世界のコーヒー愛好家が絶賛するモカマスターの最新シリーズ「モカマスターKBG SELECT」が登場

ECBC(ヨーロッパ・コーヒー・ブリューイングセンター)が定める厳しい基準に合格した本格的なコーヒーマシン

株式会社ワイ・ヨット(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:寺田佐和子)が正規代理店を務める「モカマスター KBG SELECT」を1/24(月)より販売をスタートします。


デザインに優れた人気のコーヒーメーカー「モカマスターKBG SELECT」がいよいよ日本で発売を開始いたします。「モカマスターKBG SELECT」は、モカマスターの中心的モデルである「KBGC」をベースに新機能「セレクタースイッチ」を搭載し、さらに使いやすくなりました。

【セレクタースイッチ】
電源スイッチ隣にある「セレクタースイッチ」は、フルジャグ(7~10杯)、ハーフジャグ(4~6杯)を選択することでそれぞれの抽出時間を簡単に最適化することができます。ハーフジャグモードを選択すると、抽出速度が遅くコントロールされ、抽出量が少なくても芳醇な味わいのコーヒーを楽しむことが可能です。
フルジャグ/ハーフジャグ共にECBC認定を取得しており、少量でも大量でも最適なコーヒーを抽出可能にしました。

【注水アーム】
また、特長の一つでもある注水アームをリニューアル。アーム裏にある9つの穴は、お湯をフィルター内のコーヒー粉に十分に行き渡らせてコーヒー本来の味と香りを引き出します。水滴の落ちがよりコーヒー粉を覆うように、9つの穴の形状をリニューアルさせました。これによりさらにコーヒーの抽出が良くなりました。

コロナ禍から急速に浸透した新しい生活様式「ニューノーマル」。
高品質な味を提供する最新シリーズ「モカマスターKBG SELECT」で充実した家時間をお過ごしください。


【コーヒーの味を最適化するためには】

温度とお湯とコーヒー粉の接触時間のバランスをとる事が重要です。お湯の温度が高すぎるとコーヒーの味が苦くなり、お湯の温度が低すぎるとコーヒーの味が酸っぱくなります。最適な抽出温度は92~96℃です。この温度では、香りを含んだオイルがよく溶け、甘味・酸味・苦味のバランスが理想的です。
モカマスターは独自の銅製ヒーターで理想的な抽出温度を実現します。

 

【テクニフォルム・モカマスター】
1964年に創立されたテクニフォルム社はオランダ中心部アメロンゲンに工場があり、北欧・ヨーロッパ・イギリス・アメリカ・オーストラリアなど世界各国へ出荷し、その出荷数は約1千万台以上を超えるほどになっています。
創始者でありデザイナーでもあるジェラルド・クレメント・スミットの哲学は、高品質で耐久性に優れた信頼できる製品を作ることであり、創立以来世界のフィルターコーヒーのマーケットリーダーとして揺るぎない地位とブランドを確立してきました。
現在も最高品質の素材とパーツのみを使用して、一台ずつ手作業で組み立てを行い、抽出テストを経たのちに各国へ出荷をしています。


【「モカマスターKBG SELECT」の概要】
名 称     : モカマスター KBG SELECT
販売開始日 : 2022年1月24日より随時
販売料金  :59,950円(税込)
カラー       : レッド/マットブラック/オフホワイト/ポリッシュドシルバー
販売店       : 全国有名百貨店・専門店など
輸入元   :株式会社コントラスト
日本総代理店:株式会社ワイ・ヨット
ホームページ:www.y-yacht.co.jp
お問い合わせ先:info@y-yacht.co.jp
問い合わせ窓口:上林(かんばやし)

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ワイ・ヨット >
  3. 世界のコーヒー愛好家が絶賛するモカマスターの最新シリーズ「モカマスターKBG SELECT」が登場