建設テック|リモート現場管理のSaaSを開発するlog build、プレシリーズAラウンドとなる総額約1億円の資金調達を実施

湘南の建設会社社長(元現場監督)が創業した株式会社log build(本社:神奈川県藤沢市、代表取締役:中堀 健一、以下「ログビルド」)は、リモート施工管理実現の為、VR写真による360度現場可視化アプリ、アバターロボット、オンライン現場立ち合いアプリを開発するスタートアップ。プレシリーズAで住宅養生材のパイオニアであるGMFホールディングス(藤本貴昭株式会社)や株式会社Monozukuri Ventures、株式会社ヨシックスキャピタルなどを引受先・融資元とする総額約1億円の資金調達を実施したことをお知らせします。
 


ゼネコンから工務店まで幅広い企業でリモート施工管理を実現するためのサービス「Log System(ログシステム)」を開発している建設TECHの(株)log buildは、湘南の建設会社である(株)ecomo※1のVR・AI・ロボット事業部として発足し、2020年2月に創業。

元々現場監督をしていた代表中堀(ecomo代表兼務)は、テクノロジーが進化しても現場管理の手段が依然としてアナログであることに課題を感じ建設会社経営者や現場管理者、職人の意見を参考にLog Systemを考案。

社内には、元SONYでAIBOの開発やPlayStationの開発に携わった人材や、元リクルートで住宅業界の負を解決してきた人材など様々なキャリアを歩んできたメンバーを登用。

建設業界では、深刻な人手不足や膨大な移動時間が大きな社会課題となっており、テクノロジーを活用したDXが急務。レガシー産業の代表と言われる建設業界を変革していきます。


Log Systemは、リモート施工管理実現の為、3つのソリューションで構成。

■Log Walk(ログウォーク) / VR写真による360度のリモート現場可視化アプリ
360度カメラとスマホアプリにより、建設現場をVR空間化。
建設に関わる全ての人は、現場管理のメイン業務である進捗管理・品質管理・情報管理・安全管理をリモートで実施可能。VR空間の施主共有やSNSやWEB公開機能など、現場管理を強みとしたCS向上&マーケティングへの活用も期待できます。


■Log Meet(ログミート) / リモート現場立ち合いに特化したオンライン施工管理アプリ
職人でも活用のしやすいUIにより、建設現場に関わる全ての人とビデオ通話機能でオンライン打ち合わせが可能。建設現場特有のコミュニケーションロスを防ぐための機能である、画面上での共有ポインター、遠隔シャッター、各種図面やLog WalkのVR空間の画面共有も可能。


 ■Log Kun(ログくん) / 24h好きな時に現場を巡視できるアバターロボット
場所や有人無人問わず、現場に配置したアバターロボットをスマホやiPad、PCから操作可能な、アバターロボット。進捗確認や安全管理、品質チェックを現場への移動レスで1日に何度もする事が可能です。



今後も当社は、ITにより建設・建築業界の現場の可視化を追求し、建設プロジェクトに関わる全ての人の生産性、品質管理、移動時間、働き方、人手不足など業界課題の解決と新しいリモート現場管理サービスを創り続けていきます。



※1(株)ecomo
湘南の建設会社。(本社:神奈川県藤沢市城南4-1-9、代表取締役:中堀 健一)
テクノロジーにより新しい働き方を実現するSmartBuilders(スマートビルダーズ)を発足し、業界のDX化を牽引。全国でも一番デジタルシフトが進み、オンライン体制が整っており、自社のノウハウを日本全国に広げる活動を実施。大手建材メーカー主催のセミナーでは特別講師として登壇。
URL:https://www.ecomo-life.com/



【資金調達先の概要】

■株式会社Monozukuri Ventures
代表者: 代表取締役 牧野 成将
所在地: 〒600-8815 京都府京都市下京区中堂寺粟田町93 KRPスタジオ棟 B102号室
URL: https://monozukuri.vc/ja/

■株式会社ヨシックスキャピタル
代表者: 代表取締役社長 松岡 龍司
所在地: 〒461-0025 愛知県名古屋市東区徳川一丁目9番30号
URL: https://yossix.co.jp/

■GMFホールディングス藤本貴昭株式会社
代表者: 代表取締役 藤本 貴昭
所在地: 〒678-1273 兵庫県赤穂郡上郡町赤松414番地
URL:http://gmf711.com/

■八木 陽一郎氏
ユニティガードシステム株式会社 代表取締役社長
学校法人小山学園 理事
ホワイト企業大賞 企画委員
博士(経営学・慶應義塾大学)

2013年まで経営学者として、組織行動学と組織開発を専門とし、「内省と対話」をキーワードに研究活動を展開。特に、内省と対話によるリーダーシップ、人と組織の成長が研究テーマであった。現在は、主に経営者として、警備を中心とする総合ビル管理会社 ユニティガードシステムで活動している。主な著書に「内省とリーダーシップ(白桃書房, 2012)」がある。

■株式会社LAホールディングス
代表者: 代表取締役社長 脇田 栄一
所在地: 〒105-0022 東京都港区海岸1丁目9番18号 国際浜松町ビル5階
URL:https://lahd.co.jp/

■麻生 要一 氏
株式会社リクルート(現リクルートホールディングス)に入社後、ファウンダー兼社長としてIT事業子会社(株式会社ニジボックス)を立ち上げ、経営者としてゼロから150人規模まで事業を拡大。2018年2月に株式会社アルファドライブを創業し、2019年11月にユーザベースグループ入り。2018年6月より「UB VENTURES」ベンチャー・パートナーへ就任しベンチャーキャピタリスト業を開始。2018年9月に株式会社ニューズピックスにて非常勤執行役員に就任し、企業内起業家としてNewsPicks for Businessの事業開発を管掌。著書に「新規事業の実践論(NewsPicks Publishing)」。
URL:https://yoichiaso.me/



株式会社log buildについて
【会社概要】
会社名:株式会社 log build  〈log build Co.Ltd 〉
開発:2018年ecomoのVR・AI・ロボット事業部として開始
設立日:2020年2月20日
所在地:神奈川県藤沢市城南4-1-9
社員数:9名
事業内容:AI開発,VR開発,建設現場施工管理ロボット,クラウド現場管理,建設現場プラットフォーム
URL:https://www.log-build.com/


<代表プロフィール>


株式会社 log build
代表取締役 中堀 健一 
KENICHI NAKABORI 


1971 年生まれ。神奈川の高校を卒業後、会社員を経て都内の工務店で勤務し、26 歳で独立。自ら現場監督も経験したことから、建築業界における課題を見出す。自然素材の建築会社、株式会社 ecomo を経営する傍ら、業界の未来を見据えた新しい仕組みを構築。2020 年 2 月、AI や VR Photo の開発、リモート施工管理ロボットなどを展開する株式会社 log build を立ち上げる。建築業界に携わり約 30 年、業界DXの始め方や仕組みを伝えるべく全国の建設会社への講演も多数。



【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
株式会社 log build 
事業推進本部 國吉 慶太
お問い合わせ:https://www.log-build.com/inquiry/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社log build >
  3. 建設テック|リモート現場管理のSaaSを開発するlog build、プレシリーズAラウンドとなる総額約1億円の資金調達を実施