「SDGs未来都市・北九州市」の魅力を発信! 小倉駅にSDGsシンボルオブジェが登場

 福岡県北九州市(市長:北橋 健治)は、「SDGs未来都市」としての取組みを広く周知するため、10~11月を「北九州SDGsマンス」と位置づけ、様々なPRを展開中です。
 その一環として、九州第2位の乗車数を誇る小倉駅の3階改札前広場(JAM広場)に、「SDGs」をテーマにしたシンボルオブジェを展示しています。
 このシンボルオブジェは、SDGsの17の目標を表すカラーを取り入れた、カラフルな布で彩られています。
 なお、オブジェ以外にも、SDGsに関連する北九州市の風景を盛り込んだ大規模な装飾や、ストリートビジョンで放映するSDGsをテーマにした動画、大型の階段広告などに、「HELLO! SDGs FUTURE CITY」という小倉駅を訪れた人々への歓迎を表す言葉も散りばめながら、小倉駅全体で一体感を持ったSDGsの発信を行っています。
  • 小倉駅での情報発信について
 北九州市は本市クリエイティブディレクター・下川大助氏監修のもと、九州第2位の乗車人員を誇るJR小倉駅において、情報発信を強化することで都市のイメージアップを図るため、大型ビジョンや、空間装飾等を設置する事業を展開しています。
  • シンボルオブジェについて
 SDGsの17の目標を表すカラーに、キャンバスを表現した白色を加えたカラフルな布を使用したフラッグが
モチーフの流線形のオブジェです。【幅約10m、布の長さ(最大部分)約6.9m】

 布には、北九州市の伝統工芸・小倉織を復元・再生した染織家・築城則子氏監修による、伝統的な小倉織のたて縞デザインを取り入れることで、「北九州らしさ」も表現しています。
 また、この布には、ペットボトルをリサイクルした繊維を使用しており、小倉駅を訪れた人が「SDGs未来都市・北九州市」を感じることができるシンボルオブジェとなっています。

 なお、シンボルオブジェの周囲には、北九州市のSDGsにつながる取り組みをしている場所やSDGsの17の目標から連想される風景をモチーフにした写真を使った装飾も施しています。

 その他、南北公共連絡通路に設置した大型ビジョンやサイネージでの映像配信、小倉城口の階段広告でもSDGsに関する取組のPRを行っています。

  • 下川大助(北九州市クリエイティブディレクター)

1977年福岡県太宰府市生まれ。東京工芸大学芸術学部デザイン学科卒業。デザイン会社を数社を経て、独立。2010年にクリエイティブスタジオ「ハイライツ株式会社 (highlights inc.)」設立。ウェブとグラフィックの両面で強みを発揮し、ブランドの確固たる世界観を紡ぎだすアートディレクション、細部にこだわったデザインを得意とする。仕事の領域は、ブランド戦略、CI・VIからはじまるブランディング、ポスターや屋外広告、ウェブサイト、パッケージ、など。2020年8月に北九州市クリエイティブディレクターに就任(政令市では神戸市に次ぐ2例目)。
highlights inc.:https://www.highlights.jp

  • 北九州市とは

 福岡県北九州市は、九州の最北端に位置する人口約94万人の政令指定都市。九州の玄関口に位置する北九州市は、多様な人やモノ、情報を受け入れることで独自の文化を育み、都市と自然のバランスが優れた街です。また、北九州市は、SDGs達成のため積極的に取り組む都市として「SDGs未来都市」に選定されています。

  • 本件に関するお問合せ
 北九州市企画調整局地方創生推進室 
 電話:093-582-2174 担当:山倉、吉田

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 北九州市役所 >
  3. 「SDGs未来都市・北九州市」の魅力を発信! 小倉駅にSDGsシンボルオブジェが登場