10月31日(日)<最終日>10:00~13:00

【森下・清澄白河エリア】
◎清澄庭園や隅田川テラスを散策しながら絶好のアート鑑賞

森下から清澄は松尾芭蕉ゆかりの場所や都内屈指の庭園「清澄庭園」のある絶好の散策コースです。岩崎弥太郎ゆかりの都立庭園や隅田川テラスの景勝と障がいのある作家のアート作品のコントラストは、おススメのインスタスポットです。

◎チャリティグッズ販売

JAGDA(公益社団法人日本グラフィックデザイン協会)が、障がいのあるアーティストの作品を使って制作したチャリティ商品を販売します。 売上から製造原価を除いた利益は、日本パラリンピアンズ協会に寄付されます。 同時開催として「ハンディキャップを乗り越えた俳人たち」の特設展示も行います。
■会場:芭蕉記念館・1F会議室(江東区常盤1-6-3)
■日時:10月30日(土)・31日(日)10:00~16:00

【その他トピックス】
対話型アート鑑賞ワークショップ(オンライン開催)
障がいのある方たちが描いた作品をお借りし、対話型アート鑑賞のワークショップをオンラインにて開催します。
単にアートを鑑賞するにとどまらず、参加者同士で作品を見て感じたことや想像したことなどを思い思いに語り合うことによって、創造的思考力を育むとともに多様性を理解し認識するきっかけをつくります。

ハートでスマイル・プロジェクト

障がいのある子どもたちにもアートパラ深川に参加してもらうことを目的とした取り組みで、色とりどりなマスキングテープでハートのオブジェを作成し、会期中には街のあちこちに展示します。
■日時:10月22日(金)〜30日(土)10:00〜16:00、10月31日(日)<最終日>10:00~15:00
■場所(予定):芭蕉記念館・深川資料館・富岡八幡宮・深川不動堂ロータスホールなど

◎街ナカ Digital MUSEUM
江戸時代の測量家である伊能忠敬翁とゆかりのある富岡八幡宮を、測量の技術を用いて正確に計測した点群という三次元測量データに基づいて作成したバーチャル富岡八幡宮の境内で、アートパラの障害者アートをデジタルで鑑賞することができるコンテンツです。
webゲームエンジンを用いることで、ユーザーのPCやスマートフォンでプレイできます。
障害があり現地での鑑賞が困難な方々や、コロナ禍において現地でアートを鑑賞することができない方々にもアートパラを楽しんでいただきたく制作しました。
また、今はシングルプレイのみですが、将来的にマルチプレイに対応し、市民同士やアート作者などの様々なプレイヤー同士の交流などを通して、遠方や海外の方にも障害者アートや深川地域を知ってもらい、直接足を運んでもらえるような新たなコミュニティのプラットフォームを目指しています。また、デジタルで作成したものなので、VRで鑑賞するなど他のデバイスを用いた表現をすることもできます。
地球規模での絶対座標に基づいているので、インフラの基本データとしても利用できます。
11月より、アートパラ深川おしゃべりな芸術祭公式HP(https://artpara-fukagawa.tokyo/)にて公開予定。
★制作:株式会社すみれ測量設計事務所・関口土地家屋調査士事務所 featuring 合同会社CIVIC TECH

 

【アートパラ深川おしゃべりな芸術祭 2021年度スローガン】
100 年続く芸術祭に
開催 2 年目を迎えるアートパラ深川は、皆さんと掲げた「共に生きる」という大義をどのように果たしていけるかを突き詰め、その思いをカタチにする1年にしたいと考えています。
共生社会とは、誰もがそれぞれを認め合い支え合える社会です。それは、障がいのある方もそうでない方も社会で接する全ての人の、互いの素晴らしいところを認め合うことです。
昨年、私たちは、深川の街に障がいのある方たちが創り出すアートを開放することで、多くの人に自然とアートに出会い、接してもらい、その先に見据える共生社会について考えていただく機会を創出しました。その中で、私たち自身も、アートパラ深川を通じ、多くのアートに触れ、共生社会の在りかたについて考えたり気づいたりするきっかけを得ることができました。一人ひとりの発想や会話は相手を尊重することであり、相手を理解することからはじめようと、アートがしゃべりかけてきた気がしています。大切なことは、この考えや気づきをどう育てていくか、どのようにして目指す社会を形成していくかということだと思います。
アートを観て感じることは、人それぞれに違います。
私は、アートの力を借りて、多くの違った気づきを今年よりも来年、来年よりもその先へと積み上げていき、こうあったらいいなと考える共生社会の構築へと繋げていくことが、この芸術祭を永続的に開催していく意義であると感じています。「100 年続く芸術祭」へと進むことで、東京下町の深川で生まれたこの芸術祭の理念が日本全国に共有され、世界に発信されることによって、「共に生きる」社会が形成されていくものと確信しています。

2021年6月吉日/アートパラ深川おしゃべりな芸術祭 実行委員長 田巻雄太郎
『アートパラ深川おしゃべりな芸術祭』2021展開MAP




 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人アートパラ深川 >
  3. 障がいのあるアーティストの多様な表現で街全体を彩る世界で唯一の市民芸術祭「アートパラ深川おしゃべりな芸術祭」10月22日(金)より開幕