江ノ電沿線からJリーグを目指す「江の島FC」、日本全国のイベントの制作・運営を手掛ける株式会社FORCEと2022シーズンのオフィシャルパートナー契約を締結


江の島FCを運営する株式会社ENOSHIMAFC(代表取締役 浜田 真帆)は、日本全国のイベント制作・運営を手掛ける株式会社FORCE(神奈川県藤沢市、代表取締役 三屋 栄一郎)とオフィシャルパートナー契約を締結したことを発表いたします。
アート・スポーツ・音楽の文化の中心である江の島から、カルチャーの一大プラットフォームを目指した文化振興のご支援並びに、2022年度チームウェアへのロゴ掲出でのサポートをいただきます。

江の島FCは、2020年4月に設立された、江ノ電沿線を中心とした湘東地域をホームタウンとするサッカークラブです。2022年は男女チームがともに神奈川県社会人サッカーリーグに所属し、男子は2030年のJリーグ昇格を、女子は2023年のなでしこリーグ挑戦を目指しています。
『Cultivate the World.』をミッションに、人間の初期衝動と創造的欲求に投資し、誰もが自分らしく生きられる文化を作ることを目指して活動しています。スポーツチームの運営だけではなく、挑戦する全ての人が外的要因を原因に夢を諦めない世界を実現に向けた総合的な支援や、アート・スポーツ・音楽の文化の中心である江の島から、カルチャーの一大プラットフォームを目指して文化振興の支援を積極的に行っています。

■契約締結の背景

固定概念や偏見から解放され、自分らしさを認め合う社会を目指すZ世代発の地域サッカークラブとして、性別や嗜好の型によって決められた選択肢ではなく、個人が自由で多様な選択が出来る社会実現の第一歩にしたいという「江の島FC」の方向性へ共感を頂き、 地元藤沢へ応援を通じて貢献したいという想いから今回のご縁となりました。

■株式会社FORCE 代表取締役 三屋栄一郎様 コメント

挑戦し続けている江の島FCさんとパートナー契約を結ばせていただきましたこと、とても嬉しく思います。
私どもは、日本全国で行政・企業イベントや式典、表彰式、スポーツイベントなどイベントのジャンルに関わらず様々なイベントに携わってきました。
今後チームが活動していく中で、サッカーファンの方はもとより、地元の沢山の方との交流(リアル・ライブ・コミュニケーション)などが生まれます。そのようなコミュニケーションの「場」をチームの皆さんと一緒に創っていきたいと考えております。
また、2011年の東日本大震災以降「安全対策」に対する意識を強く持つようになりました。(震災の時はイベント会場で準備作業をしていました。)今回のパートナー契約を通じて、防災に限らず「安全に対する意識」を少しでも子供たちに広めていく活動にも取り組んでいきたいと思っています。

HP:http://www.force-inc.co.jp/index.html

■株式会社ENOSHIMAFC 代表取締役 浜田真帆 コメント

この度、株式会社FORCE様とオフィシャルパートナー契約締結をいたしました。代表取締役の三屋栄一郎様とは、江の島を中心とする文化振興活動、また性別や嗜好の型にとらわれず、自由に0から挑戦するというクラブビジョンについてご共感いただき、今回のご縁となりました。
2020東京オリンピック関連のイベントにも携われていた株式会社FORCE様とご一緒させていただくことで、より一層強く、愛されるクラブづくりや文化振興に尽力していく所存でございます。

会社名:株式会社ENOSHIMAFC
設立 :2020年9月16日
代表者:浜田 真帆 / 巴山 雄太
事業内容:サッカークラブ運営、クリエイティブ支援事業、不動産事業
メディア:
- Twitter:https://twitter.com/ensmfc_official
- Instagram:https://www.instagram.com/ensmfc_official/
- Official Website:https://enoshimafc.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 合同会社ENOSHIMAFC >
  3. 江ノ電沿線からJリーグを目指す「江の島FC」、日本全国のイベントの制作・運営を手掛ける株式会社FORCEと2022シーズンのオフィシャルパートナー契約を締結