化学工業日報社は2020年9月25日(金)にオンラインセミナー『国連危険物輸送勧告に基づく国連番号と正式輸送品名の付け方』を開催致します。

株式会社化学工業日報社は2020年9月25日(金)にオンライン上で《危険物輸送セミナー》『国連危険物輸送勧告に基づく国連番号と正式輸送品名の付け方』を開催致します。
国内外を問わず、危険物を船舶あるいは航空機で輸送する際には、国連危険物輸送勧告(オレンジブック)に基づいた安全輸送が荷主の責務となっています。輸送にあたっては、決められた試験方法により危険物か否かを判定し、適切な容器包装と表示を行う必要があります。
本セミナーでは、消防法との関係を含む試験方法の説明と、国連番号の付け方、航空輸送におけるUN容器包装の選択方法について解説します。実務に直結する内容となっておりますので、関係者多数のご参加をお待ちしております。
【申込締切日】2020年9月23日(水)
■開催要項
【受講料】1名につき25,000円+税
【開催日時】2020年9月25日(金)13:30~17:00(入室13:15~)
本セミナーはライブ配信によるオンラインセミナーになります
お申し込みは下記URLよりお願い致します。
https://www.chemicaldaily.co.jp/seminar/20200925/

■講演要旨

第1講(13:30~14:30)
『国連危険物分類と国内法との関係』
引火性液体、可燃性固体、自己反応性物質、毒物、腐食性物質を中心に

《休憩(14:30~14:40)》

第2講(14:40~15:50)
『適切な国連番号・正式輸送品名の付け方』

《休憩(15:50~16:00)》

第3講(16:00~16:30)
『航空輸送における適切な容器・包装』

Q&A(16:30~17:00)
【講師】株式会社 成田セイフティデータサポート 代表 伊藤 功 氏
【略歴】米国モンサント社、オランダアクゾ社等の日本法人およびJVを含め10社ほどの化学会社を中心とした企業にて製造、品質管理、技術開発、技術サービス、工場管理、物流管理、MSDS作成、協力業者管理、化学物質管理、化審法・安衛法登録に従事。
2002年8月より株式会社住化分析センターにて化審法・安衛法登録、危険性・安全性評価、SDS作成、GHS分類、化学品規制コンサルタント業務に従事。複数の化学物質の危険性、安全性に係る国及び団体のプロジェクトに参画。
2012年6月 株式会社住化分析センター 理事 化学品安全事業部長。
2015年1月 株式会社成田セイフティデータサポート設立。中小の企業を主な対象とする化学品規制コンサルタントとして、SDS作成・相談、国連危険物輸送勧告の提案、化審法既存・新規調査、より実際に則した提案型コンサルタント業務、インハウスセミナーを含めた講演、社内教育を展開。

お申し込みは下記URLよりお願い致します。
https://www.chemicaldaily.co.jp/seminar/20200925/

関連書籍
化学品の分類および表示に関する 世界調和システム(GHS) 改訂7版〔英和完全対照テキスト〕
¥8,000(税別)
https://www.chemicaldaily.co.jp/695-4/

GHS分類演習 【改訂版】
¥2,500(税別)
https://www.chemicaldaily.co.jp/714-2/

【本セミナーのお問い合わせ先】
化学工業日報社 企画部
〒103-8485 東京都中央区日本橋浜町3-16-8
TEL:03-3663-7936
お問い合わせ先URL
 https://www.chemicaldaily.co.jp/inquiry/
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社化学工業日報社 >
  3. 化学工業日報社は2020年9月25日(金)にオンラインセミナー『国連危険物輸送勧告に基づく国連番号と正式輸送品名の付け方』を開催致します。