祝・世界遺産登録勧告 企画展「縄文ムラの原風景-目指せ世界遺産!岩手県御所野遺跡」学芸員による展示解説〔報道・出版関係者向け〕開催 【横浜市歴史博物館】

現在、横浜市歴史博物館では、ユネスコの世界遺産への登録勧告を受けた「北海道・北東北の縄文遺跡群」を構成する岩手県「御所野遺跡」を紹介する企画展を開催しています。登録勧告について広く周知を図るため報道・出版関係者の皆様に向けて学芸員が企画展と今回勧告を受けた縄文遺跡群の特徴について解説を実施します。

「北海道・北東北の縄文遺跡群」を構成する「御所野遺跡」(御所野縄文博物館 写真提供)「北海道・北東北の縄文遺跡群」を構成する「御所野遺跡」(御所野縄文博物館 写真提供)

  • 報道・出版関係者向け展示解説開催日(一般の方のお申し込みはご遠慮ください)
5月28日 (金)16:30~18:30
6月1日 (火)16:30~18:30
6月2日 (水)16:30~18:30
6月3日 (木)16:30~18:30
6月4日 (金)16:30~18:30
※展示室内の混雑回避のため閉館後に開催させていただきます。
  • 解説担当学芸員
橋口 豊(当館考古学担当)
  • お申込み方法
下記、担当までメールまたは電話にてお申込みください。取りまとめの都合上、当日12:00までにご連絡をお願いいたします
  • 横浜市歴史博物館 企画展「縄文ムラの原風景-目指せ世界遺産!岩手県御所野遺跡」概要

企画展チラシ表企画展チラシ表

【会期】 令和3年4月10日(土)~6月27日(日)
【開館時間】 9時~ 16時 30分(券売は16時まで)
【休館日】 毎週月曜日
【会場】 横浜市歴史博物館 企画展示室
【主催】(公財)横浜市ふるさと歴史財団、岩手県、岩手県教育委員会、一戸町、一戸町教育委員会
【主管】 御所野縄文博物館 【共  催】横浜市教育委員会
【観覧料】 一般800円、高校・大学生400円、小・中学生・横浜市内在住65歳以上100円
【企画展開催趣旨】
令和3年は、東日本大震災から10年の節目となり、東北地方の復興や未来へつながる取組みに注目が集まっています。今回の展覧会は、世界遺産登録を目指す、「北海道・北東北の縄文遺跡群」17遺跡の一つ、岩手県一戸町の御所野遺跡を擁する、御所野縄文博物館が貴重な歴史遺産をより多くの市民に伝えるために企画したものです。国指定史跡「御所野遺跡」は、縄文時代中期をとおしておよそ800年間という長期にわたり縄文人が暮らしを営んだムラの跡です。当館も国指定史跡 大塚・歳勝土遺跡公園を管理しており、御所野縄文博物館の理念に賛同し、世界遺産登録を応援するために開催するに至りました。
https://www.rekihaku.city.yokohama.jp/koudou/see/kikakuten/2021/joumon_mura/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人横浜市ふるさと歴史財団 >
  3. 祝・世界遺産登録勧告 企画展「縄文ムラの原風景-目指せ世界遺産!岩手県御所野遺跡」学芸員による展示解説〔報道・出版関係者向け〕開催 【横浜市歴史博物館】